もはやスタンダード!? クラフト再生紙でエコな紙袋

 こんにちは。

ベリービーの加茂です。

本日ご紹介する紙袋は、かわいらしさと購入しやすい価格帯で

10代から20代の女性に人気のブランドから派生し、

20代から30代までの女性をターゲットに

シンプルでオシャレ洋服を展開しているアパレルブランドです。

DSC_0060

 派生元のブランドの女の子らしいブランドイメージからすると、

クラフト紙に1色で印刷し、落ち着きのあるカジュアルさを演出しています。

 DSC_0061 DSC_0062

ぐるっと回してみると、表面からマチを通って裏面まで

メジャーの写真が続いています。立体を生かしたデザインになっています。

DSC_0064

 全体をシックに抑えたためキラッと光る

口留めのシールがワンポイントで素敵です。

商品購入後に口留めシールを貼ってもらうと、

いいものを買った気がするの私だけでしょうか?

DSC_0063

ハンドルは紙バンドです。

カフェの紙袋などで見られる紙丸紐よりも

華奢イメージでオシャレに見えますね。

DSC_0066    DSC_0068

紙はざらっとした荒めのクラフト紙。

裏面を見てみると再生紙だったんですね。

実は再生紙は通常のクラフト紙よりも価格が高いんです。

ちょうどこの紙袋が使用されてた頃は世界中がエコブームでしたが、

今やエコに対する活動は大企業ではスタンダード。

ビッグブランドの社会貢献が紙袋からも見て取れました!!

 

 


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です