コラム | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

ベリービーバッグで作れる小さい紙袋サイズと人気の使い所をご紹介!

 
カテゴリ:
col52-1

ベリービーバッグでは様々なサイズのオリジナル紙袋を制作することが可能なので、ご希望や使用意図に応じ、かわいくておしゃれなバッグをお作りいただくことができます。ギフトの世界を中心に、広がりを見せる小さな紙袋の世界。ここでは、そんな小さい紙バッグの魅力についてご紹介していきます。

ベリービーバッグで作れる、最も小さい規定サイズの「ジュエリーサイズ」

まずは、ベリービーバッグで作ることができる、小さいサイズの紙袋を見てみましょう。

col52-2

規定サイズで作るなら、最少は「ジュエリーサイズ」

ベリービーバッグの規定で作れる最も小さいサイズの紙袋は、「ジュエリーサイズ」です。その名の通り、とくにジュエリーショップに人気の高い規定サイズです。多くの女性が共感できると思いますが、自分のお気に入りのジュエリーを購入した際、美しいボックスやショップバッグにジュエリーが丁寧に包まれていくのを見ていると、とても特別な気分になりますよね。

サイズは、高さが160mmで幅が150mm、奥行きが100mmとなっています。150mmといえば、文庫本の高さくらいで、100mmはハガキの横の長さ程度。手のひらにピッタリ収まるくらいのサイズの紙袋で、まさしくジュエリーを入れるために適したバッグといえるでしょう。ジュエリー以外にも時計やコスメショップにも人気です。

 

オリジナルサイズであれば、さらに小さいサイズを作ることも可能

フルオーダーであれば、先ほどご紹介したジュエリーサイズより小さな紙袋を作ることもできます。例えば、お店のイベントやお祝いに合わせて、来店されたお客様にプチギフトを手渡したいとき、ギフト内容に応じたミニサイズの紙袋でプレゼントすれば、お客様の笑顔が見られること間違いなしです。オリジナルのおしゃれな紙袋を用意しておくことで、ちょっとしたギフトにも華を添えることができますね。フルオーダーの紙袋は最小ロット500枚からご注文いただけます。使用目的やイメージに合わせて、効率的に小さな紙袋を作るお手伝いも致しますので、お気軽にご相談くださいね。

こんなシーンで人気の、小さい紙袋

ここでは、様々なシーンで人気がある小さい紙袋について、紙袋の中に入れるアイテム別にご紹介したいと思います。

col52-3

ジュエリー/時計

小さな紙袋に入れるアイテムとして多いのは、やはりジュエリーや時計。お気に入りのアイテムを購入し、それらの雰囲気に似合った紙袋が用意されているととても贅沢な気分になりますし、忘れられない思い出となるでしょう。

ジュエリーや時計といった高級品を入れるのであれば、紙袋も高級感のあるものに仕上げなければなりません。「高級感」と一言でいってもそれをデザインするとなると様々なポイントでの注意が必要です。ロゴを箔押しにしたり、紙の素材を高級にしたり。ハンドル部分の素材や全体の色味、表面の加工によっても「高級感」というものは左右されます。

 

col52-4

お菓子

ギフトとしての人気が高いのが、お菓子です。甘くて華やかな雰囲気を持つお菓子は、例え少量であったとしても、もらった人を特別な気持ちにさせてくれます。お菓子のイメージを壊すことなく、華やかさを一層引き立てるような紙袋デザインがおすすめです。その特性上、ジュエリーサイズよりも小さくなることもよくありますが、小さいからこそ出せる存在感をうまく利用して、紙袋を受け取った人が、幸せになるようなデザインを目指したいですね。

 

col52-5

コスメ

ルージュやグロス、ネイルなど、コスメには小さいながらも女性の心を晴れやかに、そして特別に作り変える不思議な魅力があります。自分へのご褒美に、大切な友達に、コスメをギフトとして選ぶ人は大変多く、それらを包む紙袋の重要性も軽視することはできません。紙袋に入れるコスメを、高級なものとするのか、かわいいものとするのか、はたまた、女性の肌への優しさを訴求したいのか、コスメのブランディングは実に多様で、それがそのまま紙袋のデザインにも反映されるでしょう。女性にとっての特別なアイテムを効果的に彩るために、紙袋のデザインにもこだわりぬきたいものです。

 

col52-6

文具

近年、その世界観の広がりに注目が集まり続けているのが文具です。老若男女を問わず、文具にこだわりを持って愛用している人は少なくありません。そうした背景から、ギフトとしての需要も高く、街中にもこだわりの文具屋さんが散見されます。小物ながらも、多種多様な特徴を持ち、様々な形をしている文具。その魅力を引き立てるための紙袋には、どのようなデザインが最適なのでしょうか。文具に秘められたこだわりやおしゃれなデザインに負けることのない、理想的な紙袋を作り出したいものですね。

小さい紙袋は様々な面で大活躍

小さな紙袋は紙袋としての用途だけではなく、アレンジを加えた様々な使い道があります。外出時に大きな鞄と小さな紙袋を持てば、荷物を分けることができるバック代わりになります。また、デザイン性のある紙袋であれば、ディスプレイ収納やインテリアとして使用することもできます。

ベリービーバッグでは、大きなサイズから小さなものまで、多種多様な紙袋の制作が可能です。友人や恋人へのプレゼント、自分へのご褒美に世界にひとつだけの紙袋を作ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事

col68-1

手軽なのによりオリジナル性が出せる!「底ボール」デザイン

みなさんは「底ボール」という言葉に聞き覚えはありでしょうか?紙袋に興味のある方は聞いたことがあるかもしれませんが、大半の方は聞いたことがないんじゃないかと思います。 「底ボール」は、紙袋の仕様のひとつです。 前回のコラム …

col-51-1

特大サイズの紙袋を作るとき、注意したいことは?

好きなサイズにカスタマイズできることは、オリジナル紙袋の大きな利点の1つです。とくにアパレルや雑貨商材を扱うお店では、コートやブーツなどかさばるアイテムを購入するお客様はたくさんおられることでしょう。そんな時に大きいサイ …

image01

ハイブランドの紙袋はステイタス?紙袋目当ての買い物、紙袋を買う女子が意外に多い!

無地の薄い素材でできた紙袋は捨ててしまっても、高級感のあるショップの紙袋や、お気に入りのブランドの紙袋はとっておくという方も多いのではないでしょうか。好きなブランドのロゴが入った紙袋は、そのブランドの商品と同じように魅力 …