ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

『デザインのひきだし41』は、製本のことが丸わかりな一冊!

 

こんにちは。

お気に入りの雑誌ってありますか?

本屋でたくさんの雑誌が並んでるコーナーってカラフルでわくわくしますよね。

お気に入りの雑誌をチェックするのが毎月の楽しみ!という人は多いんじゃないでしょうか。

私も本屋に行くと、雑誌コーナーは必ずチェックします。

今回は、そんなおすすめの雑誌のひとつ、『デザインのひきだし』をご紹介します。

 

『デザインのひきだし』は、デザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌で年3回発行されています。

「こんな紙を使いたい」「こんな印刷をしたい」を実験してみた見本帳のような内容は

毎回「こんなことができるんだ!」と感じる驚きのものとなっています。

『デザインのひきだし41』は、製本大図鑑。

写真と図解でしくみも、発注先もよくわかる製本特集です。

 

デザインのひきだしは毎回テーマに沿った、こだわりまくりの表紙なのですが

今回もまた本の中で紹介されている技工が盛り込まれた表紙になっています。

 

存在感のあるタイトルは「テープスタンピング」という技術を使ったとのことで、

盛り上がり、箔押しもありつつグラデーションで「どうなっているんだ?」という感じです。

 

本来なら断裁されているところがあえて残されていたり、、、

まさに実験誌というビジュアルですね。

 

定番の製本についてもしっかり紹介されていますが、なかにはデザイナーが考えて

実験してみたという変わった製本も紹介されています。

イマジネーションが広がるのも、デザインのひきだしの魅力的なポイントです。

 

本の中にはこんな感じで、さまざまな実物サンプルが散りばめられています。

やはり実物を見るとわくわくが違いますね!

 

『デザインのひきだし』は毎回付録も豪華で、本誌以上に分厚いことも。

今回は製本の実物サンプル6種類が付録だったので、かなりの厚みです。

本でもかなり詳しく紹介されているのですが、実物を見ながらだとより理解が深まりますね。

 

そして、もうひとつの付録はドラえもんの豪華愛蔵版セット「100年ドラえもん」が

できるまでの別冊特集!

「100年ドラえもん」の魅力はもちろん、制作関係者の座談会や、制作現場でのアレコレまで

見れる盛りだくさんな内容でした。

 

内容が濃すぎて紹介しきれませんが、製本に興味がある、いや、本好きにはぜひ見てほしい

一冊です。本屋に行った際には『デザインのひきだし』もチェックしてほしいなと思います!

 

おすすめの記事