ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

いろいろな紙袋のリニューアルについて その3

 
カテゴリ:

「いろいろな紙袋のリニューアルについて」のシリーズでは、第一回・第二回と百貨店の紙袋のリニューアルを取り上げてきました。(画像はhttps://www.fashionsnap.comより引用)

三回目となる今回は海外の高級アパレルブランドの紙袋リニューアルについてご紹介したいと思います。

 伝統的なキーワードでリニューアルされたパッケージ

高級アパレルブランドとご紹介しましたが、そもそもの成り立ちとしては旅行用の鞄を販売していたところからブランドは始まります。

創業当初からの歴史などに関連したキーワードを軸に、2016年にリニューアルを行なっています。

158-exhibition-4

(画像:https://gqjapan.jpより引用)

リニューアルにあたり選ばれた「インペリアル・サフラン」と呼ばれるカラーは、このブランドが長らく付き合いのある自動車メーカーのトランクで使用されていた歴史あるカラーとなっています。

また、リボンに使用されているブルーは、イニシャルの刻印、ラインやラベルを添えて個人向けに商品をカスタマイズする「パーソナライゼーション・サービス」や、創業当初から使われていた包装用リボンとして馴染みのあるカラーとなっています。

機能性も考えられたパッケージデザイン

厚みのある紙とコットンリボンのハンドルは持ち運びの際に型崩れしにくくなっており、折りたたみしやすいフォーマットが採用されるなど使いやすさを想定したリニューアルとなっているようです。

これらのリニューアルにより商品を取り出した後も使い道を得られるパッケージとなっています。

箱の側面や内部にはヌメ革の淡い色合いを用いています。

345731_20161005131146-2_576

パッケージデザインの刷新によりどのような変化が?

61vR+W0P8CL._UY625_

今までのパッケージカラーはシックなブラウンで閉ざされた高級感とでも言いましょうか。

凄まじい高級感を放つとともに簡単には手にできない雰囲気を纏っていました。

ですがリニューアルにより新しくなったパッケージからは明るさや社交的な印象を感じます。

過去を尊重しながらも先進的でモダンな色使いからリニューアルを機にブランドとしてオープンに様々なことに挑戦していくというメッセージを感じます。

2017年には、ストリートブランドとのコラボがファッション業界に衝撃を与えることになりましたが、こういった試みは歴史ある高級ブランドの殻を破ることに繋がっていくのだと思いました。

 

 

 

おすすめの記事

環境配慮の流れはショッピングバッグにも。エコな仕様をご紹介。

最近、耳にすることの多い環境問題といえばプラスチックごみ問題ではないでしょうか。 スーパーの買い物袋やペットボトルなど身近な素材でよく使われているプラスチック。 丈夫で便利な素材ではありますが、丈夫に作られているため自然 …

ハロウィンを盛り上げる!さまざまなパッケージの紹介

こんにちは。もう10月ともなると、来年のカレンダー売り場を見かけたり、クリスマスケーキの予約が始まっていたりと、ふとした周りの変化から1年の終わりを感じますね。 日本には四季があるとはいえ、年々暖かくなってきているので気 …

2019年のクリスマスコフレパッケージに注目してみました!

早いもので、2019年も残すところ約1カ月。 ハロウィンが終わってからはクリスマスを感じることが多くなってきました。 クリスマスのギフトとして人気の高いコフレは、1年でもっとも盛り上がるギフトイベントなだけあって、パッケ …