芸術家の作品を模した紙袋を作ってみました。

ぶろぐ

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

8月も終わり、9月に入りました!もうすぐ年末ですね。

9月といえば季語的に秋! 秋は芸術の秋!ということでそれっぽいお話をしようと思います。

 

皆さんはピエト・モンドリアンという芸術家はご存知でしょうか?

個人的に、最近注目している芸術家なのですが、特に「ヴィクトリー・プギ・ウギ」という作品に

影響を受けまして、今回はその作品を模した紙袋を作ってみよう!という企画を考えてみました。

mondrian13[1]2

「ヴィクトリー プギ=ウギ」(http://art.pro.tok2.com/M/Mondrian/Mondrian.htmより引用)

 

では、この作家の作品をもとに紙袋のイメージを作ってみたので、ご紹介しますね。

ぶろぐ

3原色で構成してみると、はっきりした色合いからかなり注目されそう!

代表作と言われる「composition with red yellow and blue (コンポジション2 赤 黄 青)」を

模して紙袋にしてみました。

日本でもロフトや、ユニクロでコラボアイテムが発売されていたことがあるのですが、

どこかで見たという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(ハマった頃にはコラボTシャツがとうの昔に品切れになっていて、めっちゃ悔しかった思い出があります。)

 

こんな感じのカラフルな紙袋は、通常、4色フルカラー印刷を用いて作られます。

ベリービーバッグで印刷紙袋を作るとなると、「フルカラーペーパーバッグ」か、

「スピーディーペーパーバッグ」という商品をお選びいただくことになります。

「スピーディーカラーバッグ」は、ハンドルや紙などの仕様が限定されるものの、その名のとおり、

スピーディーに納品することが可能です。期間はなんと3週間という短納期!

お客様からのデータのご入稿を済ませれば3週間でハイクオリティな紙袋が届きますよ!

 

また、データが自分で用意できない方の為に、「ロゴテンプレート」や、「デザインテンプレート」などの選べる!作れる!手に入る!なサービスが盛り沢山!

是非、チェックしてくださいね!

→ロゴテンプレートページ

→デザインテンプレートページ

ではまた次回!

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

クラフト紙の小さな紙袋

GRANDPLAISIR1

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回はとても小さな紙袋の紹介です。

GRANDPLAISIR2

縦のサイズ感はボールペン一本程度。

スマートフォンが入るぐらいのサイズ感ですね。

ちょこっとしたプレゼントや、底におもりをいれてペン立てにするのにいいサイズ感です。

砂糖菓子やマカロンなどのおしゃれなお菓子が入ってたらめっちゃかわいいですね。

GRANDPLAISIR3

ロゴや下部のストライプな模様は黒一色の印刷です。

クラフト紙に黒で印刷をするのはナチュラルでいい雰囲気になるのでオススメです。

GRANDPLAISIR4

ハンドルは縦留めになっています。

縦留めは横穴留めより重さに弱いのですが、この大きさだとそこまで重いものが入らないので心配はありませんね。

GRANDPLAISIR5

側面や、底にも印刷が施されていました。

紙と書かれたリサイクルマークは印刷せずに凹凸で表現することが多いのですが、

底面にストライプの印刷を施しているため、紙マークも印刷していますね。

 

ベリービーバッグでは、自由なサイズの紙袋制作や、クラフト紙に印刷をする加工なども承っております。

興味のある方は是非、ベリービーバッグにお問い合わせ下さい。

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

新企画!「特殊色紙」でつくるオシャレな紙袋

tokusyushi-pre1

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

9月になろうかという時期も変わらず暑いですが、お元気にお過ごしでしょうか。

さて、今回はベリービーバッグが最近企画している新たな商品「特殊色紙」の紙袋をご紹介します!

 

特徴は「特殊色紙」を使った紙袋であること。

ベリービーバッグで取り扱いのある「コート紙」とも「晒クラフト紙」とも違った魅力のある紙です。

厚紙の質感を活かした自然な風合いと、高級感を兼ね備えています!

tokusyushi-pre2

ハンドルは、基本的にお選びいただけるのは「アクリルスピンドル」ですが、

オプションによって様々なハンドルを選ぶことも可能です!

上の写真の通り、ハンドルによって紙袋の印象はまったく変わってきます。

紙のカラーは最近のトレンドを取り入れながら、おしゃれで、なおかつ使いやすそうな色を

紙袋専門デザイナーがセレクトしました。

tokusyushi-pre3

ロゴは箔押しです。箔押しのカラーもゴールドやシルバーなど高級感を出したい時におすすめな

定番カラーはもちろん、レッド、イエロー、グリーンなど多彩なカラーをご用意しています。

紙袋を作るときに選ぶのは、サイズ・紙のカラーと箔押しカラーだけ!

あらかじめオシャレに仕上がる仕様がセレクトされているため、どなたでも簡単に

素敵な雰囲気のある紙袋をつくることができます。

tokusyushi-pre4

ベリービーバッグの紙袋ブログでも、特殊紙の紙袋はたびたび取り上げており、人気も高いです。

紙の質感を感じる=ナチュラル・カジュアルというイメージが高いですが、

この特殊色紙を使った紙袋からは高級さも感じますね。

まさに、「高級な雰囲気にしながらも、質感が自然な紙袋にしたい」という場合にぴったり!

また、特殊色紙の紙袋はコストパフォーマンスが良いというメリットも備えています。

というのも、特殊色紙にはあらかじめ紙に色がついているので、印刷のコストが

かからないためなのです。

 

この「特殊色紙」の紙袋は、通常の最小ロット数(500枚)よりもちょっと少なめの

300枚から発注できるように現在、鋭意調整中!

また、納期もなんとか30日でできるようにする予定です。

「特殊色紙」を使った紙袋を作りたい!という方はもちろん、気になるという方も、

ぜひスタッフまでお問い合わせくださいね。

 

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

ゴールドに輝く手みやげ袋

こんにちは、ベリーバッグのヨシウチです。

今回は表面がゴールドに輝く紙袋の紹介です。

NY3

アルバイトでベリービーに来てくれているスタッフが、手みやげにと持ってきてくれました!

東京駅に店舗を構える今話題の洋菓子屋さんの紙袋です。中身はスタッフが美味しく頂きました。

そういえば、ベリービーのスタッフである加茂が情報誌「TokyoWalker」で手みやげを紹介していました。詳細は→コチラ

NY2

紙の厚さは薄いのですが、表面がゴールドに輝いています。めっちゃキラキラしてます。

紙袋の内側は白く、金色のおりがみを少し分厚くしたような紙を使用しています。

NY4 NY1

ハンドルは紙製のハンドルで縦留めになっています。

機械による製造のため口部分がギザギザになっていますね。

以前にもこの仕様のことをブログで紹介しました。興味のある方は→コチラ

 

そういえば、皆さんはベリービーバッグのインスタグラムはチェックしていますか?

この紙袋も頂いたすぐにベリービーのインスタグラムで紹介しています。

他にも紙袋を折るスタッフの動画があったりと楽しいコンテンツ盛り沢山!なベリービーのインスタグラム、是非フォローしてくださいね!

→ ベリービーバッグのinstagram : berryb_paperbag

→ 青山ショールームのinstagram : berryb_bag_aoyama

 

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

モノトーンのかっこいい紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は、モノトーンのかっこいい紙袋の紹介です。

nanasai-co1 nanasai-co2

マネキンを作っている会社の紙袋です。

縦長なので恐らく展示会などで使用されたのではないでしょうか。(縦型は書類などが入れやすい形なので、資料を配布する時にはとくに人気のサイズです)

nanasai-co4

全体的に黒で統一されているなか、ロゴだけが対象的な白なのでワンポイントとしてかなり目立ちますね。

nanasai-co5

ロゴだけ白いインクで印刷されているように見えますが、白の紙にロゴ以外の部分を黒で印刷されている状態です。

黒の印刷はK一色のスミベタだと思われます。4色フルカラーで出す「リッチブラック」だと色ブレが起きる可能性があり、ロゴの白抜きが綺麗にならない可能性があるためです。印刷時のご参考に是非。

印刷の上には「マットPPラミネート加工」で耐水性を上げています。このPP加工をすることで色移りも防ぐことができます。

nanasai-co6 nanasai-co3

ハンドルは定番人気のアクリルスピンドルです。丸型のシンプルな紐が本体の紙とマッチしていますね。

ベリービーバッグでは印刷を用いた紙袋制作も承っております。

興味のある方はぜひ、ベリービーバッグにお問い合わせください。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ