タグ『紙袋』の一覧

[下書き]シックにまとめたコスメブランド紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はコスメブランドの紙袋をご紹介します。

ipsaの紙袋

コスメブランドには比較的多いオールブラック仕様の紙袋ですね。

モードでクールな格好良さを感じます。

 

リップやアイシャドウなど、コスメは商品自体に色があるので、

今回のようにブラックや、ホワイトを使用する紙袋が多いのかもしれません。

またどんな色にも合うだけでなく、赤色をよりパキッと見せてくれる気がします。

 

グログランテープの縦留めハンドル

ハンドルはグログランテープですね。

ブラックの持つ格好いい雰囲気にもマッチする光沢を抑えたリボンです。

留め方も縦留めでスッキリしていますね。

 

洗練されたオールブラックの紙袋

縦留めですと正面に紐穴がなくなるので、中心配置がよりきれいに見える特徴があります。

とくに今回のように正方形の場合に、よりブランドロゴが印象的に見えてきますね。

 

オールブラックでシンプルにまとめた紙袋でした!

色やロゴの位置など、迷われた際はぜひご相談お待ちしています。

ではまた〜

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | [下書き]シックにまとめたコスメブランド紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

シンプルデザインでも高級さを感じさせる紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はシンプルながら、仕様にこだわったハイブランドさんの紙袋です。

 

CELINE(セリーヌ)の紙袋

ぱっと見た感じだと、モノクロな色使いにロゴのみが入ったシンプルな紙袋です。

アパレルでは横型の紙袋のイメージが強かったですが、最近縦型もよく見る気がしますね。

縦型の場合、ロゴ位置を少し高めにするとより縦が強調されるので、

すっきりとスタイリッシュなイメージになります。

 

艶を抑えたマットな黒箔ロゴ紙全体と縁取りにそれぞれエンボス加工をした紙袋

ではもう少し詳しく見てみます。

まず紙の厚みがかなりしっかりしていますね。エンボスが入ったクラフト系です。

厚い紙を使うと折り目の部分など、力が加わると裂けてしまうことがあるのですが、

その心配よりも全体の高級な素材感を重視した思い切った紙選びです。

 

最近人気の縁取りのデザインが入っているのですが、

この縁取りもエンボスでされていました。ミニマルなデザインの邪魔をしない、

きれいな仕上がりですね!!

ちなみにブランドロゴもしっかり浮き出しています。

艶のないマットなブラック箔ですが、存在感抜群です。

 

V底折り、ヨーロッパ折り

底面はV字に折り上げられたヨーロッパ折りでした。

高級な仕様ですが、やはりかっこいいです。

個人的には今回のようなシンプルな紙袋でこの底折りなのがまたぐっときます。

 

一見シンプルながら、高級感ある仕様がつまったこだわりの紙袋でした。

価格とのバランスで仕様を詰め込めなくても、なにか一つこだわりのポイントがあると、

愛着もわいて、素敵な紙袋になります。

気になる仕様のご相談など、ぜひぜひご連絡くださいね。

 

 

今年のブログ更新は以上になります!

拙い文章ではありますが、

皆様の紙袋製作の手助けに少しでもなれていたら嬉しいです。

いつも読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

 

また2020年も沢山ご紹介していきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , | シンプルデザインでも高級さを感じさせる紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

鮮やかなオレンジとブルーが目を引く紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はビビットなオレンジが目を引く紙袋をご紹介します。

紙袋, オレンジ,

この紙袋は中国の会社かブランドの紙袋だと思いますが

このカラーリングはみなさんお目にしたことがあるのではないでしょうか?

フランスの世界的なラグジュアリーブランドの紙袋と

近いカラーリングで作られた紙袋になっています。

紙袋, オレンジ

今回この紙袋を見て思ったのはブランドの影響力が高いと

紙袋のカラーリングだけでもどこの紙袋か一目で想像できてしまったことです。

この色の組み合わせに特許が取られているかは分かりませんが、特許にも近い効果を感じます。

 

ちなみに日本では、2017年に大手コンビニチェーンや文具メーカーのロゴなどに用いられる

色の組み合わせが初めて「色の標章登録」として認められたようです。

紙袋, オレンジ, 俯瞰 紙袋, 内面, クラフト

内面・底面はクラフト系の紙が使われています。

紙袋, ハンドル, ブルー 紙袋, 口留め, リボン, ブルー

ハンドルは縦留めのコットンリボンが付けられていて

口留めリボンはグログランテープになっています。

この口留めリボンは某ブランドの紙袋との違いの1つとなっています。

紙袋, エンボス, オレンジ

紙袋の表面には、布のような風合いの出るキルティングエンボスと

呼ばれる加工が施されています。

紙袋, ロゴ, 箔押し

ロゴはぷっくりと膨らんだ浮き出し箔で印象的に見えますね。

写真ではブルーに見えますが、実際には深いネイビーで印刷されています。

紙袋, 底面, リサイクルマーク

底面には製造国とリサイクルマークの印刷がされています。

 

今回の紙袋はオレンジとブルーでシンプルながらも存在感のある紙袋でした。

某ブランドの紙袋に似ているとは言えど、丈夫な紙にエンボス加工が施され

綺麗に浮き出した箔押しはこだわりを感じる仕様となっていますね。

 

この紙袋を見て感じたことは色の組み合わせで訴求力のある

紙袋を作ることができるということです。

ブランドカラーに沿った色が印象の強いカラーリングだと

色の組み合わせだけでも十分に魅力的な紙袋になるので

皆さんもオリジナル紙袋を作られる際に意識してみてください。

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 鮮やかなオレンジとブルーが目を引く紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

エンボスでバラを表現した紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回の紙袋はエンボスでバラを表現した紙袋のご紹介になります。

紙袋, 白, エンボス

やんわりと紙袋全体にエンボスが施されているのが分かりますでしょうか。

ロゴの上部にうっすらと確認できるくらいだと思います。

なので、後ほどエンボスの一部分をアップにしてみます。

紙袋, 白

この紙袋は、中国のブライダルジュエリーブランドの紙袋だと思います。

ロゴに書かれている文字は日本語に直すと「千葉」になるそうです。

 

サイズは小さめの縦型なので、アクセサリーなどの紙袋かなと個人的には思っています。

紙袋, 上から, 俯瞰

内面は綺麗なピンク色になっていますね。

画像では確認できませんが、底ボールは白色になっています。

紙袋, 口折, 印刷 紙袋, 口折, 印刷

口折部分は両サイドに印刷がされています。

片側はURLでもう片方はメッセージかコンセプトが入っています。

印刷はピンクゴールドの箔押しがされていて紙袋との一体感がありますね。

紙袋, ハンドル, 白, グログランテープ

ハンドルはグログランテープの縦留めになっていて上品さが出ています。

紙袋のサイズと比べると、ハンドルが少し長いかな?と思います。

 

通常は触った時に凹凸を感じるものですが、

今回のグログランテープは手触りが滑らかでツルッとしています。

ハンドルの両面に凹凸の無い透明のフィルム?などを貼り付けているのだと思います。

そのため、厚みが増しているのと光沢がしっかりと出ています。

紙袋, エンボス, 浮き出し

ロゴの下側に丸く段差ができているのですが

この部分が花びらを表しています。

クッキリと紙袋全体にエンボスを施すのはかなりの技術が必要になります。

紙袋, ロゴ, 箔押し

葉っぱをあしらったピンクゴールドの箔をくり抜いてロゴを表現しています。

箔の部分を見てもらうと紙袋自体にもエンボス加工がされているのが分かります。

紙袋の色が白色で見えずらいですが箔以外のところにもエンボス加工はされています。

 

この紙袋は中国の工場で作られているみたいですが、

高い技術力を持っているのが伝わってきます。

年々、中国工場の技術力が上がってきてこだわりの紙袋が日々生まれています。

 

コストも国内に比べて安く作ることが出来るので

輸送時間が国内で製造するよりもかかってしまう点を除けば

メリットの方が多いかもしれませんね。

 

みなさん、オリジナル紙袋を作る際にコストパフォーマンスを

考えるのであれば中国などの海外製造を検討してみてはいかがでしょうか。

 

お気軽にベリービーバッグまでご相談ください。

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | エンボスでバラを表現した紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ピンクと黒のバイカラーにドットをあしらった紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

赤色のドットが目を引くコスメブランドの紙袋をご紹介します。

紙袋, 印刷, コスメ

化粧品ブランドの紙袋というと、皆さんはどんなものをイメージしますか?

個人的にですが、シックで上品なものや、ナチュラルさや女性らしさを表現したものなど、

ブランドによって様々ありながらも、基本は『シンプルな紙袋』というイメージがあります。

 

その点、この紙袋は派手な柄と色使いが華やかで印象的です。

このブランドの通常の紙袋は黒地に白いロゴというシンプルな紙袋なので、なにかの

限定デザインなのかもしれません。

紙袋, ドット, コスメ

サイズは縦型の小さなコスメ用という感じです。

口折部分にもドットの印刷がされています。

紙袋, 印刷

内面は少しわかりにくいですが、黒色となっています。

ブランドの本来のキーカラーは黒色だと思うので、今回の紙袋でも

随所にキーカラーを入れてありますね。

紙袋, 箔押し, 印刷

ロゴはゴールドの箔押しがされていて高級感ある仕上がりです。

ロゴより下部分のゴールドの模様も同様に箔押しがされています。

紙袋, 印刷, ドット

この紙袋のドットにも、『シールのような光沢がある』という特徴があります。

というのも、ドットの上からニス引き加工がされているのです。

通常の印刷だけのものに比べ、ドット部分をニス引き加工することによって

物質的な存在感や背景との質感の違いで印象付けることができます。

 

紙袋, ハンドル, ゴールド 紙袋, ハンドル, ゴールド

ハンドルの編み方はツイストロープですが、使用されてる素材がかなり特殊で、

キラキラとした光沢感が。化粧品で例えるとラメのようなイメージに近いかもしれません。

パーティー感あふれる華やかな印象ですね。

ハンドルの内側には糸が入っており、外側はゴールドの紙のような素材で覆われています。

紙袋, 底面, 印刷

紙袋の底面には、ゴールドの文字で製造国などの表記がしてあります。

最近ご紹介するブランドものの紙袋には、こうした表記がきちんとされていることが多いですね。

紙袋, 底面, 折込

この紙袋の底面は内側に折り込むタイプになっています。

表面、裏面共に折りたたみの線が入らない為、デザインが綺麗に見えるのがポイント。

黒色のベタにもニス引き加工がされていて光沢があります。

紙袋, 印刷, コスメ

今回の紙袋はベースの紙はクラフト紙ですが

ポイントにニス引き加工を施すことで、コストを抑えつつ

印象的な見せ方ができるようにと工夫されています。

 

一般的にニス引き加工は紙袋の全体に施すことが多いですが

あえてドットと下部分の黒色の切り替え部分のみに限定することで

機能的な効果だけに留まらず、デザイン的な価値も生み出していますね。

 

オプション1つとっても使い方には様々な工夫が施せるものがあります。

工夫を凝らした紙袋が作りたい!という方はお気軽にご相談ください。

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | ピンクと黒のバイカラーにドットをあしらった紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]