WEBマガジン | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

海外のオシャレな『パッケージ』をご紹介します

 
col-95-1

こんにちは。

いまはお盆の期間ですので、ふだん会社で働いている方も夏季休暇中でしょうか。

夏休みは楽しんでしますか?なかには海外旅行中の方もいらっしゃるかもしれませんね。

国によって歴史も文化も違うので、建築物やインテリアもまるで違い、海外で観光すると

刺激を受けますよね。

生活に身近な商品パッケージもまた、国によってまったく違うので見どころのひとつです。

col-95-2

弊社の社長もこの夏、海外に行ってきたのですが、その際に日本とは違うさまざまなパッケージを

目にしたようです。今回はヘルシンキのお土産をたくさん買ってきてくれたので、そのパッケージの

紹介をしてみようと思います!

 

・お菓子のパッケージとは思えないカラーリングのパッケージ

col-95-3

白と黒のカラーリングは、トランプを連想させられますが、北欧でメジャーなお菓子「サルミアッキ」のパッケージです。

日本の食品パッケージではなかなか使われない黒色が強いインパクトを放っています。

このサルミアッキというお菓子が黒色なので、メインカラーを黒にしたのかもしれません。

大きい箱の中に、リサイズしたデザインの小さい箱が4つも入っている、お得感満載なパッケージです。

 

・鮮やかな緑が眩しい!サボテンカラーのパッケージ

col-95-4

このパッケージはスウェーデンの伝統的なお菓子「ラケロール」のものです。

味はなんと意外性のある「サボテン味」!

サボテンらしい鮮やかな緑が目をひきつけます。

サボテン味のほかにもさまざまな味があり、パッケージも味ごとに色が違います。

違う色のパッケージを揃えてみたくなるパッケージですね。

 

・赤い斜めボーダーが海外っぽい!

col-95-5

はっきりした鮮やかな赤色と斜めボーダーの柄が海外っぽいオシャレなパッケージ。

かわいい印象なので、海外特有のものすごく甘いお菓子が入っていそう、と予想したのですが、

実際はミント味のさわやかなチョコレートが入っていました。

 

・色違いが楽しい、チョコレートのパッケージ

col-95-6

これもまたかわいい柄と色のパッケージ!

茶色がメインに使われているので、文字の意味がわからなくても、なんとなく「チョコレートかな?」

と推測できます。

茶色と組み合わされた色で、味の種類(たとえばベリー味が紫)がわかります。

鮮やかな色が海外っぽいかわいい印象ですね。

 

・北欧っぽいパターンや色がかわいいパッケージ

col-95-7

左はチョコレート、右はクッキーのパッケージです。

チョコレートは味によって色柄違いのものがあるのですが、どれも北欧らしいパターンが印刷されています。

大人っぽい色と箔押しの文字の組み合わせに高級感を感じます。

クッキーのほうは、日本のお菓子のパッケージではあまり見かけないタイプのピンクが目を引きます。

 

いろいろとパッケージを紹介してきましたが、こんなオシャレなパッケージがどんな感じで売られているのか?ということも気になりますよね?

実際に売られている様子は、こんな感じです。

col-95-8

並んでいるパッケージがかわいいからか、とってもファンシーですね。

日本のものと比べると、強くて鮮やかな色が使われています。

デザインはというと、シンプルめで使われている模様も定番のもの(ストライプやドット)が多いように思います。なので、お店の棚に商品をたくさん並べてもごちゃごちゃせず、統一感があってきれい。

ディスプレイのことも考えてデザインされているんでしょうね。

 

あとは、文化や歴史の違いなのか「思っていた味と違う!」といったことがたびたびありましたが、

これも異文化を楽しむということかもしれません。

こうしたお菓子は現地のスーパーでも購入できますので、お手頃価格でその国らしさを楽しめます。

身近なひとへのお土産としてもおすすめ!

海外へのご旅行の際にはぜひ、パッケージデザインにも注目してみてくださいね。

 

おすすめの記事

col68-1

手軽なのによりオリジナル性が出せる!「底ボール」デザイン

みなさんは「底ボール」という言葉に聞き覚えはありでしょうか?紙袋に興味のある方は聞いたことがあるかもしれませんが、大半の方は聞いたことがないんじゃないかと思います。 「底ボール」は、紙袋の仕様のひとつです。 前回のコラム …

57-1

紙袋の魅力についてのお話

ベリービーバッグデザイナーの芦谷です。 今日は私の経験から紙袋の魅力についてお話しいたします。   私が初めて紙袋作りに関わるきっかけとなったのが、1997年にK-twoという美容室の店販袋 (美容業界ではお店 …

96-1

オリジナル紙袋をより魅力的にみせる『チャーム』特集

こんにちは。 普段はおもに紙袋をご紹介していますが、今回は『チャーム』について、いろいろなデザインのものをご紹介していきたいと思います。 まず『チャーム』についてですが、ここでいうチャームとは、紙袋につけられているさまざ …

お気軽にご相談ください!