洗練された中に素朴さを感じる、ホワイトの紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今回はほとんど白一色の、洗練された紙袋をご紹介します。

Hermaphrodite-1

上質な素材の服や生活雑貨を取り扱っているお店の紙袋だけあって、繊細な上品さを感じる佇まいです。

Hermaphrodite-2

特徴的なのはハンドル部分ですね。ハンドルは縦留め、さらにアンティークっぽいカシメで留められています。

これは固定というよりは装飾の意味合いが強いかも。

Hermaphrodite-3

ハンドル自体も、他ではあまり見かけない布の素材が使われています。幅は太めなので持ちやすそうです。

Hermaphrodite-4

紙袋に使われている紙は、紙厚はそんなに厚くありませんが、ワニ皮のようなエンボス加工が施されています。

エンボス加工が加わると、一気に高級感は増しますね!

Hermaphrodite-5

ロゴは紙袋の上のほうにだけ小さめに入っていて、黒い箔押しと金色の印刷が組み合わされています。

やはり、白・黒・ゴールドは上品にまとまる定番の組み合わせですね。

ハンドルの素材やカシメのちょっと古びた感じが、洗練された中に素朴さを醸し出す、このお店らしい紙袋に仕上がっています!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

サイズ違いのカラー展開がおしゃれ!

Pastry-1

こんにちは。ベリービーバッグのウラベです。

今回ご紹介するのは、サイズ違いでカラー展開がおしゃれな紙袋です!

Pastry-7 Pastry-8

こちらが小さいサイズの紙袋です。弊社のジュエリーサイズより少し大きめのサイズです。

箱も楽々入りそうなマチの広さが特徴的ですね。

Psstry-9

紙袋の濃い茶色とパステルグリーンの印刷がマッチしています。近づくと紙袋の濃い色とほぼ同化している黒い印刷も見えます。

マチにかかった印刷からさりげないおしゃれさを感じます。

Pastry-10

口折りにもロゴと同じ色が印刷されています。

ハンドルはおしゃれなショップに人気のグログランテープ。鮮やかなオレンジ色が目を引きます。

Pastry-2 pastry-3

そしてこちらが大きい方の紙袋。サイズは弊社のSサイズよりも少し大きめ。

Pastry-5

大きい方のサイズはパステルトーンの紫色で印刷されています。

Pastry-4

ハンドルは小さいサイズと同じく目立つ、鮮やかなグリーン!

印刷色とハンドルの色がサイズでまったく違いますが、トーンを合わせているので二つ並べても違和感がありません。

むしろカラー展開がかわいい!

どちらのサイズも集めたくなりそうな紙袋ですね。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

珍しい「蝋引き」加工を使った紙袋

Slow-1

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今日は特殊な紙を使った、雰囲気のある紙袋をご紹介します。

Slow-2 Slow-3

茶色の紙袋はナチュラル・ヴィンテージな雰囲気にしたい場合には定番人気ですよね。

この紙袋は革製品のお店で使われているのですが、それらしいヴィンテージ感が出ています。

何とも言えない味わい深さの秘密は、紙袋に使われている紙にあります。

Slow-6

近づいて見ると、深みのある模様がわかりやすいかもしれません。

実はこの紙袋には「蝋引き」という特殊な加工がされているのです。

ワックスペーパーといえばイメージしやすいでしょうか。

 

「蝋引き」とは、紙全面に蝋を塗る加工方法です。

紙の色味が深くなり、しっとりとした手触りに変わります。

この加工を施すとアンティークっぽい雰囲気になるので、高い人気があります。

 

しかし、この加工は大量に生産するとなるとなかなか難しく、蝋引きの紙で紙袋を作るのは

かなりハードルが高いのです。そんな事情もあり、この紙袋を見かけた時は、

「かなり気合を入れて作られたんだろうな」と感慨深い気持ちになりました。

Slow-5

それだけこだわって作られた紙袋だけあって、ハンドルも珍しいかたちですね。

藁のようにも、麻のようにも見えますが、紙丸紐を編んで作られています。

Slow-4

ロゴマークはクールにブラック一色。素材にこだわった紙袋なので、それくらいが丁度良いですね。

 

とにかく人気の高い「蝋引き」加工。

こうして見ると「蝋引きの紙袋を作りたい!」という気持ちになる人も多いんじゃないかと思います。

素材を用意するのはハードルが高いのですが、より簡単な代替案としては、

「蝋引き風の印刷をする」という方法もあります。

ぱっと見た感じは、かなりそれっぽく見えるので、コスト的にも断然おすすめです。

以前にもそんな紙袋をご紹介したことがありました。(記事はコチラ

気になる方は、ぜひ一度スタッフまでお問い合わせくださいね!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

ワンポイントなニス引きが最近の流行り!?

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今回は、つやっと輝くニス引き加工が目を引くオシャレな紙袋をご紹介します。

ishiya-1 ishiya-2

ホワイトとシルバーの色の組合せが上品ですね。

紙袋一面に花の形のモノグラムが印刷されていますが、控えめな配色なのでうるさくなく、

上品な印象です。

ishiya-3

ロゴはシルバーの箔押しで、紙袋の下のほうに配置されています。

ロゴを下に持ってくると、落ち着いた上品な雰囲気になります。

ishiya-4

モノグラムはシルバーで印刷されている上に、ニス引きされています。

光を反射してつやっと輝いていますね。

近頃、印刷の上に部分的にニス引き加工する紙袋を見かけることが増えている気がします。

最近も似たような加工の紙袋をこのブログでご紹介しました。(紹介記事はコチラ

印刷だけではない、一味加えたい場合に人気なのかもしれません。

ishiya-5

ハンドルは芯入りスピンドルがJカットで取り付けられています。

濃いグレーが紙袋全体の色と調和しつつも、いいアクセントになっていますね。

ベリービーバッグではもちろん、ご紹介した紙袋のようなニス引き加工の仕様も

対応できますので、気になる方は一度ご相談ください!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

特別感がすごい!ゴールドに輝く紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今回はとってもゴージャスなつくりの紙袋をご紹介します。

CA4LA-1

ブラックとゴールドの組合せは定番ですが、やはり格好いいですね。

CA4LA-2

センターの箔押しされた大きなロゴがとても華やか!

20周年らしく、ゴージャスな雰囲気です。

よくよく見ると、底に近づくにつれてブラックからゴールドに変わる

グラデーションもすごいです。

CA4LA-3

底面はどうなっているのか?というと、こんな感じです。

CA4LA-4

ゴールドが眩しいですね!

いったいこの紙袋はどうなっているのか?と、弊社の紙袋アドバイザーに

聞いてみたところ、もともとは「蒸着紙」というゴールドの紙(底面の写真の感じです)に、

ブラックの印刷がされている、とのことでした。

そういえば、以前にも度々この蒸着紙を使った紙袋をご紹介したことがありますね。

(以前のご紹介した蒸着紙の紙袋記事はコチラ

 

蒸着紙は通常のインクでは印刷が難しいらしく、UVインク(UVインクを使った

紙袋の紹介記事はコチラ)で印刷されているようです。

特殊な紙と特殊なインク、どちらも手のかかる仕様なので、

「どうしてもこの紙袋にしたい!」という並々ならぬこだわりを感じます…。

 

ロゴはその大きさで十分目立つのですが、加えて「浮き出し加工」もされているので、

より目を引きます。さらに近づいて見ると、このロゴは「万線」という処理も施されていることがわかります。

 

「万線」というのは、細かく線が入っていることを指し、この線が入っていることによって

同じ色でも質感の違い・光の動きで立体感が出て見えるのです。

CA4LA-ukidashihaku CA4LA-hirahaku

口折り部分(右写真)にもロゴが入っていますが、同じ金色でもこうして見ると、まるで違いますね!

CA4LA-5

ハンドルはベーシックなアクリル平紐。持ちやすくて、ベリービーバッグでも人気のハンドルです。

蒸着紙は扱いが難しく、コストもかかりますが、「ここぞ!」という時に使いたい特別感を

演出することができます。

ベリービーバッグではそんな蒸着紙を使った紙袋を作ることもできますので、

興味のある方はぜひご相談ください!

 

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ