タグ『おしゃれ』の一覧

ベリービーバッグの宅配用紙袋をご紹介!

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

暑かった夏も去り、すっかり秋めいてきましたね。

秋といえば、出かけやすくなるのでファッションやショッピングが楽しい季節です。

そんな中、私はネットでの買い物も多くなっていまして、その時に注目しているのが商品を梱包しているパッケージです。

オシャレなパッケージで商品が届くと、嬉しくなってまた利用しようと思いますよね。

そこで、今回はいつも紹介している紙袋とは少し違った、”宅配用紙袋”をご紹介しようと思います。

top画像のコピー

お店での買い物では、紐のついた紙袋やビニール袋が主流です。

ですが、ネット通販ではダンボールなどの梱包資材になりがちですね。

オシャレなデザインの箱もあったりしますが、無骨な印象になってしまったり、コストが掛かったりしてしまいます。

そこで活躍するのが今回紹介する”宅配用紙袋”です。

ベリービーバッグでは様々なカラーバリエーションがご用意できる他、デザインも自由自在となっています。

takuhai3

口部分は封筒のような形になっています。折ってテープで留めることで梱包できます。

ベリービーではあらかじめ両面テープをつけておくオプションもご用意しております。

 

口部分を留める方法としてもう一つ挙げるとすれば、口留めにシールを貼るという手法ですね。

貼っておくと受け取った人が喜ぶこと間違いなし!だと思います。

コチラ!の記事では口留めシールについてお話しています。興味のある方はぜひご覧ください。

ベリービーバッグでもシール制作を承っておりますので、気になる方はぜひお問い合わせくださいね。

takuhai2

画像の紙袋は、表面にマットPPラミネート加工を施しています。これによって表面がマットでサラッとした質感に仕上がります。

他にも、表面がツヤツヤになるグロスPP加工や、紙の質感を生かすニス引き加工など、加工方法は様々。

紙質も選ぶことができ、ナチュラルな風合いが特徴なクラフト紙や、高級ブランドで使用される厚手のカード紙なども使用できます。

お持ちのデザインを印刷して紙袋にすることもできますよ!

DSC_0006

底部分にはマチがあるので容量も問題ありません。

様々なカラーバリエーションをご用意していますので、色選びもお楽しみ頂けます。

また、ロゴなどのデザインが用意できない…という方にも

ベリービーバッグの「ロゴテンプレート」サービスで簡単にオリジナルロゴが作成できます!

logotemplate_flash

こちらもぜひご利用下さい!

今回はオリジナル宅配用紙袋制作のご紹介でした!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | ベリービーバッグの宅配用紙袋をご紹介! はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

芸術家の作品を模した紙袋を作ってみました。

ぶろぐ

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

8月も終わり、9月に入りました!もうすぐ年末ですね。

9月といえば季語的に秋! 秋は芸術の秋!ということでそれっぽいお話をしようと思います。

 

皆さんはピエト・モンドリアンという芸術家はご存知でしょうか?

オランダ出身の画家なのですが、「ヴィクトリー・プギ・ウギ」という作品に

影響を受けまして、今回はその作品を模した紙袋を作ってみよう!という企画を考えてみました。

mondrian13[1]2

「ヴィクトリー プギ=ウギ」(http://art.pro.tok2.com/M/Mondrian/Mondrian.htmより引用)

 

では、この作家の作品をもとに紙袋のイメージを作ってみたので、ご紹介しますね。

ぶろぐ

3原色で構成してみると、はっきりした色合いからかなり注目されそう!

代表作と言われる「composition with red yellow and blue (コンポジション2 赤 黄 青)」を

模して紙袋にしてみました。

日本でもロフトや、ユニクロでコラボアイテムが発売されていたことがあるのですが、

どこかで見たという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(ハマった頃にはコラボTシャツがとうの昔に品切れになっていて、めっちゃ悔しかった思い出があります。)

 

こんな感じのカラフルな紙袋は、通常、4色フルカラー印刷を用いて作られます。

ベリービーバッグで印刷紙袋を作るとなると、「フルカラーペーパーバッグ」か、

「スピーディーペーパーバッグ」という商品をお選びいただくことになります。

「スピーディーカラーバッグ」は、ハンドルや紙などの仕様が限定されるものの、その名のとおり、

スピーディーに納品することが可能です。期間はなんと3週間という短納期!

お客様からのデータのご入稿を済ませれば3週間でハイクオリティな紙袋が届きますよ!

 

また、データが自分で用意できない方の為に、「ロゴテンプレート」や、「デザインテンプレート」などの選べる!作れる!手に入る!なサービスが盛り沢山!

是非、チェックしてくださいね!

→ロゴテンプレートページ

→デザインテンプレートページ

ではまた次回!

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , , | 芸術家の作品を模した紙袋を作ってみました。 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ザラザラとした質感のグレー色の紙袋

こんにちは。ベリービーバッグのヨシウチです。

今日紹介するのは腕時計やバッグなどを販売するブランドの紙袋です。

FOSSIL6FOSSIL5

クラフト紙を使用した紙袋ですが、紙袋の内側と外側で色が違っています。

外側は薄い色になっていて、グレーっぽい風合いです。ナチュラルな雰囲気ですね!

FOSSIL1

内側の色が濃いのがみえますね!

内側の紙の色はベリービーでもよく見るクラフト紙の色をしています!

触ってみた感触がツルツルしているのでニス引き加工を施していると思います。

FOSSIL2

中央に描かれたロゴは箔押しになっています。

グレーの中に黒のワンポイントはかなりかっこいいですね!

このグレーは黄色や茶色のような暖色よりなグレーです。

グレーといっても様々な色があるので面白いですね。

FOSSIL4

ハンドルはアクリル質の丸紐ですね。

紙袋本体が暖色よりな分、このハンドルは青っぽく見える気もしますね。

FOSSIL3

裏面のリサイクルマークはロゴと違い印刷されていました。

最近良く見かけるリサイクルマークは丸みがあり真ん中に紙と書かれているんですが。

こちらの紙袋はデザインが異なっていますね!海外のものでしょうか…?

 

ベリービーでこの色の両面で色が違うクラフト紙は通常はお出ししていませんが、

只今の新しい紙質の紙袋商品を開発中です!

詳細は後日になると思いますが、決まり次第このブログでも告知しますので、楽しみにしていてくださいね。

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | ザラザラとした質感のグレー色の紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

赤と白のクリスマスカラーな紙袋

こんにちは、ベリービーバッグでヨシウチです。

今回はクリスマスカラーな紙袋をご紹介。

GELATOPIQUE1 GELATOPIQUE2

レディースアパレルのショップ袋。

かわいい寝具などを取り揃えるショップです!

紙は厚手の紙を使用していてしっかりしています。ベリービーでの「カード紙200g」相当です。

以前もこのブランドのショップ袋を紹介しました。興味のある方はコチラ

赤を使用していてとてもキュートに仕上がっていますね。

GELATOPIQUE3

口折の内側も赤と白の模様が。

口折部分の内と外に及ぶこの赤と白の模様は、紙袋に直接印刷を施しているのではなく、別の紙に印刷をして、上から貼り付けています。

お菓子屋さんの店先の屋根みたいにも見えて可愛いですね。

GELATOPIQUE5

ハンドルはサテンリボンを使用しています。

このブログでサテンリボン紹介すること少ない?と思ったら気のせいでした。

ハンドルにサテンリボンを使用することでかわいさマシマシなので是非お試しあれ。

私はクラフト紙の袋にモスグリーンのリボンと合わせることで相性最高だと思ってます。(コチラのページの下の方に載せてます。)

GELATOPIQUE4 GELATOPIQUE6

印刷されたロゴを読んでみるとメリークリスマスとのことで、コチラの紙袋はクリスマス用の袋のようですね。

クリスマスシーズンにこんな赤の紙袋に入れてもらえたらめっちゃテンション上がっちゃいますね。。

出費がかさんでしまう。。。

 

クリスマスといえばベリービーもクリスマス商戦の恩恵を預かっているわけですが、

時期ギリギリになって頂いたご注文にはご希望に添えられない場合があります。。。

こちらで大体の時期のご確認いただけます。紙袋制作をお考えの方は要チェックです。→コチラ

 

海外製造やこだわったバッグの製造にはお時間を要しますのでご相談はお早めに!

ベリービーバッグ一同、皆様のお問い合わせをお待ちしております。

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | 赤と白のクリスマスカラーな紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

白を基調とした紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は白を基調とした紙袋の紹介です。

adam-et-rope1 adam-et-rope2

アパレルのショッパーらしく、幅の長いデザインからこだわりを感じます。

とてもシンプルな仕上がりですが、ロゴ周りに純白な空間を作ることで大人感、高級感を演出できていますね。

色々な角度からみて見ましょう↓

adam-et-rope3

紙の色をそのまま用いており、真っ白な感じがとても綺麗です。

画像では分かりづらいのですが、紙がサラサラとした質感になっています。

色味的にケント紙辺りではないかと予想しています。

関係ないですが私が学生の頃、ケント紙にデッサンしてました。製図とかに使う紙なんですけどね。

adam-et-rope5

紙袋本体の色とは違い、ハンドルの色は黄みがかった色をしています いわゆるオフホワイトですね。

ハンドルと本体で青と黄色の対比が生まれていてかっこいいです。

縦留めにしてあるので、表面の空間の邪魔をしません。

adam-et-rope4

ロゴのアップです。

ロゴは箔押しですが、反射率の少ないマットな箔になっています。

ベリービーバッグで作るならクラフトペーパーバッグの泥箔をご利用いただければ!

adam-et-rope6

シンプルですが、特殊な紙や縦留め、マットな泥箔と様々なオプション盛りだくさんな紙袋でした。

また次回!

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | 白を基調とした紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]