カテゴリー『紙袋デザイン紹介』の一覧

紫×ゴールドで上品な高級紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はホテルブランドの紙袋をご紹介します。

 

紫で上品な高級感を感じる紙袋

落ち着いた紫の全面カラーで高級感がありますね。

箔押しではありませんがゴールドを思わせるブランドロゴの印刷と、

少し光沢のある口留めシールが、いいアクセントになっています。

 

高級感を表す色の組み合わせとしては、

ネイビー×ゴールド・ブラック×ゴールドなどもありますが、

紫だと少し女性的な上品さとゴージャスな雰囲気があるように感じます。

 

conradホテルの紙袋

大きさは弊社規定のM横サイズを一回り小さくしたようなサイズ感です。

正面から見るとコンパクトですが、マチがしっかりあるため、

中身を限定せずいろいろな商品に対応ができそうです。

 

布芯入りパイレンロープ

持ちてはホワイトで清潔感がありますね。

パイレンロープと呼ばれる光沢のあるタイプの丸紐です。

写真ではあまり分かりませんが、今回の紐には布芯が入れられています。

 

布芯が入ることで柔らかい触感を残しつつ、持ったときの安定感や、

紐穴などの跡がつきにくいというポイントになります。

 

ヨーロッパ折り、V底折り

底面はV字に折り上げられていました。

正面に筋が入らない、高価格帯商品によく見られる加工法です。

 

特に今回の紙袋は、ロゴが下部に配置されているので、

普通の折り方をして、ロゴに筋が入らないようにしているのかもしれません。

 

高級感のあるオプション加工と全面カラーでインパクトのある紙袋でした。

モノクロであったり色もデザインもシンプルな紙袋が多い分、

こういった全面カラーで目立たせるのも戦略の一つですね!

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

大胆な切り替えデザインの大きめ肩掛け紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は色の切り返しが印象的な、ビッグサイズの紙袋をご紹介します。

 

nano universeの紙袋

この切り替え方はなかなか珍しいのではないでしょうか。

持ち手の留め位置に切り替えが来るように計算されていますね。

調べてみると紙袋のサイズによってこの切り替え方が

上下になったり、より斜めになったりするみたいです。

 

グレーは少し都会的でクールな印象がありますが、

大胆な色の切り返しと、使われているもう1色が白ではなくアイボリーであること、

この2つのポイントでクールの中にも柔らかさが表現されています。

 

ちなみに裏側は、面積の広いほうがアイボリー、狭いほうがグレーになっています。

ロゴの背景がかわるので、受ける印象が少し変わってそこも面白いです。

ロゴ自体は高めに配置されていますが、デザインの邪魔をせず、程よい高級感ですね。

 

長めで肩掛けもできるハンドル全体に統一感をもたせる内面カラーがされた紙袋

内面はグレーで色付けがされています。

表面で2色使っているので、内側が真っ白であるよりも、

全体的な統一感が保たれているように感じます。

 

そして正面の画像で気づいた方もいるかも知れませんが、

持ち手がやや長めに設定されています。

肩掛けができるという嬉しいポイントですね。

複数の紙袋を持つときや、背の低いお客様にも持っていただきやすいです。

 

また中に何を入れるかによりますが、ある程度重みが出るのであれば、

今回の紙袋のように平たい素材のハンドルがおすすめです。

 

切り替えデザインが素敵な紙袋でした。

大きめサイズをお考えの方は、ぜひ肩掛けハンドルもご検討ください。

ではまた!

 

カテゴリー: 未分類, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

究極フェミニン!!ふわふわチャーム付き紙袋

明けましておめでとうございます、ベリービーの谷山です。

本年もよろしくお願いいたします!

 

新年初めにご紹介するのは”プリンセス”をテーマにしたホリデーコレクションの紙袋です。

ブランドコンセプトに沿った女性らしい儚げな雰囲気でまとめられています。

 

色の切り返しが特徴の紙袋

中心の大きなふわふわが気になっている方が多いかと思いますが、

一旦置いておいて全体のイメージから見ていきます。

 

まずシルエットは最近人気の正方形ですね。

そしてカラーはくすみ系の紫、サイドには色の切り返しでピンクが入っています。

ピンクのおかげで、アンニュイな雰囲気ながら可愛らしさも感じます。

 

目を引く大きなチャーム

はい、そしてこのチャームですね。存在感しかありません。

バレリーナのチュチュスカートのようなチュール生地で作られています。

女性らしい透け感のある素材なので、全体のイメージとよくマッチしてます。

コレクションのテーマである”プリンセス”感も抜群です。

 

写真では見えませんが、

留める部分は細いサテンリボンになっていました。

抜け目ないですね。

 

冬らしいベロア生地のハンドル人気の縦留めを使った紙袋

もう1つの大きなポイントはこのハンドルですね。

1本留めなのはもちろん、ベロア生地が使われているんです。

冬らしい素材で、なかなかリッチです。さすが限定のショッパー。

 

留め方も内側から穴に通すのですが、通しきると口が閉じる仕様です。

もはや紙袋というより独自のパッケージですね。

 

目を引くふわふわのチャームと柔らかなカラーリングで、

フェミニンにまとまられた紙袋でした。ではまた!

 

カテゴリー: 未分類, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

シンプルデザインでも高級さを感じさせる紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はシンプルながら、仕様にこだわったハイブランドさんの紙袋です。

 

CELINE(セリーヌ)の紙袋

ぱっと見た感じだと、モノクロな色使いにロゴのみが入ったシンプルな紙袋です。

アパレルでは横型の紙袋のイメージが強かったですが、最近縦型もよく見る気がしますね。

縦型の場合、ロゴ位置を少し高めにするとより縦が強調されるので、

すっきりとスタイリッシュなイメージになります。

 

艶を抑えたマットな黒箔ロゴ紙全体と縁取りにそれぞれエンボス加工をした紙袋

ではもう少し詳しく見てみます。

まず紙の厚みがかなりしっかりしていますね。エンボスが入ったクラフト系です。

厚い紙を使うと折り目の部分など、力が加わると裂けてしまうことがあるのですが、

その心配よりも全体の高級な素材感を重視した思い切った紙選びです。

 

最近人気の縁取りのデザインが入っているのですが、

この縁取りもエンボスでされていました。ミニマルなデザインの邪魔をしない、

きれいな仕上がりですね!!

ちなみにブランドロゴもしっかり浮き出しています。

艶のないマットなブラック箔ですが、存在感抜群です。

 

V底折り、ヨーロッパ折り

底面はV字に折り上げられたヨーロッパ折りでした。

高級な仕様ですが、やはりかっこいいです。

個人的には今回のようなシンプルな紙袋でこの底折りなのがまたぐっときます。

 

一見シンプルながら、高級感ある仕様がつまったこだわりの紙袋でした。

価格とのバランスで仕様を詰め込めなくても、なにか一つこだわりのポイントがあると、

愛着もわいて、素敵な紙袋になります。

気になる仕様のご相談など、ぜひぜひご連絡くださいね。

 

 

今年のブログ更新は以上になります!

拙い文章ではありますが、

皆様の紙袋製作の手助けに少しでもなれていたら嬉しいです。

いつも読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

 

また2020年も沢山ご紹介していきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

不思議な世界観で広がるパッケージデザイン

こんにちは、ベリービーの谷山です。

 

今回はベルギーのチョコレートブランドのパッケージをご紹介します。

フランスの最優秀職人賞を受賞した高度な技術と素材にこだわるブランドさんですが、

パッケージデザインへのこだわりも並ではありません。

 

チョコレート以外にも焼き菓子やアイス、ケーキなど

さまざまな商品がありますが、なんと商品ごとにデザインが

変わっているんです。すごすぎます。

商品や季節ごとに変わるパッケージデザイン

それだけではなくイベントがあるとまた限定のデザインもでるのだとか。

 

こうして並んでいるのを見ると、ブランドの伝統的な雰囲気は保ちながらも、

それぞれ個性をもったデザインがされていることがよくわかります。

これはついつい集めたくなってしまう可愛さです。

 

チョコレートブランドDEBAILLEULの紙袋

紙袋には代表的なイラストが入ったものや、逆にシンプルにまとまられたものもありますね。

商品自体にデザインがしっかりされているので、シンプルでもいい感じのバランスです。

 

おとぎ話のようなイラストが入った紙袋

そしてこの代表的な木のイラスト、全体がモノクロでシックな分、

カラフルなコップやチョコレートが印象的で可愛いです。

 

このブランドさんのテーマでもある”非日常”という言葉と、

おとぎ話に出てくるような雰囲気のデザインがしっかりマッチしてます。

 

側面までしっかりデザインされたギフトボックス

非日常という言葉を踏まえてもう一度デザインをみてみると、

ハートの木の実や顔のあるカップなど、共通した一つの不思議な世界線から

すべてのデザインが生まれているように感じてきます。

 

ブランドカラーや、柄、モチーフなどを揃えてのパッケージ展開はよく見ますが、

こうして統一された世界観での展開もなかなか素敵ですね。

 

いかがでしたでしょうか。

今回はブレない世界観で広がるパッケージ展開についてお話してみました。

非日常感溢れるチョコレート、私も食べてみたいです。

食べてみた方いらっしゃいましたら、ぜひ感想を教えて下さい!

ではまた〜

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]