クラフト紙特集 第1弾!
未晒クラフトならではの格好良いアンティーク風紙袋

こんにちは、ベリービーの高橋です。

今日から少しの間、クラフト紙紙袋の特集です!

第1弾の本日は、こんなアンティーク風の船底になった紙袋をご紹介します。

紙袋 ショップ袋 紙袋 ショップ袋

端の方が黒ずんだように印刷されていて

一見、本当にすすけたように見えますよね。

紙袋 ショップ袋

近くで見てみるとこのような感じです。

これは、印刷ですすけたようにデザインされているのです。

紙袋 ショップ袋

ロゴも古びたように、一部剥げたようなデザインになっています。

紙袋 ショップ袋

ハンドルは、焦げ茶色のアクリル平紐です。

紙袋 ショップ袋

底にも、黒ずみのデザインが施されています。

底部分は、船底型の紙袋となっています。

 

黒色の濃度を変えて印刷されているので、

1色印刷となっています。

これだけアンティーク風なデザインを施しても

1色で表現出来ているのですから

見栄え良し、お値段安しのいいとこ取りですね!

未晒クラフトならではの格好良い仕上がりとなっています。

 


カテゴリー: 流行分析, 紙袋デザイン紹介 タグ: , この投稿のパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です