WEBマガジン | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

オリジナル紙袋をより魅力的にみせる『チャーム』特集

 
カテゴリ:

こんにちは。

普段はおもに紙袋をご紹介していますが、今回は『チャーム』について、いろいろなデザインのものをご紹介していきたいと思います。

まず『チャーム』についてですが、ここでいうチャームとは、紙袋につけられているさまざまな飾りのことをいいます。

ハンドルや底ボールといった紙袋に必須の仕様とは違って、なくてもよいオプションの仕様ではありますが、だからこそこだわったデザインが多いのが『チャーム』です。

文章ではいまいちイメージできないかもしれないので、さっそく画像でご紹介しますね!

定番!紐で結ぶタイプの『チャーム』

96-2

「紙袋のチャーム」と聞いてまず思い浮かぶのが、この紐のついたチャームではないでしょうか。

チャームの穴に通した紐を、紙袋のハンドルに結ぶタイプは一番メジャーな形です。

96-3

チャームの素材は紙が使われることが多いですが、中には革やソフトビニールなど、異素材を使ったものも。紙袋と素材が違うと、「わざわざ作った」感じがより伝わりますね。

96-4

円形や四角のほかにも、こんな星型もできます!

この画像のチャームはシルバーな上にエンボスもかかっていて、特別感がすごいですね。

チャームは開くことができ、そこにメッセージが小さく書いてあるところがギフトに嬉しい仕様ですね。

96-5

このチャームは紙袋に合わせてシンプルなデザインです。

ハンドルに結ぶリボンはグログランテープで、ロゴが印字されているのがポイントです。

全体的に雰囲気が統一されていると、シンプルでも高級感が伝わります。

 

ハンドルに直接とりつけるタイプのチャーム

96-6

紐でつけるものの他にも、ハンドルの太さに合わせたサイズの穴をチャームに開け、直接つけるものもあります。とりつける紐がいらないので、そのぶんコストを削れるのがメリット。

こんな感じで直接つけるタイプのチャームはすっきりしているので「格好良さ」も感じますね。

シンプルにしたい場合は、こちらのタイプのチャームがおすすめです。

96-7

同じ「直接つける」タイプではありますが、少し趣が違うものがこちら。

リボンを挟む様子は帯留めのようにも見えます。紙厚が厚く、ロゴにUV加工のようなものもされていて、ものすごく高級感があります。

一見『チャーム』に見えて実は違う!チャーム風印刷

96-8

「チャームをつけたいけど、コスト的に厳しい…」という場合におすすめなのが、『チャーム風印刷』です。画像の紙袋には一見、チャームが付いていそうに見えますが、実はどちらも印刷です。

とくに右の画像の紙袋は、印刷面積も小さいので比較的お安く作ることができます。

受け取るお客様からは「工夫されたデザイン」と思ってもらえるので、「本物のチャームを作れなかった…」とネガティブに考える必要はまったくありません。

 

番外編!これはチャームなのか?

96-9

紙袋の一角にそっと添えられたタグ。これもチャームの一種です。

紙袋というよりは、まるで高級な鞄のような佇まいを感じる加工ですね。

このように一部を紹介しただけでも、色々な種類のチャームがあることをお伝えできたかと思います。

チャームの裾野は広いので、実にさまざまなデザインが存在します。

 

いかがでしたか?どれもこだわりのデザインですね。

見てみると周年を記念するものであったり、イベントで使われるものであったりと、力を入れるのも納得です。そうした特別な時についているイメージがあるからか、つけられているだけで「特別」と思わせる力がチャームにはあります。

力を入れて作られているものだけあって、見るだけでも楽しめますよ。

 

おすすめの記事

最も安い価格でシミュレーション!オリジナル紙袋づくり

オリジナル紙袋を作るための費用は、「安ければ安いほどありがたい」というのが多くの方の本音でしょう。経費削減は、ショップや企業を運営していくうえで重視しなければならないポイントだからです。そのうえ、オリジナル紙袋は継続的に …

ハイブランドの紙袋はステイタス?紙袋目当ての買い物、紙袋を買う女子が意外に多い!

無地の薄い素材でできた紙袋は捨ててしまっても、高級感のあるショップの紙袋や、お気に入りのブランドの紙袋はとっておくという方も多いのではないでしょうか。好きなブランドのロゴが入った紙袋は、そのブランドの商品と同じように魅力 …

オシャレな組み合わせができる虫のスタンプセット

組み合わせ無限大!な昆虫のスタンプセット「stamp bugs」

いろいろな形をした「スタンプセット」。好きな形・キャラクター・言葉をきれいに、しかも手軽に押せることから、こどもの頃や学生時代に誰もがひとつは持っていたのではないでしょうか。 個人的には小学校の頃の先生が宿題のコメントな …