WEBマガジン | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

これからお店をオープンさせる人向けに伝えたいこと

 
col107_1

突然ですが、「お店を開く」ことに興味はあるでしょうか?

自分のお店をオープンさせるという夢は、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

いざ「お店をオープンさせよう!」となると、自分の理想に近い物件探しや、開くお店によって必要な資格の取得、届け出の提出など、大変な準備がたくさんありますよね。

 

やることが多すぎて、つい後回しにしがちなことの1つが『梱包資材やラッピング用品の準備』なのではないかと思います。

しかもこの梱包・ラッピング資材の調達は思った以上に時間がかかったり、1つのお店で注文するのが難しかったり…と、なかなか骨が折れます。

「前から分かっていれば、もっとスムーズに準備できたのに…」と、必要になってから困らないように、今回はお店をオープンする時におすすめしたい、梱包・ラッピング資材についてお伝えしていきたいと思います。

 

まず用意しておきたい『オリジナル紙袋』

col107_2

商品をお客さまに持ち帰っていただくために必要な『紙袋』。

開店前にまずそろえておきたいものの1つです。商品によっては、箱も必要になってきますね。

 

紙袋や箱は無地のもの(最近は既製のものでも柄物を選べることも増えてきました)を包装資材屋などでそろえている方もいるでしょう。

「お店のオープンまでにどうしても時間が足りない!」といった場合はそういう方法もありますが、やはりオリジナルロゴが入ったものとそうでないものとでは、まったく違います。

 

せっかく用意するのなら、オリジナルで紙袋や箱を作ることをおすすめします。

紙袋はこだわり仕様で作る場合、2カ月近くかかりますが、ロゴだけ箔押し(ホットスタンプのような方法です)するタイプであれば、10日ほどで作ることができます。

オープン直前で慌てないためにも、製造期間の目安を知って計画を立てたいところですね。

 

ギフト用に!おすすめな資材

col107-3

シールやリボン、不織布のギフトバッグなどはギフト用にそろえておきたい資材です。

 

紙袋の口をとじるオリジナルシールは、特におすすめです。

それほどコストをかけなくてもお店の印象をアップさせることができます。思い出してみてください。人気のお店の紙袋の口はたいてい、オリジナルシールで留められています。

 

ギフトで活躍するリボンは無地でも素敵ですが、オリジナルロゴやお店の名前を印字したオリジナルリボンも魅力的です。

不織布でできたギフトバッグは、プレゼントやイベントの時におすすめ。ギフトで贈られる商品(アクセサリーなど)のお店なら、準備しておきたい資材です。

 

シール・リボン・ギフトバッグは、紙袋や箱ほど「準備しておかなきゃ」と意識できない資材なうえ、一括で同じ店でそろえるのが難しいところがネックです。

しかし、ベリービーバッグではいずれも取り扱いがあるので、紙袋や箱と同時に注文することもできます。

デザインテイストをそろえて一括で注文できれば手間も少ないし、安心ですね。

 

名刺・ショップカードなどのカード類は?

col107-4

名刺やショップカード、メッセージカード、スタンプカード…さまざまな種類があるカード類も準備しておきたいところです。オリジナルで作るのならば、そのショップらしさを感じられるものにしたいですね。

ただ、紙袋や包装資材と比べると製造期間は数日。(費用をかければ1日でできる場合も)

なので、資材の中では後回しにしてもよさそうです。

 

ネットショップに断トツでおすすめ!『宅配袋』

col107-5

最近では、実店舗をオープンさせるよりは少ないコストで運営できるネットショップの開業も人気です。

ネットショップでは、お店のスタッフの顔が見えないからこそ、商品の梱包・ラッピングがお店の顔となるといっても過言ではないでしょう。

それほど需要な要素であるから、包装資材にはこだわりたいですね。

 

ネットショップでおすすめなのは、なんといっても『宅配袋』です。

なんの変哲もない袋で送られてくるのと、オリジナル宅配袋で商品が届くのとではまるで違います。

さきほどご紹介したオリジナルシールで口を留めるとより印象がアップすることでしょう。

col107-6

ベリービーバッグでも宅配袋の注文は年々増えてきました。

また、ネットショップから紙袋のご注文をいただくことも増えています。

というと、「宅配袋ではなく紙袋を注文するの?」と意外に思われるかもしれませんね。どう使われるのかというと、お客さまがネットショップで購入した商品をギフトとして渡すときに使うので、商品とセットで紙袋を送るのだそうです。

たしかに、せっかく贈り物をするのならば、きれいな紙袋で渡したいもの。

ギフトをネットで購入する場合は、ラッピング資材や紙袋と合わせて購入できると嬉しいですね。

 

梱包資材といえば、なんとなく「紙袋があればいいか」と思いがちですが、最初から具体的にイメージするのも難しいですよね。

お店の構想が固まっていくにつれ、段階的に必要なものが増え、結果準備に手間取るのではないでしょうか。

そんなお店づくりの準備に、今回ご紹介した情報を役立てていただければ幸いです。

 

ベリービーバッグでは、今回ご紹介した資材を取り扱っていますので、東京・大阪にあるショールームで制作実績や素材を直接ご確認いただくことができます。

ショールームには紙袋デザイナーがいるので、資材についてご相談いただくことももちろん可能!

気になる方は、ぜひご相談くださいね。

 

おすすめの記事

col87-1

父の日のギフトパッケージ特集

こんにちは。 先月は母の日に引き続き、今月の第3日曜日となる6月16日は父の日です。 由来を調べてみると、母の日と同じくアメリカから伝わった風習なんですね。日本では「母の日」の後にできた記念日であったり、母の日でいうカー …

col84-1

「母の日」イベントもギフトのパッケージがあつい!

こんにちは。 元号が新しく改まり、しばらくは新元号フィーバーが続きそうですね。ゴールデンウィークの長期休暇真っ只中ですが、いかがお過ごしでしょうか。お仕事中という方はお疲れ様です。 さて、ギフトを贈るイベントが年々増えて …

102-1

デザインの相談をスムーズにするための「準備」とは?

こんにちは。 当コラムを読んでいただいている方は、紙袋やパッケージを作りたい、もしくは興味がある、という方が多いんじゃないかなと思います。自分でデザインできる方も中にはいらっしゃるかと思いますが、「自分でデザインできない …

お気軽にご相談ください!