タグ『エンボス加工』の一覧

クラフト紙の柔らかい質感と金具を生かした紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です!

今回は最近人気のナチュラルなブラウンクラフト紙を使った紙袋のご紹介です。

世の中のエコな流れに従って、紙袋のトレンドも変わりつつありますね。

早速みていきましょう〜

 

ナチュラルなクラフト紙の紙袋

ボディからハンドルまで同じ色の紙材が使われています。

統一感があって洗練された印象になりますね。

ロゴもより映える気がします。

 

強めにかけられたボーダーエンボス

表面にはボーダーエンボスが入っていました。

かなりしっかりプレスされているようで、紙が薄く柔らかくなっています。

ストライプなどの直線的な柄は、ビジネスの場面で好まれやすいですが、

こうしてナチュラルな紙質と組み合わせるとまた雰囲気が変わりますね!

 

ボディと質感を合わせた紙バンド

持ち手に使われている紙バンドという素材もエンボスと同じように、

直線が入っているので、色味だけでなく質感までよくまとまっています。

 

アクセントになる銀色の金具

そして大きな特徴になっているのがこの金具です。

カシメと呼ばれるタイプですね。

全体がナチュラルな色味で統一されているので、

このキラッとした質感がアクセントになって格好良いです。

 

シルク印刷のブランドロゴ

ロゴはマットなブラックで重厚感があります。

締め色としても良い役割です。

 

カシメを使った紙袋

いかがでしたでしょうか?

金具や質感で他と差をつける格好良いクラフト紙袋でした。

この金具、ベリービーでは金銀だけでなく、黒や白もご用意ありますので、

アクセントにぜひご検討くださいね!ではまた〜

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , , | クラフト紙の柔らかい質感と金具を生かした紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

センスとアイデアが光るハイクオリティな封筒型袋

こんにちは! ベリービーの堀です。

今回ご紹介するのは、メンズのラグジュアリーアパレルブランドの紙袋です。

元はイギリスのブランドですが、今回ご紹介する袋が使われている、

ブランドラインは日本のみで販売されています。

 

品質を高く保つため、国内での縫製・製造をメインに

使う素材も厳選し、丁寧に作られたウェアを展開しているそうです。

ではここからは、紙袋の紹介です。

 

ネクタイ結びでリボンをつけた宅配袋

まず目に飛び込んでくるのは、ネクタイ型のリボンです。

私もこれを見たときは驚きました!

リボンがこんなクールに付けられているなんて、、、!

 

細めのリボンをネクタイ結びした口留め

光沢のあるサテンリボンは女性人気がありますが

結び方を工夫するだけで、リボンの印象もかなり変わります。

メンズもブランドでも使える斬新なアイデアです。

 

 

高級感のある繊細なゴールド箔押し

そして、ブランドロゴはゴールドの箔押しがされています。

箔押しで繊細なデザインだと、上品さと高級感が演出できます。

 

内面に色がついている宅配袋

最大のポイントはこちら!!

開けてびっくりするオレンジの内面印刷が施されています!

表面の上品な印象とビビットカラーという、

ハイセンスな組み合わせがなんとも素晴らしいです!

 

 

凹凸模様がある紙

紙の表面は、凹凸で質感を表現するエンボス加工がされています。

ハイブランドの紙袋には欠かせない加工の一つです。

ロゴなどのデザインはあまり凝りたくないけど

さりげない高級感がほしいときにおすすめの加工です!

 

 

リボンがついた宅配袋

いかがでしたでしょうか。

ハイクオリティなブランドのこだわった仕様の紙袋でした!

 

今回の紹介を通して、ブランドイメージを表現する最適な仕様や、

加工方法をお客様にご提案できるように日々成長していきます!

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , , , | センスとアイデアが光るハイクオリティな封筒型袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]