コラム | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

荷物としてカウントされないの?飛行機の機内に持ち込める紙袋の魅力!

 
カテゴリ:
col-54-1

飛行機を利用する旅行で気になることのひとつが荷物の量。長時間のフライトともなると機内にあれこれと持ち込んで、なるべくリラックスして過ごしたいと考えるものです。ネックピローにスリッパ、お気に入りの毛布にPCも。特に女性は、乾燥対策にスキンケアグッズを一式揃えておきたい人もいますね。気づいたら持ち込みの規定を超えていたという人も少なくないでしょう。そんな時に役に立つのが紙袋。実は規定の範囲内であれば、紙袋は数に関係なく飛行機の機内に持ち込むことができるのです。今回は、そんな紙袋と飛行機に機内荷物の関係についてご紹介します。

 

飛行機の機内に持ち込める荷物の規定

col-54-2

飛行機を利用する多くの方がご存知の通り、飛行機の機内に持ち込める荷物には規定が設けられています。詳細については覚えていない方も多いと思いますので、ご紹介しておきますね。

機内持ち込みの荷物規定については、航空会社で細かな違いがあります。

JALやANAといった大手の航空会社では、機内に持ち込める手荷物の個数を、手荷物1つとそれとは別の身の回り品(ハンドバッグやカメラなど)の計2つと定めています。

また、手荷物のサイズは、三辺の合計が115cm以内で、かつ各辺が55cm×35cm×20cm以内と決められていて、重さは10kg以内まで持込が可能です。

 

col-54-3

ここまで厳密にサイズが決められているのには理由があり、それは飛行機の収納棚がこのサイズに合わせて作られているからです。このサイズを超えて荷物を持ち込んでしまうと、周囲に置き場所がなくなり搭乗者自身が不便な思いをするからです。

一方で、近年その利用が一般化したLCCと呼ばれる格安航空会社では、大手の航空会社よりもその規定が厳しくなっているところがほとんどです。余分なものを省いて低コストを実現しているのがLCCのため、乗客一人当たりに与えられた機内のスペースにも限りがあります。

そのほか国際線の外資系航空会社では規定内容が異なることも多々あるので、詳細については利用時に別途調べておく必要がありますが、主要な航空会社では、機内持ち込み荷物には、三辺の合計を100〜115cm、重さを7〜10kgの制限を設けているところが多いようです。

 

数に関係なく紙袋の大きさが規定内であれば持ち込み可能

飛行機の機内に持ち込める手荷物の数は「2つ以下」と定めている航空会社がほとんどですが、実際には手荷物検査を受けてから、ゲートの中にあるお土産物ショップで買い物をする人も少なくありません。そのため多くの航空会社が紙袋に入った荷物であれば、規定の手荷物数を超えていても許容していることが多いのです。もちろん、その大きさや重さが規定の範囲内を超えてはいけませんが、手荷物に紙袋をうまく使えば、自分が使用したいアイテムをしっかり機内に持ち込むことができるのです。

 

機内に持ち込めないものを事前にチェック

いくら紙袋に入れていたとしても、機内に持ち込めないものがあります。乗客に危険をおよぼすものはもちろん、意外なものも検査の対象となっています。

col-54-4

・花火や爆発物、発火・引火しやすいもの

当然ですが、機内では火気厳禁です。少しでも発火や引火の恐れがあるものは持ち込み禁止となっていおり、ライターもNGです。手荷物チェックのゲート前には、持ち込み禁止のものを捨てるクリアボックスが置かれていますが、その中にはたくさんのライターが入っていることが多いです。

 

col-54-5

・スプレー缶

肌の乾燥対策などにスプレータイプの化粧品を使う女性が増えています。しかし、ガスを使って噴射するタイプのものは機内持ち込むことはできません。スプレーを発射させるために利用するガスに引火の可能性があること、気圧の変化の関係で爆発する危険性もゼロではないためです。乗客の安全を守る上で持ち込み禁止となっているので、注意が必要です。

 

 

col-54-6

・ナイフやハサミ

お裁縫セットやコスメポーチに小さなハサミを入れている人が多いですが、こちらも機内持ち込みはNGです。お気に入りのものが没収されてしまわないように、手荷物から預ける荷物に移動させておく必要があります。

 

col-54-7

・飲みかけのペットボトル

こちらは近年検査の対象となったものですが、中身がガソリンなどの引火しやすい液体でないかをチェックされます。封が空いていないものは対象外ですが、一度口を開けたものは、手荷物検査の際に分かりやすい位置に出しておく必要があるようです。

 

その他、手荷物検査のゲートをくぐる際には、時計や小銭、鍵といった金属類、それにスマートフォンやPCを事前に準備されたトレーに出しておくようにすると、スムーズにゲートをくぐることができます。出しておく必要のないものは紙袋を効率的に利用するなどして、賢くまとめ、快適な空の旅へと備えたいものですね。

おすすめの記事