カテゴリー『紙袋デザイン紹介』の一覧

ピンクと黒のバイカラーにドットをあしらった紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

赤色のドットが目を引くコスメブランドの紙袋をご紹介します。

紙袋, 印刷, コスメ

化粧品ブランドの紙袋というと、皆さんはどんなものをイメージしますか?

個人的にですが、シックで上品なものや、ナチュラルさや女性らしさを表現したものなど、

ブランドによって様々ありながらも、基本は『シンプルな紙袋』というイメージがあります。

 

その点、この紙袋は派手な柄と色使いが華やかで印象的です。

このブランドの通常の紙袋は黒地に白いロゴというシンプルな紙袋なので、なにかの

限定デザインなのかもしれません。

紙袋, ドット, コスメ

サイズは縦型の小さなコスメ用という感じです。

口折部分にもドットの印刷がされています。

紙袋, 印刷

内面は少しわかりにくいですが、黒色となっています。

ブランドの本来のキーカラーは黒色だと思うので、今回の紙袋でも

随所にキーカラーを入れてありますね。

紙袋, 箔押し, 印刷

ロゴはゴールドの箔押しがされていて高級感ある仕上がりです。

ロゴより下部分のゴールドの模様も同様に箔押しがされています。

紙袋, 印刷, ドット

この紙袋のドットにも、『シールのような光沢がある』という特徴があります。

というのも、ドットの上からニス引き加工がされているのです。

通常の印刷だけのものに比べ、ドット部分をニス引き加工することによって

物質的な存在感や背景との質感の違いで印象付けることができます。

 

紙袋, ハンドル, ゴールド 紙袋, ハンドル, ゴールド

ハンドルの編み方はツイストロープですが、使用されてる素材がかなり特殊で、

キラキラとした光沢感が。化粧品で例えるとラメのようなイメージに近いかもしれません。

パーティー感あふれる華やかな印象ですね。

ハンドルの内側には糸が入っており、外側はゴールドの紙のような素材で覆われています。

紙袋, 底面, 印刷

紙袋の底面には、ゴールドの文字で製造国などの表記がしてあります。

最近ご紹介するブランドものの紙袋には、こうした表記がきちんとされていることが多いですね。

紙袋, 底面, 折込

この紙袋の底面は内側に折り込むタイプになっています。

表面、裏面共に折りたたみの線が入らない為、デザインが綺麗に見えるのがポイント。

黒色のベタにもニス引き加工がされていて光沢があります。

紙袋, 印刷, コスメ

今回の紙袋はベースの紙はクラフト紙ですが

ポイントにニス引き加工を施すことで、コストを抑えつつ

印象的な見せ方ができるようにと工夫されています。

 

一般的にニス引き加工は紙袋の全体に施すことが多いですが

あえてドットと下部分の黒色の切り替え部分のみに限定することで

機能的な効果だけに留まらず、デザイン的な価値も生み出していますね。

 

オプション1つとっても使い方には様々な工夫が施せるものがあります。

工夫を凝らした紙袋が作りたい!という方はお気軽にご相談ください。

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

表面が布で覆われたジュエリーブランドの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

深い青色が印象的な布に覆われたジュエリーブランドの紙袋をご紹介します。

紙袋, ジュエリー, ブルー

こちらのブランドは、歴史が古く17世紀頃に

フランス・パリで誕生したと言われています。

 

シンプルでありながら美しいブルーの色味と素材の品の良さで

格式の高さを感じる紙袋となっています。

紙袋 , ジュエリー, ブルー

表面のサイズはベリービーバッグのSサイズと同じもので

奥行きはベリービーのSサイズよりも余裕を持って作られています。

 

ハンドルの長さと紙袋のサイズとのバランスがとても美しく見惚れてしまいます。

紙袋, 上から, 俯瞰

紙袋の内面には、ボール紙に似た質感の紙が使われています。

パッと見た感じだと白やライトグレーに見えますが、実はシルバーの色味です。

実際に見ると、表面にラメのようなさり気ない光沢が確認できます。

底ボール紙は内面よりもさらにシルバーといった感じで光沢感が増しています。

紙袋, ハンドル, 縦留め, ブルー 紙袋, 縦留め, ハンドル, ブルー

ハンドルはコットンリボンで優しい手触りが特徴となっています。

女性モノのアパレルやジュエリーブランドなどに人気のサテンリボンと

同じ形状ですが、素材がコットンで作られているため

よりしっとりとした質感に仕上がっており落ち着きのある上品さが得られます。

 

ハンドルは安定の縦留めで付けられています。

リボンなどの平紐タイプの方が縦留めとの相性は良いと思います。

紙袋, 布, ブルー

紙袋表面には布が張られていて、

他の紙袋とは明らかに違う手触りや存在感があります。

生地はコットン素材かと思いますが編み目の雰囲気はリネン生地のように見えますね。

紙袋, ロゴ, 印刷

ロゴは浮き出し箔のシルバー艶ありです。

布地の上に箔押しがされているので、まるで刺繍がされているかのような立体感があります。

同じシルバーの艶ありでも、紙の上に印刷するよりも布地への印刷の方が

光沢のコントラストは控えめになるので上品さを保ったまま高級感を演出できます。

紙袋, 底面, 印刷 紙袋, 底面, 折込

この紙袋の底面は内側に折り込むタイプになっています。

見た目がスッキリする仕様になっているので、綺麗なデザインを生かすことができます。

 

底面には、紙袋の製造国が印刷されています。

紙袋, ハンドル, ブルー

今回ご紹介した紙袋は布を貼り合わせているので非常に珍しい紙袋でした。

手触りの気持ちよさは紙袋ではなかなか味わう事のない質感になっています。

 

布地の特殊性を生かすためかデザインやその他の仕様はミニマムに作られています。

ベースカラーはブルーでロゴがシルバー、内面もシルバーで、2色を

バランスよく使った構成の紙袋といえるでしょう。

 

仕様のポイントはハンドルの縦留めと、底面の内側への折込み。

余計なものをなくし、シンプルなデザイン面をより美しく見せる工夫がされています。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

ハンドルが一本だけの高級感ある紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

アクセサリーなどを入れる紙袋。皆さんは貰ったことありますか?

気に入ったアイテムを買った時、オシャレな紙袋に入ってると嬉しいですよね。

今回は、アクセサリーなどにぴったりな紙袋をご紹介。

AHKAH1 AHKAH2

ホワイトをベースとした紙袋。本体を白、小さなロゴが箔押しの金色で綺麗ですね。

ジュエリーショップの紙袋で、紙袋のサイズも小さめです。シンプルに可愛く仕上がっています。

ハンドルのカラーをネイビーにしており、ボディのホワイトとも相性抜群です。

AHKAH8 AHKAH5

通常はハンドルが2本ですが、この紙袋は1本になっています。

紙袋自体のサイズも小さい上に、商品自体もそこまで重いものを入れないからこそできるデザインだと言えます。

グログランテープのネイビーはとても上品で、シンプルながらもブランド感がでていますね。

AHKAH7

隅にシールが貼ってありました。おそらく商品購入時は口部分をシールで留めてあったのだと思います。

無色透明なシールにホワイトでロゴマークがプリントされています。

控えめな主張がいい感じですね。

AHKAH4

表面にあるロゴは箔押しのゴールドでキラキラしています。

ボディの紙にエンボス加工が入っており、他の紙のようなザラッとした質感になっています。

白ベースの紙袋はシンプルすぎて味気ない仕上がりになってしまうこともあるのですが、このようにエンボス加工を施すことで、一気に高級感を演出することができます。シンプルに、でも上品な高級さを出したいときにおすすめな加工です。

 

このような高級感を持った紙袋もベリービーバッグでは制作できます。

興味のある方はぜひ、お電話やメール、お打ち合わせでご相談くださいね。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

re-aoyama-2

ベリービーバッグ 東京ショールームが7/18に移転オープンいたします!

青山のイチョウ並木の真正面!オシャレな空間で紙袋デザインのご相談ができちゃいます!

こちらもぜひ、合わせてご利用ください。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

高級感のあるジュエリーショップの紙袋

こんにちは。ベリービーバッグのヨシウチです。

今回はシンプルにデザインされたジュエリーショップの紙袋をご紹介。

SABIRTH1 SABIRTH2

グレー1色に黒の箔押しが施されたシンプルなデザイン。

表面にはザラッとしたエンボス加工が施されています。

ハイブランドであればあるほど、シンプルなロゴを中心に配置する。というデザインが多く見られるような気がします。現在の流行によるものかもしれませんね。

SABIRTH3

内側はベージュからエメラルドグリーンになる配色のグラデーション。

ブランドのイメージカラーである配色でしょうか。

内側にグラデーションを施した紙袋は稀ですが、とても美しいですね。

こういった表面からは見えない場所もこだわることで、ハイブランドらしさが演出されています。

SABIRTH5

箔押しされたロゴには若干の浮き出し加工が施されています。

ホワイト×ブラックのロゴはシンプルでカッコいいデザインですが、場合によっては安っぽく見えてしまうことがあるので、全体をグレーにすることで高級感が演出できているのかもしれません。

SABIRTH6 SABIRTH4

ハンドルはツイストロープのゴールド。

ツイストロープは表面にツヤがあり、高級感を演出できることからハイブランドに人気のハンドルです。

このようにバッグの全体は無彩色でシンプルに仕上げ、ハンドルにはカラーを入れることで存在感が増します。

 

こういったシンプルで高級感のある紙袋制作もベリービーバッグで実現可能です。

興味のある方は是非お問い合わせくださいね。

カテゴリー: 未分類, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

環境に配慮したシンプル紙袋

こんにちは。ベリービーの谷山です。

今回ご紹介する紙袋はこちらです。

agnesb1

ブランドのイメージカラーである黒と白でまとめたすっきりシンプルな外見です。

ロゴを上部に配置することで、縦型のラインがより強調されています。

個人的にですが、縦型は余白の美しさがより際立つように感じます。

agnesb5

表面に使われているのは、紙の質感がよく感じられるクラフト紙。

底面をみると、FSC認証紙であることがわかります。

「環境や地域社会に配慮して管理された森林に由来する製品」という証明ですが

近年の環境保全へ向かう流れを感じます。

 

クラフト紙はその手触りからどちらかというとナチュラルなイメージですが、

シャープな外見と組み合わせることで飾りすぎない上品さが表現されているように感じます。

 

agnesb7

ハンドルに使用されているのも素朴で手に馴染みやすいアクリルスピンドルです。

クラフト紙との相性がいいので、仕様としてとてもまとまりがあります。

 

モノトーンを使うとどうしても少し男性的であったり、無機質な印象になることがあります。

そこをナチュラルな質感で、シンプルながら柔らかく仕上げているのがよくわかりますね。

ロゴの丸みから感じるどこか中性的なイメージともよくマッチした紙袋です。

 

こちらの紙袋ですが、中袋と箱もついてきたのでご紹介させて下さい。

agnesb8agnesb9

中袋はマチがあるタイプで、仕様は紙袋と合わせてあります。

写真では片面だけのご紹介なのでわかりませんが、両面にロゴ印刷されています。

袋自体の高さがあるため、袋の口を留めると袋のロゴは隠れるようになっています。

口留めシールのロゴと、印刷されたロゴとでごちゃごちゃさせない工夫なのでしょうか?

 

agnesb11

はい、そして箱です。

袋類と比べると少しクリーム色がかっています。

袋に使われている白からは洗練された印象を受けますが、それとはまた違って落ち着いた印象を受けます。

表面にもテクスチャーが加えられ、紙の質感を際立たせています。

より柔らかく、どこかホッとさせる工夫に感じます。

 

白い紙と一口に言っても、青みや黄みなどが入ることで与える印象はぐっと変わってきます。

今回の場合、すべて同じ白であったとしてもまとまりはあったと思いますが、

こういうちょっとした変化を加えることで互いの白の良さが引き立ちますね。

そこに遊び心を感じてなんだかときめきます。

 

いかがでしたでしょうか。

紙袋、中袋、箱のように、要素が揃っているととたんに特別感が増してきます。

ベリービーではその他にもリボンやシールなどの取扱もございますので、ぜひ合わせてご検討くださいませ。

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]