WEBマガジン | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

「ポリ袋」と「ビニール袋」、よく似ているけれどその違いは?

 
カテゴリ:
col70-1

同じ袋でも紙袋とは違う素材で、違った魅力を持つ「ポリ袋」。

呼び方としては、「ビニール袋」のほうが聞き覚えがありますよね。どちらも見た目はほとんど同じなので、一般的にはとくに区別されずに呼ばれているようです。

実際、個人的にもすべて「ビニール袋」と呼んでいたのですが、調べてみるとそれぞれ素材が違うことがわかりましたので、今回は「ポリ袋」と「ビニール袋」の違いについてお伝えしていきます。

 

「ビニール袋」とは?

「ビニール袋」は、ポリ塩化ビニルで作られた袋のことをいいます。昔はこのポリ塩化ビニルを原料とした袋がほとんどでしたが、より加工がしやすくコストパフォーマンスの高い「ポリ袋」が作られるようになり、現在はあまり使用されていません。

塩化ビニルで作られたものとしては、海やプールに持っていくような透明のビニールバッグや、ファスナーが付いた透明のポーチ、ビニールシートなどがあげられます。

 

「ポリ袋」とは?

「ポリ袋」はポリエチレンやポリプロピレン製の袋のことをいいます。

日常生活でみかけるレジ袋やショップで使われている販売用の袋など、一般的に「ビニール袋」といわれる袋は実はほとんどがポリエチレンやポリプロピレン製の「ポリ袋」です。

しかし、「ビニール袋」のほうが長い歴史を持ち、その呼び方が身近になってしまったので実際は「ポリ袋」であっても「ビニール袋」と呼ばれることが多いのです。

また、ポリ塩化ビニルには低温で燃やすとダイオキシンなどの有害物質が生成されるリスクがありますが、ポリ袋は有害物質を含んでいないため、燃やしても問題ありません。

使う側からするとこうした呼び名はどちらでも構わないように感じますが、こうした成分の違いから区別されています。

 

「ポリ袋」の魅力はどんなところ?

・コストパフォーマンスの良さ

まず「ポリ袋」の最も魅力的なところは、圧倒的な単価の安さです。サイズやデザイン、加工の種類などの仕様によって単価は変動しますが、1枚あたり数円で作ることもできます。

ただ、これは大量注文した場合での単価の安さであり、頼む枚数が少ないほど単価は上がっていくので、オリジナルのポリ袋を作る際は大量発注するのがおすすめです。

 

・保管場所に困らない

軽い素材で作られており、薄いためかさばらないのも「ポリ袋」の魅力のひとつです。大量発注したとしてもコンパクトにまとめられるので保管しやすいというメリットがあります。

 

・軽く柔らかいので持ち運びに便利

軽く柔らかいので折りたたむこともでき、携帯に便利な「ポリ袋」。丈夫なのでリユースにも向いています。

ただ、その素材の軽やかさ・柔らかさから重いものや壊れやすいものを入れるのには向きません。中に入れるものとの相性を考えて選ぶとよいでしょう。

 

・耐水性が高い

水を弾く防水性を備えているので、濡れても乾きやすい「ポリ袋」は雨の日にも問題なく持ち運びができます。

 

これらのメリットに加えて「ポリ袋」は印刷ができるのでデザイン的な自由度は高い袋です。白や黒などのベーシックな地色に印刷してもいいですし、透明な素材で中に入れる商品が見えるデザインにすることもできます。

柔らかく伸びやすい素材なので耐荷性は高くありませんが、商品が軽いもの(たとえばアパレル商品など)であれば、持ち運びや収納のしやすさ、耐水性の高さからとくにおすすめな袋といえます。

おすすめの記事

col-55-1

なぜアメリカのスーパーの買い物袋はビニール袋でなく、紙袋なの?

「Paper or Plastic?」これが何を意味するのか分かるでしょうか? アメリカへ旅行に行ったり、住んだことがある人ならピンとくるかもしれません。これはスーパーのレジでの問いかけです。アメリカの多くのスーパーでは …

お気軽にご相談ください!