WEBマガジン | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

「ワンカラーポリバッグ」おすすめの使いどころは?

 
カテゴリ:

ショップバッグといえば、どんな袋を思い浮かべますか?

よく使われる紙袋のほかにも、不織布やポリバッグ、布バッグなど、いろいろな素材で作られるショップバッグ。

素材によってショップバッグの印象やデザインはがらっと変わりますが、かかるコストなどの条件も、それぞれ違います。

袋に入れる商品に合ったものか?作りたいデザインで注文できるものか?や、コストや保管場所など、優先したい条件によって、素材を選ぶと納得いくショッパーづくりにつながります。

今回は、「ワンカラーポリバッグ」のおすすめポイントと使いどころをご紹介します!

 

「ワンカラーポリバッグ」って、どんなショップバッグ?

ワンカラーポリバッグは、ポリエチレン製のショップバッグです。

袋の色はホワイトとブラック2種類があり、ショップのロゴや好きなイラスト、メッセージなどを1色印刷でデザインできます。

プリントできる範囲は結構広いので、オシャレに小さくロゴを入れるもよし、思い切り大きくロゴを入れても、イラストを散りばめてもよし。

範囲内なら自由にプリントできるポリバッグ

箔押しだと規定を超えるサイズだとそのぶんお値段が上がりますが、ワンカラーポリバッグはプリントなので、その心配はいりません。

 

ポリバッグのメリットは、コンパクトに折りたためて持ち歩いても邪魔にならないことや、収納スペースも小さくて済むところ。

劣化しづらいので、多めに頼んでも安心!

さらに、たくさん注文するほど1つあたりの単価は下がるので、大量発注向きのショップバッグです。

 

こんなときにおすすめ!強みを生かした使いどころ

アパレル店で使いやすいポリバッグ

アパレル・飲食店などのショップバッグに

軽い商品なら、「かさばらない」というポリバッグのメリットを存分に活かせます。

小さく折りたたんでかばんにしまうことができ、快適にお買い物できます。

劣化しづらく保管もしやすいので、持ち帰ってからのリユースにも向きます。小さめの店舗でも場所をとらず収納できる点も優秀。

 

持ち歩きしやすくイベント向きなポリバッグ

イベントの資料を入れる袋にぴったり!

「持ち歩きやすい」メリットは、イベントで重宝します。

A4資料が多くなりそうな企業イベントには、A4サイズのポリ袋がおすすめ!

展示会やショップイベントなど、すべてのイベントで活躍するポテンシャルがポリバッグにはあります。

 

セール限定ショッパーに便利なポリバッグ

セールなどの限定バッグとしても!

イベントのある季節や、ショップのアニバーサリーなど、特別な期間に期間限定のパッケージやショッパーを作るところは多いです。

実際、その期間限定ショッパーのためにお買い物をするお客様も多いですよね。

紙袋や不織布で期間限定ショッパーを作ってもいいですが、コストや収納が気になる…という場合におすすめなのが、ポリバッグ。

紙袋より割安なのと、収納場所をとらない、さらに劣化しづらいのがおすすめする理由です。

セール期間限定のショッパーとかいいかもしれませんね!

 

紙袋、不織布、ポリバッグ、それぞれのショッパーには特性や強みがあります。

それぞれのメリットを知り、有効に組み合わせたり活用すれば、さらに充実したオリジナルパッケージができます!

このウェブマガジンでも、「こんなときにおすすめ!」や「こんな使い方あるよ!」といった情報をお伝えできればと思います。

 

オリジナルで作れるワンカラーポリバッグ

おすすめの記事

サイズやカラーバリエーションのあるオリジナル紙袋はメリットだらけ!

オリジナル紙袋を作るときに考えておきたいことのひとつが、バリエーションです。デザインはそのままにサイズを変えたりカラーバリエーションを2種類作ったりすることで、使い勝手が更に良くなります。では、実際にバリエーションを増や …

手軽なのによりオリジナル性が出せる!「底ボール」デザイン

みなさんは「底ボール」という言葉に聞き覚えはありでしょうか?紙袋に興味のある方は聞いたことがあるかもしれませんが、大半の方は聞いたことがないんじゃないかと思います。 「底ボール」は、紙袋の仕様のひとつです。 前回のコラム …

紙袋は個人で作る時代へ。子どもの思い出に残る、イベント用オリジナル紙袋

紙袋といえば、お店やブランドのもの…と考えられがちです。確かに以前は多くの枚数からしか紙袋を作ることができませんでした。しかし、最近では少ない枚数から作れる紙袋も増えてきており、紙袋に対する個人の需要も高まっています。ち …