毎年発表される流行色。2020年は「クラシックブルー」

カテゴリー
毎年発表される流行色。2020年は「クラシックブルー」のイメージ

パントン社が2020年の流行色を発表!

みなさん、「流行色」って興味ありますか?

毎年トレンドとなる色をアメリカのパントン社(色見本などの商品を展開する会社)が「カラー・オブ・ザ・イヤー」として発表するのですが、今年発表されたのは、『クラシック・ブルー』。

PANTONE色見本帳でいうと、「19-4052」の色です。

PANTONEのサイトは「こちら」

※上のサイトは英語なので、翻訳版をみたいという方は「こちら」

『クラシック・ブルー』について、夕暮れの空を連想させ、安心感をもたらす色、と紹介されています。

落ち着いたトーンのこの青みは、空間に存在することで安心感を生み出してくれそうですね。

さっそく流行色を使って、紙袋をデザインしてみました!

image2

濃すぎず薄すぎずなトーンのクラシックブルーは、落ち着いたデザインにぴったりです。

静かな印象が強い色ですね。 今回は静かな宇宙をイメージし、幾何学なロゴをいれてみましたが、高級感のあるデザインや、スポーティーなデザインにも合う、対応力のあるカラーだと思います。2020年東京オリンピックの大会エンブレムの藍色も連想されます。

このクラシックブルーに一色をプラスしてみた紙袋イメージも作ってみました。

image3

ピンク系統のカラーをプラスしてみると、公式サイトにも記載がある夕暮れ空のイメージが強くなりましたね。

私はこのカラーのグラデーションがとても好みで、使われている製品や作品を見ると目にとまります。

あまり身に着けないネックレスを衝動買いした時もこんな感じのトーンでした(笑)

2020の色「クラシックブルー」様々な所でいい効果をもたらす色だと思います。

皆様も是非、デザインに取り込んでみては。

おすすめの記事

  1. 【こんなデザインにしたい!その1】ヴィンテージアメリカン風な紙袋を作りたい

    独創性のあるオリジナル紙袋は、持ち歩く人にとって夢のある世界です。 好みにマッチしたデザインや、一見して紙袋とは信じがたい意表をつくデザインが、購買意欲や人に見せたくなる衝動を煽ります。今回は、ひとつの例としてヴィンテー […]

    【こんなデザインにしたい!その1】ヴィンテージアメリカン風な紙袋を作りたいを読む
  2. オリジナル紙袋づくりに活用できる、「印刷」の基礎知識

    オリジナル紙袋を作る方法は、ひとつではありません。簡易的なものでは自分でスタンプを押したり印刷をするものから、プロの印刷会社に頼んだりと、様々な方法があるでしょう。さらに、「印刷会社に頼む」という方法のなかにも、いくつも […]

    オリジナル紙袋づくりに活用できる、「印刷」の基礎知識を読む
  3. コストカットを重視した仕様でも 一味ちがった手提げ袋になるデザインとは?

    ショップの紙袋や手提げ袋を作成するときに、避けては通れない問題が「コスト」です。新規開店のショップの手提げ袋や、イベントで使う紙袋など、おしゃれなバッグを作りたいけれど、コストはあまりかけられないという場合が多いのではな […]

    コストカットを重視した仕様でも 一味ちがった手提げ袋になるデザインとは?を読む