カテゴリー『デザイン・流行分析』の一覧

海外旅行で注目したい『パッケージデザイン』

helsinki_title

こんにちは。ベリービーバッグのウラベです。

毎日暑いですね!この暑さはいつまで続くんでしょう…。

日中は強すぎる陽射し、夜は寝苦しい熱帯夜と、つらいことの多い夏ですが、

もうすぐ訪れる夏休みは楽しみ!という方がほとんどではないでしょうか。

 

みなさんの夏休みの予定は決まっていますか?

なかには、「海外に行っちゃう!」なんて素敵な過ごし方をする方もいるでしょうか。

そんな海外旅行でぜひ注目していただきたいのが、『海外のパッケージです。』

 

helsinki_2

建築物やインテリア、美術品など見るものや、食べるものがまるで違う海外では刺激を受けますよね。

生活に身近な商品パッケージもまた、その国の歴史や文化を反映しているもののひとつです。

弊社の社長が海外に行った際も、日本とは違うさまざまなパッケージを目にしたようです。

helsinki_1

なんとも色鮮やかなパッケージたちは、ヘルシンキで購入したお菓子のものです。

見ているだけでわくわくしますね!

さっそくそれぞれをご紹介していきます。

helsinki_3

一見すると、「トランプが入っているんだな」と思ってしまいそうなパッケージです。

じつはこれ、北欧で最もメジャーなお菓子「サルミアッキ」の箱です。

日本の食品パッケージではなかなか使わない黒がインパクトがありますね。

サルミアッキの色が黒色なので、パッケージのメインカラーを黒にしたのかもしれません。

大きい箱の中に、リサイズしたデザインの小さい箱が4つも入っていました。

helsinki_4

このパッケージは「ラケロール」という、これもスウェーデンの伝統的なお菓子のものです。

味はなんと意外性あるサボテン味!サボテンらしい鮮やかな緑色が目に眩しいですね。

このお菓子はサボテン味のほかにもさまざまな味があり、味によってカラーが違うので

揃えてみてもかわいいかも。

helsinki_5

はっきりした赤色の斜めボーダーが海外っぽくてかわいいパッケージです。

なんとなくパッケージの印象から、とても甘いお菓子が入っていそうですが、実際はミント味の

さわやかなチョコレートが入っていました。

helsinki_6

これもまたかわいい柄と色のパッケージです。

茶色がメインに使われているので、文字の意味がよくわからなくても「チョコレートかな?」と

推測できます。これも味が数種類あり、その味を連想できるような色(たとえば、ブルーベリーが紫)が

組み合わされています。

鮮やかな色がいい感じのポイントになっていておしゃれですね!

helsinki_7

左はチョコレート、右はクッキーのパッケージです。

チョコレートは味によって色柄違いのパッケージがいくつかあるのですが、どれも北欧らしいかわいい

パターンが印刷されています。

大人っぽい色と箔押しの文字の組み合わせに高級感を感じます。

クッキーのほうは、日本のお菓子のパッケージではあまり見かけないタイプのピンクが目を引きます。

 

こんなオシャレなパッケージたちが並ぶとどんな感じなんだろう?と気になりますよね。

実際に並んだところは、こんな感じです。

helsinki_8

なんだかファンシーな雰囲気の棚ですね。

 

日本と比べると、強くて鮮やかな色が使われています。

デザインはシンプルめで、使われている模様も定番のもの(ストライプやドット)が多いように思います。

なので、お店の棚に商品をたくさん並べてもごちゃごちゃせず、統一感があってきれい。

ディスプレイのことも考えてデザインされているんでしょうね。

 

あとは文化や歴史の違いなのか、思ってた味と違う!といったことがたびたびありましたが、

これも異文化を楽しむということかもしれません。

こうしたお菓子は現地のスーパーでも購入できますので、お手頃価格でその国らしさを楽しめます。

身近なひとへのお土産としてもおすすめ!

海外へのご旅行の際にはぜひ、パッケージデザインにも注目してみてくださいね。

 

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

白クラフト紙に緑のリボンとロゴのナチュラルな紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回紹介する紙袋は緑をポイントとして使用している紙袋です。

昔から落ち着いたトーンの緑は好きなのですが、近頃この緑を見ることってなかったなぁと思い返す紙袋でした。

HPが綺麗でしたので是非皆さんにもご覧になって欲しいです。

BIOTOP1 BIOTOP3

様々な雑貨や服を販売するセレクトショップの紙袋。

白のクラフト紙に深い緑の箔が押されています。クラフト紙も少し厚めのモノのように感じます。

弊社でも取り扱いのある白い紙にワンポイントので構成された紙袋。

余白の美というのは中々に難しいのですが、決まるとやはり美しいですね。

BIOTOP7 BIOTOP6

ハンドルはグログラン、青みのかかった緑を使用しています。

光沢感が強めで角度によって陰影が生まれとても綺麗です。

縦留めになっており、表面にハンドルを通す穴を開ける必要がないのでシンプルなデザインを邪魔せず、畳んだ際にかさばりません。

BIOTOP4 BIOTOP2

厚手の紙を使用しているかどうかが分かりづらかったのは、サイズが小さいことによるのもありますが、

紙が2重になっている部分が広く、しっかりとした質感になっているからでした。

BIOTOP5

ロゴの拡大図。深いグリーンの箔押しです。

ザラッとしたナチュラルな風合いのクラフトのような紙を使用していて、白もどちらかというと少し黄みがかったオフホワイトと言うような感じです。

グリーンとクラフト紙はナチュラルな雰囲気で相性バツグンですね。

 

ベリービーバッグでも白クラフトに箔押しの紙袋を制作することができます。

興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

ロゴのみのシンプルな紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はロゴのみとシンプルな紙袋をご紹介いたします。

紙袋 印刷 オリジナル

ロゴのみとシンプルな構成となっている紙袋です。

とは言っても某有名アパレルブランドなのでロゴだけでも成り立つような強さがありますね。

ブランド力の成せる技というものでしょうか。

紙袋だけの要素を見れば本当にシンプルでいてスタンダードな作りになっています。

紙袋 印刷 オリジナル

ベリービーでいうとサイズはM縦サイズくらいでしょうか。

紙はカード紙200gと呼ばれる厚みのある紙でアパレルブランドなどでよく使用されます。

表面にはマットPP加工が施されていてすべすべな手触りです。

紙袋 印刷 オリジナル

紐はアクリルスピンドルで紐の付け方はもっとも一般的なかたちです。

今回の紙袋は、ハイブランドには珍しく何も追加で説明することがないほどにスタンダードな紙袋です。

このような仕様の紙袋のことを「THE PAPER BAG」と呼ぶことにしておきましょう。

それくらい王道な紙袋となっています。

紙袋の色が今回は黒ですが、白とかでもいけますしその他のカラーでもなんなく決まる。

さらには、ロゴのイメージ次第で高級感でもナチュラルでもカジュアルでもどんなイメージの紙袋でも対応可能な仕様となっています。

現在ベリービーでこの仕様の紙袋を作られるとしたら”ベーシックカラーバック”で同じ仕様の紙袋となります。

紙袋 印刷 オリジナル

なんかいつもより綺麗に見えますね。

M縦サイズだからですかね。上から見たときにシュッとして見えます。

紙質がしっかりした厚みというのも関係しているかもしれません。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

仕様について話すことはほとんどありませんので、先程こういった仕様の紙袋を「THE PAPER BAG」と呼ぶことにしました。

なので王道を一つテーマにして進んでいきたいと思います。

と、ここで「THE PAPER BAG」の仕様をまとめてみましょう。

  1. ベリービーで真ん中のサイズ感にあたるM縦サイズやM横サイズなどなど
  2. カード紙200g、マットPPラミネート加工(色はご自由に)
  3. アクリルスピンドルで横穴留め
  4. 箔押し(シルバー・ゴールド・白・黒などベーシックなもの)

挙げるとするなら以上の4つでしょうか。

オリジナル紙袋を作る際に上記の4項目を抑えていただければ「THE PAPER BAG」と呼べる紙袋の完成です。

ただ、一つ注意点があります。

※ベリービーバッグで公式に「THE PAPER BAG」と呼ばれる商品は存在しませんのでご注意ください。

あくまでブログ上での定義となっております。ご注文の際に「THE PAPER BAG」を作りたいと言われてもスタッフが困惑すること間違いなしです。

シンプルに仕様として4項目を伝えていただくとスムーズに進むかと思います。

 

この辺でテーマ”王道”で進んで行きたいと思います。

どの世界にも王道と呼ばれるものが存在しますよね。

最も普遍的でベーシック、そして多くの方に支持されるもの。

そういった物や事が王道だとは思うのですが、紙袋ではまさしくこのような仕様の紙袋が王道といえるものではないかと思います。

最も普遍的でベーシック、そして多くの方に支持されるもの。これは紙袋にとって大きなストロングポイントです。

紙袋は店舗などで商品を購入した際に商品を入れる袋の役割を持ちます。

その後、家路につくまでの間は人の目に触れるものになります。

ストレートに家に帰らないこともあるでしょう。どこかに寄ったりすることも多いにあると思います。

紙袋にも”TPO”はあると思うのです。もし帰りに立ち寄ったお店が高級感や落ち着きのある雰囲気だったら奇抜でこどもっぽい紙袋を持って入るのは少し恥ずかしくなるかもしれません。

こういったときに王道と呼ばれるものは力を発揮します。

いつ・どこであっても違和感なく馴染む紙袋、TPOなどはそこまで気にする必要はないかもしれません。

一般的にベーシックであればあるほどNGを出す消費者の割合いは低くなると思っています。ようは多くの方に受け入れられるということです。

なので紙袋のデザインや見た目というのは意外と重要なのかなと思います。

が、しかし、いいところばかりではありません。何事にも長所があれば短所もあります。

「THE PAPER BAG」の短所はベーシックなものなので差別化が難しいということです。

多くの商材・シーン・イメージに対応できる半面、突き抜けることは難しく

個性あるブランドの場合は魅力を最大限伝えることはできなくなります。

といってもこれはブランド目線の考え方で、いざユーザー目線となればベーシックなものの方が良いのかなと思います。

紙袋は大きく分けると広告ではなくパッケージに近いですし、プロダクト的な側面もあるのでベーシックさは保ちつつブランドの訴求をどれくらいのバランスでするのかということが大事になると思います。

少し長くなりましたのでこの辺で終了したいとおもいます。

皆さん、オリジナル紙袋を検討する際はベーシックなものも良いかもしれませんね。

 

カテゴリー: デザイン・流行分析, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

PAPER LAB.「Playing」に行ってきました。

pL

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

いつの間にか11月も半ばにさしかかってきましたね。秋が深まる一方のこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回はそんな芸術の秋らしく、最近行ってきた展示会のご紹介です。

pL-1

「年に一度だけ姿を現す不思議な研究所、PAPER LAB」という、ペーパーボイス大阪で

開催されている紙の展示会です。

今回のテーマは「色カミ」とのことで、カラフルなファンシーペーパーが所狭しと展示されており、

様々な色で会場が賑わっています。

pL-2

会場で展示されているものは、おなじみの紙製品やパッケージ(色鮮やかでかわいい!)から、

pL-3

紙で作られたとは思えない立体物(お花も紙!)のほか、

pL-4

なんとカラフルな白衣まで!(型紙も飾られているのがいいですね)

さまざまなものが紙で作られ、展示されています。

 

紙好きならエキサイトすること間違いなしな展示ですが、中でも個人的に「いい!」と思ったのはこちらのコーナー。

pL-5

 

pL-6

壁面にずらりと並んだ瓶の中には、瓶ごとにすべて違う(!)色カミが入っています。

これをどうするのか?というと、好きな色カミをセレクトして、「自分だけの色カミ見本帳」が作ってしまおう!という

粋なコーナーなのです。

pL-7

こんな感じで、見本の紙にはその紙についての情報が見れるQRコードが載っているのも嬉しいポイントです。

いちいち紙の名前や厚みをメモしなくてもOKです。

カミ好きの皆様にはぜひおすすめしたい、素敵な体験型コーナーでした。

ちなみにこれが、私が選んだカミを綴じた、オリジナル色カミ見本帳です。

pL-8

「ぜんぶ選びたい!」となりましたが、そういうわけにもいかないので1時間ほどかけて選びに選びぬきました。

紙袋も、こんなふうに好きな紙を選んで作れると楽しそうですね!(資材集めが大変そうですが…)

 

最後に展示会情報もご紹介しておきますね。

会場は「平和紙業株式会社 ペーパーボイス大阪」です。

pL-9

開催期間は11月16日(金)まで!

ご興味がある方はぜひ!おすすめです。

 

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]

三要素でコンセプトを上手く表現したアパレルの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、レディースのアパレルショップの紙袋をご紹介します。

DSC_0697

とてもシンプルな紙袋になっていますが、紙質やデザインなどで抜け感を表現した紙袋になっています。

裏面にも同じデザインが印刷されています。両面仕様の紙袋です。

全体の構成としては、主に中心にあるイラストと左下に配置されたショップ・ブランドの名前などの文字組みの2つとなっています。

その他にデザイン的にポイントを持たせた紙袋の仕様などはなくスッキリとしたものとなっております。

最近は、ハイブランドの至れり尽くせりな高級紙袋をいくつかご紹介してきましたのでよりシンプルな紙袋に感じるかと思います。

しかし、ラフなタッチのイラストを用いた紙袋ですのでオプション等を付けずに紙袋自体の構成もシンプルなものにしたほうがコンセプトに合っていて好印象だと思います。

個人的にはこういった紙袋は好きですし、お値段的にも優しいのではないかと思っています。

紙袋 印刷 オリジナル

斜めからのショットです。

全体のバランスがより綺麗に見えるかなと思います。

紙質も紐の素材感もナチュラルな風合いなのですが凛々しさや美しさを感じますね。

紙袋の大きさ、紐の長さ、デザインの余白が適切なのでそう感じるのかなと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

サイドのマチ部分のアップです。

こちらにもブランドの名前が印刷されています。

表面とは違い、ショップのロゴマークも印刷されていますね。

表面のデザインの中にロゴマークを入れないほうが良いと判断してこちら側に入れたのかなと思います。

デザイン上の都合でフォントや表現の仕方を制約する場合でもサイドに小さくであれば気にならないかと思うので

マチ部分を上手く活用した紙袋となっていますね。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋の紐の取り付けは、Jカットと呼ばれる仕様で行われています。

デザイン的には縦留め紐と同様の効果が得られ、強度的にも安心出来る作りとなっています。

この紙袋はおそらく機械などで作られているのだと思います。裏面の左側に糊で張り合わせているのが見受けられます。

機械では万枚〜の制作が基本になりますが、価格が非常にリーズナブルになるのがメリットですね。

紙袋 印刷 オリジナル

紐の種類ですが紙紐と呼ばれるもので価格が抑えめで有りながら必要十分な強度とデザイン性を持ち合わせた使いやすいものとなっています。

紙紐は和紙のような風合いが有りながら光沢感も少しあるのでナチュラル感と上品さを表現することができます。

紙袋 印刷 オリジナル

デザイン部分のアップですが、レディース向けの商品を取り扱うお店だと分かるイラストですね。

ラフな線と少ないタッチ数で簡潔に描かれています。

それと左上の「THX」という文字が入ることでストリート的なかっこよさが出ています。

初めて見たときは、「THX」というブランドかショップの名前だと思ったのですが、SNSなどでよく使われるネットスラングのようです。

ちなみに「Thanks」の略のようですね。左下に25th anniversaryとあるので「THX」を使われたのですね。

ネットスラングを用いるあたりでも文脈的にラフさを表現していてトータル的にコンセプト表現をされていますね。

社会的な背景や文化・歴史などをデザインに落とし込み何か(メッセージやコンセプト)を表現する行為は痺れるかっこよさがありますね。

トータルでコンセプトを上手く表現された今回の紙袋ですが、デザイン部分の良さ・紙袋としての価値・価格といった3つの要素のバランスが上手く取れた紙袋となっています。

ベリービーでも今回ご紹介した紙袋のように3つの要素のバランスを上手くとった紙袋のご提案ができれば良いのかなと思っています。

もともとのゴール地点が違う紙袋(ハイブランドなど予算があり高級感などイメージを一番優先される場合)などもありますので一概に今回のような紙袋が一番だとは言えませんが相対的にみると必要とされることが多いのかなと思います。

皆さんもオリジナルの紙袋制作の際に迷われることなどがあればお気軽にベリービーまでご相談ください。

 

カテゴリー: デザイン・流行分析, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , |
[ Post by berryBスタッフ ]