ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

“春”を感じる、パッケージ特集!

 

みなさんは、どんなことで“春”を感じるでしょうか?

定番のお花見やウグイスの声や、春の味覚とされる食べものなど、春を感じる風物詩は

たくさんありますが、季節やイベントごとに変わるパッケージのデザインもそのひとつ。

今回は、そんな春を感じるさまざまなパッケージをご紹介したいと思います。

 

春らしいカラフルなお花の紙袋

(yuka-shiramoto.jimdo.comより引用)

「花で彩る毎日の暮らし」をテーマにした紙袋。

カラフルなかすみ草の大きなイメージと、パステルカラーの文字の組み合わせが

春らしいデザインですね。

持ち歩くだけでうきうきした気分になれる紙袋です。

 

ハンドルや底と連動した仕掛けが楽しい紙袋

(www.jins.comより引用)

クリスマスやお正月などのイベントや、季節ごとにデザイン展開しているこの紙袋。

春のショッパーは、花をつけた枝に止まるウグイス。

ハンドルが枝のイラストと連動していたり、紙袋の底を折りたたむとまた別のデザインに

なったりと、仕掛けを発見すると嬉しくなるデザインですね。

 

情景が思い浮かぶ、春の湖畔が描かれたパッケージ

(fashion-headline.com/article/13980より引用)

桜が満開になった湖でボート遊びをする、どこかレトロなイラストのパッケージ。

パステルピンクと水色も春らしく、その場の雰囲気が伝わってくるようなデザインです。

 

春の花のイラスト、柄とリボンの組み合わせが素敵なパッケージ

(www.mary.co.jpより引用)

洋書の挿絵のようなお花のイラストに、今っぽい柄の組み合わせがオシャレなパッケージ。

お店のブランドカラーである鮮やかな青いリボンを合わせると爽やかさも感じます。

春のギフトにぴったりなデザインのパッケージですね。

 

今年の春限定デザインは、軽やかな桜

このカフェのパッケージは頻繁に期間限定のデザイン展開をしているので、気がついたらデザインが変わっています。

春は毎回桜を使ったデザインなので、ここの紙袋が桜のデザインに変わると春が来たと感じます。

同じ桜でも、その年によってテイストはさまざま。今回は軽やかな雰囲気の桜です。

年によって違うデザインを集めてみてみたら面白そうですね。

 

今回ご紹介したのはごく一部ですが、パッケージも季節ごとによってデザインを変えるお店が多いので、季節の風物詩として注目するのもおすすめです!

 

 

おすすめの記事

ホワイトデーもギフト用パッケージに要注目!

2月にはバレンタインがありましたが、3月にはそのお返しのイベントとして「ホワイトデー」がありますね。 英語なので世界共通と思いきや、実は日本が始めた比較的新しい習慣なのは、ご存知でしょうか。1978年に全国飴菓子工業共同 …

いろいろな紙袋のリニューアルについて その1

企業やお店のブランディングの重要な要素のひとつである紙袋。とくに有名ブランドのオリジナル紙袋は、ブランドイメージをより高めるものだけあって、細部までこだわって作られています。 そんなこだわりの紙袋をリニューアルするのは既 …

一輪のバラの花

母の日ギフト 2020年のおすすめパッケージ

こんにちは。 今年もゴールデンウィークが終わってすぐ「母の日」がやってきます。 日々お世話になっている母への感謝を伝えるイベントです。   現在、感染症の流行で外出や人と会う予定などを控えていると思います。 離 …