ブランドラインによって違う!紙袋コレクション

カテゴリー
ブランドラインによって違う!紙袋コレクションのイメージ

人気ブランドはさまざまなブランドラインを展開していることが多いですよね。

メインラインと比べて価格帯を下げたセカンドラインは有名ですが、他にもアクセサリー、コスメ、ベビー用品など製品によってブランドラインを展開することもあります。

ブランドそのものの価値を高めるため、メインブランドだけにしぼるという方針のハイブランドもありますが、さまざまなブランドラインを持つブランドで買い物をする場合、「ブランドラインごとに違うショッパーをコレクションできる」という楽しみがあります。

今回は、そんなブランドラインごとに違うショッパーを見ていきたいと思います。

 

メインラインで使われている紙袋

109-2

有名なハイブランドのメインラインで使われているショッパーがこちら。

白色と黒色があります。

最近では白色のほうが見かけることが多いので、黒色はもしかしたら前に使われていた紙袋なのかもしれません。

109-3

白色、黒色ともにくっきりときれいにみえるエンボス加工が紙袋全体にされており、いかにもハイブランドといった仕様です。

どちらもシンプルにロゴが入ったデザインが王道という感じですね。

こうした佇まいは、ブランドのメインラインのショッパーらしい紙袋といえるでしょう。

 

コスメラインで使われている紙袋

109-4

ブラック1色に光沢感のあるグロスPP加工が加わり、なんともモードな雰囲気のショッパー。

ファッションショーなど華やかな場で活躍するメイクアップアーティストが使うアイテムをモチーフに展開するコスメライン、だそうですが、まさにそんなイメージが伝わってきます。

 

ロゴはシルバーの艶があり、なおかつ浮き出し加工されています。

デザイン自体はシンプルなので、ぎらぎらした仕様なわりに上品で華やかです。

メインラインの紙袋とはまるで違った顔のショッパーですね。

 

ベビー用品のブランドラインで使われている紙袋

109-5

メインラインで使われている白いショッパーとほぼ同じ仕様の紙袋です。

ベビー用品のブランドラインだからといって、安易にかわいいショッパーにしたいところにハイブランドの矜持を感じます。

ベビー用品とはいえ価格帯はかなり高級なので、こういう凛とした紙袋のほうが商品イメージと合うのかもしれません。

 

ロゴのカラーは濃いめのグレー。

やはり安易にパステルカラーにすることはありません。

が、各文字の高さを変えてリズムを作っているところなど、フォントからはそこはかとなく可愛らしさを感じます。

 

同じブランドでも、ブランドラインによってはまったく違うデザイン・仕様のショッパーを使っているんですね。

今回は3つのブランドラインのショッパーをご紹介してみましたが、この他のブランドラインのショッパーや、クリスマスなどのホリデーバージョンなどでも紙袋の違いを楽しめます。

今後も別ブランドのショッパー展開がどうなっているのか?をご紹介していきたいなと思います!

みなさまも、ショッパーの違いにも注目してみてくださいね。

 

おすすめの記事

  1. 【こんなデザインにしたい!その1】ヴィンテージアメリカン風な紙袋を作りたい

    独創性のあるオリジナル紙袋は、持ち歩く人にとって夢のある世界です。 好みにマッチしたデザインや、一見して紙袋とは信じがたい意表をつくデザインが、購買意欲や人に見せたくなる衝動を煽ります。今回は、ひとつの例としてヴィンテー […]

    【こんなデザインにしたい!その1】ヴィンテージアメリカン風な紙袋を作りたいを読む
  2. 海外で人気のSNS! Pinterestのススメ

    こんにちは。気温が徐々に上がってきており、今年も夏に向かっているんだなぁと感じる気候ですね。 夏物の準備は出来ていますか?私はかなりずぼらな方で、本格的に暑くなったら慌てて半袖を引っ張り出しています… そんな夏用のファッ […]

    海外で人気のSNS! Pinterestのススメを読む
  3. 昔懐かしくて愛おしい、文具ギフトバッグ

    こどもの頃のことって普段は思い出す機会はあまりないですが、それを思い起こすようなものをふとした時に目にすると嬉しくなることってあるでしょうか。 たとえば、こどもの頃に使っていた・見たことのある文具。 年々改良されていった […]

    昔懐かしくて愛おしい、文具ギフトバッグを読む