カテゴリー『紙袋デザイン紹介』の一覧

ブラウンとオレンジの色使いがとても“おしゃれ”な紙袋

こんにちはベリービーのアシタニです。

 

今日は「ブラウン」と「オレンジの」コントラストがとてもオシャレな紙袋をご紹介します。

 

紙袋 印刷

オリジナル紙袋

少し広めのオレンジの“グログランテープ”が

縦留めで取り付けられています。

少し蛍光がかったヴィヴィットなオレンジが美しいですね。

 

紙袋 紐

紙袋 グルグランテープ

紙袋 オリジナル

紙袋 縦留め

 

それから、やはり、近頃の紙袋は圧倒的に「縦留め」が多くなってきています。

この縦留めは機械で作ることが出来ないので手作業となります。

そうなると、人件費の問題から海外生産がマストとなりますね。

 

紙袋 印刷

紙袋 印刷

 

最後に紙袋の印刷ですが

この紙袋の特徴である上品な“コントラスト”を強調するように

ロゴマークなどの上からUV印刷がなされています。

ちょっとこの画像では分かりにくいですが

ロゴマークなどにUV印刷をすることで文字に光沢感が出て

印刷の存在感が際立ちます。

 

高級感を演出できるテクニックですね。

 

本日は「色使い」を極めたおしゃれな紙袋のご紹介でした。

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

光沢のあるエンボス加工でラグジュアリーな紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、光沢のあるエンボス加工が

ラグジュアリーな雰囲気を醸し出す紙袋をご紹介します。

オリジナル紙袋、光沢

こちらは海外の高級ランジェリーブランドの紙袋です。

ファッション感度の高い洗練された女性がターゲットとのことです。

海外の有名ハイブランドにも負けず劣らずな高級感。

紙袋、光沢

小ぶりなサイズながらも高さに余裕があります。

デザインはロゴのみとシンプルな構成になっています。

 

ややシルバーの光沢加工が施されているので

大人な雰囲気が漂っています。

紙袋

紙袋、光沢、エンボス加工

どうでしょうか。この光沢感とエンボス加工!

“格子状のエンボス加工”と”光沢感のある紙袋の質感”が

相まってとても上品かつラグジュアリーですね。

 

真ん中はリボンで結ぶことができ、

ランジェリーブランドらしさがうまく表現されています。

 

ハンドルは、レディースアパレルやコスメでは定番の

グログランテープとなっています。

同じく定番のサテンリボンと異なるのは、

凹凸が紐の表面に施されている点になります。

それによって角度によって光沢感が出るのが特徴です。

今回使われているグログランテープは

凹凸が特殊でハッキリとした凹凸が表現されています。

その分一般的なグログランテープよりはお値段も高くなるようですね。

 

紙袋、エンボス加工

底にもちゃんと光沢とエンボス加工がされています。

紙袋、光沢

内面、底面はゴールドに輝いています。

ラグジュアリーは抜かりなく、見えないところにも施します。

紙袋、印刷、光沢

ロゴはゴールドの箔押しで光の反射がとても美しく出ます。

光沢のある紙袋ではゴールドの箔押しが多い印象がありますね。

DSC_0834

 

デザインはロゴのみとシンプルですが随所に

“高級感”と”上品さ”を散りばめた紙袋となっています。

 

この紙袋は、シンプルでラグジュアリーな紙袋の

最適解と言っても過言ではない仕上がりに

なっているのでこのような紙袋を作りたいかたは

ぜひとも参考にしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 |
[ Post by berryBスタッフ ]

手作り感を上手く表現したナチュラルな紙袋

こんにちはベリービーのアシタニです。

 

今日はハンドメードの柔らかい質感をナチュラルな紙質とデザインで表現した

紙袋をご紹介します。

 

オリジナル紙袋

 

強度のある厚手の未晒しクラフト紙を使用しています。

この未晒しクラフト紙ですが、私は日本製よりも断然、海外製をお勧めします。

なぜなら、日本製のクラフト紙は日本人の几帳面な性格を反映してか

クラフト紙ならではの荒っぽい質感が無く、どこかスッキリしすぎています。

 

クラフト紙袋

 

しかし、この紙袋のように海外製クラフト紙は紙の繊維が不均衡でざらっとした質感が

“外国”って感じがしてとてもおしゃれです。

 

クラフト紙袋

 

紙袋箔押し

ロゴのプリントは白い箔押しのようです。

 

このような質感の強い紙質の場合、「箔押し」か「シルクスクリーン」印刷が最適ですね。

 

繊細なイメージを表現するのは「オフセット印刷」ですが

印刷が薄くなってしまい、紙の質感に負けてぼんやりとしたデザインになってしまいます。

 

紙丸紐

紙丸紐

 

手提げ紐は「クラフトの紙丸紐」です。

 

紙袋本体の質感とのバランスがとても素敵です。

 

「クラフトマンシップ」を表現するのにピッタリな組み合わせですね。

 

すごくこだわりの“足し算”のデザインの紙袋も好きですが、

この紙袋のように徹底的な“引き算”の紙袋にも強く惹かれます!

 

やはり、紙袋は「お店」や「商品」のブランディングツールですので、

その表現を象徴した質感とデザインが必要だと強く感じさせられる紙袋を

今日はご紹介いさせていただきました。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

ビビットな色と総ロゴが目を引く紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はビビットな黄色とイラストが目を引くお菓子の紙袋をご紹介します。

紙袋,印刷,オリジナル

この紙袋はバターのお菓子で有名なブランドのもので、

以前ベリービーのブログで高級感漂うお菓子の紙袋と箱という記事で

ご紹介したミルフィユのブランドと同じ会社のブランドです。

 

デザインは彩度が高くはっきりとした色合いの黄色を表面に

口折り部分はグリーンで作られています。

ロゴがランダムに印刷されていて注目を集めそうな紙袋になっています。

紙袋,印刷,オリジナル

マチ部分にもロゴは印刷されています。

「総柄ならぬ、総ロゴ状態」ですね。

ビビットな色味と総ロゴという、かなり攻めた紙袋ですが

おしゃれにまとまっているのは凄いなあ。と率直に思います。

紙袋,印刷,オリジナル

マチのアップです。

英国紳士を思わせるダンディなおじさんのイラスト。

下向きのおじさんが持っているのは「バターシュガーケーキ」でしょう。

上むきのおじさんは「バターキャラメルポット」です。

紙袋に描かれた紳士が持っているものは1つ1つ違うこだわりっぷりです。

個人的にツボなのが、シュガーケーキやおじさんは割と描き込んでいるのに

トレイだけがめちゃくちゃシンプル!なんです。

何なんだ、この差は、、笑

紙袋,印刷,オリジナル

中面と底面には印刷などはされておりません。

外側と打って変わってシンプルです。

攻めと守りのバランスに優れた紙袋ですね。

紙袋,印刷,オリジナル

口折りにはロゴが印刷されています。

こうやって見ると紳士の低姿勢な雰囲気が見て取れますね。

こうしたユーモアがお客さんの心をくすぐるのでしょうか。

紙袋,印刷,オリジナル

紐は、少し特殊な「OFJ」と呼ばれる方法で取り付けられています。

通常口折り部分には強度を保つ為にボール紙が一枚入っています。

この「OFJ」では、ボール紙で紐を挟む留め方なので二枚のボール紙を使用しています。

紐が出る部分にはUを逆さにしたような切り込みが入っています。

少し複雑な工程がかかる取り付け方なのでコストは高くなる傾向です。

コストを抑えるには海外生産で万枚〜の大ロットが必要になります。

紙袋,印刷,オリジナル

口折りのマチ部分には「TOKYO」と印刷されています。

少し前にベリービーのブログでも、同じ部分にリサイクルマークが印刷された紙袋がありましたが

この場所に印刷をするのは増えてきているのかもしれませんね。

紙袋,印刷,オリジナル

プラスチック素材の紐が三つ編みで結ばれていて

通常の単紐に比べて強度が増すのが特徴となっています。

紐には芯部分があり、へにゃっとすることはありません。

その反面、変なくせが付くと残るので気をつけたいところです。

質感に関しては、プラスチック素材なのでこってりとした光沢があります。

紙袋,印刷,オリジナル

底はフチの部分までの印刷となっています。

紙袋,印刷,オリジナル

紙袋,印刷,オリジナル

この紙袋は目を引く黄色と総ロゴ、光沢のある紐と目立ちやすい仕様となっていますが

紙質はクラフト紙でナチュラルな風合いが感じられ、

クラフト紙へ印刷されることで色味も若干ですが優しくなります。

2つめの”攻めと守りの好バランス例”となっております。

こういった派手な紙袋では抑えるところを抑えると

バランスの取れた魅力的な紙袋に仕上がります。

 

みなさんも目を引く印刷でオリジナル紙袋をお考えの場合は

今回ご紹介した紙袋を参考にしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

グリーンの総柄がおしゃれに見える紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はサイドに配されたグリーンの総柄がおしゃれな紙袋をご紹介します。

紙袋,印刷,オリジナル

多分なのですがこの紙袋は中国のデザイン事務所の紙袋だと思います。

ホームページとインスタグラムを拝見した感じでは。

グリーンというカラーをこんなにもセンスよくデザインできるなんて羨ましい限りです。

僕も社内用の紙袋デザインを考えることがありますが中々いいものができずに苦労しております。

紙袋,印刷,オリジナル

サイドの柄とのコントラストが引き立つ表面のシンプルさ!

下の方にロゴが丁度いいサイズ感で置かれています。めっちゃ綺麗だなー。

色のバランスもよしサイズのバランスもよしで素晴らしいデザインですね。

紙袋,印刷,オリジナル

上から見てもバランス良く綺麗に見える。

素敵な紙袋ですね。口折りのサイドにも柄は印刷されています。

紙袋,印刷,オリジナル

紐はアクリル平紐です。

柔らかい紐なのでウニョウニョしていて柄とリンクして見えます。笑

あと、紐は一般的なアクリル平紐と比べると太めのものを使用されています。

それから、平紐を“リベット打”ちで固定しているのオシャレでいいですね!

紙袋,印刷,オリジナル

ウニョウニョとしたアクリル平紐をくぐり抜けると口折り部分にQRコードとURLが印刷されていました。

口折り部分にURLなどを印刷することはおしゃれな紙袋の一つの解なのかもしれませんね。

この部分にサブ的な情報を配置することのメリットとしては、

デザイン面(表面)を邪魔せずに情報を伝えられることになります。

デザイン面以外でサブ的な情報を印刷される例としては、口折りとサイド、

たまに底面があったりなかったり?な感じになっております。

紙袋,印刷,オリジナル

サイドの柄のアップになります。

この柄って何柄なんでしょうか。カモフラ柄っぽくは見えるんですけど、

色が一つになるとすごくスッキリした印象になります。

紙袋,印刷,オリジナル

底面は、内側に折り込む仕様の“ヨーロッパ折り”になっていて裏面に折り目がつかずに折りたためます。

折りたたんだ時も薄くなるのでコンパクトになります。

見た目にも綺麗なのは内側に折り込むタイプだとは思います。

紙袋,印刷,オリジナル

ロゴのアップですが、印刷面を見てもらうと紙袋のナチュラルな雰囲気が伝わってきます。

クラフト紙という感じではないですが、コットン系の紙の自然な質感です。

ちなみに印刷色は黒に近いグレーで印刷されています。

紙袋,印刷,オリジナル 紙袋,印刷,オリジナル

ハンドルの近くにある黒色の丸はプラスチック製のリベットです。

デザインとしてはいいアクセントになっていますね。

 

今回ご紹介した紙袋のように本来メインとなるデザイン面は、

スッキリとさせ、側面で遊びのある派手なデザインをすることで特徴的なバランスが

表現できていると思います。

 

みなさんもこのこの紙袋のようにシンプルな部分と派手なデザインのコントラストを

楽しむような紙袋つくりにチャレンジされてはどうでしょうか?

 

ご相談はベリービーまでお待ちしております。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]