WEBマガジン | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

いろいろな紙袋のリニューアルについて その2

 
mitukosi3

以前のコラム「いろいろな紙袋のリニューアルについて その1」では、百貨店である伊勢丹の紙袋をご紹介しました。(画像はhttps://www.imhds.co.jpより引用)

今回は、伊勢丹に続いてデザインが新しくなった百貨店「三越」の紙袋をご紹介。

現在は同一グループである2大百貨店三越伊勢丹のパッケージ変更が近年相次いで行われており、時代やニーズに合わせた変化と感じます。

創業110周年の境目に変更された幾何学なデザイン

mitukosi2

(画像:https://www.fashionsnap.com https://www.oricon.co.jpより引用)

左の水色・紺・ピンクの3色を使った紙袋が旧デザイン、右の不思議な幾何学模様の紙袋が新デザインです。

1957年から使用されてきたショップバッグが2014年の4月にリニューアル。

三越は1904年に「デパートメント・ストア宣言」を行ってから2014年で110周年となり、

「あらためて未来へと向かう」をコンセプトに「伝統と革新の先で実る自由のシンボル」として57年ぶりに紙袋をリニューアルされました。

 

mitukosi1

(画像:https://www.g-mark.orgより引用)

呉服店として始まった三越は原点回帰として「日本の染と織」に着目し、友禅染めの作家であり重要無形文化財、いわゆる「人間国宝」の森口邦彦氏に新しい紙袋のデザインを依頼。

森口氏が着物向けにデザインした「白地位相割付文 実り(しろじいそうわりつけもん みのり)」を、紙袋用にデザインを見直し染め上げたそうです。

bag_03

(画像:https://www.fashion-press.netより引用)

赤と黒の幾何学模様は、たわわに実るりんごを表現されたとのこと。

グッドデザイン賞を受賞したこのショップバッグは、三越の新たな看板として愛され続けるといいですね。

人気が高い、三越の包装紙

140227-mitsukoshi-003-thumb-552x480-81227

(画像:www.wwdjapan.com より引用)

また、現在も人気が高い三越で使用されている、商品を包む梱包紙は今後も使用されていくそうです。

この梱包紙は猪熊弦一郎氏によるデザインで、波に洗われる石をみて思いついたと言われています。

出来上がったデザインを受け取り、三越のロゴを入れたのは、当時三越の宣伝部に所属していたあの「アンパンマン」作者のやなせたかし氏だとか。

mitukoshiex

(画像:http://www.miguide.jp/japansensesより引用)

そんな著名人の手から生まれた「華ひらく」と呼ばれるこの梱包紙は、グッズ展開もされています。

mitukosi4

(画像:https://www.imhds.co.jpより引用)

タオルやハンカチなどにグッズ化している「華ひらく」

新しいショップバッグの「実り」のデザインもこのように様々な物に展開されるといいですね。

 

おすすめの記事

col69-1

バレンタインを彩る、素敵なパッケージ特集

1月が過ぎ去って2月に入りました。2月といえば、あの有名なイベント「バレンタイン」!毎年のことながら、1月を半分もすぎると「バレンタイン」で盛り上がってきますよね。 有名な百貨店では各店、毎年バレンタインフェアが開催され …

col-34-1

ひと味違うオリジナル紙袋にしたいときにおすすめな、紙袋の特殊加工

オリジナル紙袋は、どんなものでも世界でひとつだけの特別なものです。 しかし、ユーザーにとっての「特別感」を出すのは簡単ではありません。いくら思い入れを持って作った紙袋であっても、日常的にいろいろな種類の紙袋を手にする方に …

col-37-1

【こんなデザインにしたい!その1】ヴィンテージアメリカン風な紙袋を作りたい

独創性のあるオリジナル紙袋は、持ち歩く人にとって夢のある世界です。 好みにマッチしたデザインや、一見して紙袋とは信じがたい意表をつくデザインが、購買意欲や人に見せたくなる衝動を煽ります。今回は、ひとつの例としてヴィンテー …