コラム | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

紙袋をコレクションする人が増えている!?紙袋の魅力について迫る!

 
カテゴリ:
col-46-1

紙袋をなんとなく捨てられずに保管しているという方は多いのではないでしょうか。オシャレな紙袋は袋として使う以外用途もあり、趣味として集めている方も多くいます。では、どのような紙袋がコレクション品として人気があるのでしょうか?そして集めた紙袋にはどのような使い方があるのでしょうか?今回は思わずコレクションしたくなる、紙袋の魅力をあらためてご紹介しましょう。

紙袋コレクションの鉄板!人気ブランドや限定紙袋

col-46-2

ショップで買い物をしたときや、お土産やプレゼントをもらったときなど、紙袋を手に入れる機会は多いものです。そんなオリジナル紙袋は、コレクション収集の対象として人気があります。

それというのも、近年は印刷技術や加工技術の向上により実に様々なデザインの紙袋が登場してきたため。単に物を入れる袋というだけでなく、見た目もオシャレで可愛いものが増えてきました。

また企業やブランドごとにオリジナルのデザインのため、その種類は星の数ほどといっても過言ではありません。同じメーカーでも季節によってデザインが変わることもあれば、地域によってデザインが異なることもあります。コレクターにとって、紙袋は思わず集めたくなる要素が詰まっているといえるでしょう。

 

では、具体的にどんな紙袋が人気なのでしょうか?

やはり鉄板なのは、人気のファッションブランドやコスメブランドのオリジナル紙袋でしょう。企業の広告塔でもある紙袋は、コレクターにとってそれだけで高い価値があります。

「欲しい」と思われることが多いのは、グッチやプラダ、エルメスやシャネル、ルイ・ヴィトンなど海外のハイブランド。みんなが憧れるブランドは紙袋だけでも価値があり、持っていると自分の価値を高めたり周囲の注目を集めたりできるためです。「オシャレ」「ハイセンス」など、良い印象を周りに与えることができるでしょう。更に人気ブランドの紙袋は丈夫で機能性が高いものが多いことも、人気の理由のひとつです。

またブランドによっては、クリスマスやハロウィンなど季節によってデザインが変わることも。期間限定の紙袋は後から手に入りにくく、更に人気が高まります。コレクションの一部にぜひ加えたいところですね。

 

もちろん、有名なブランド品でなくともオシャレなオリジナル紙袋はかなり人気があります。紙袋業界の技術の向上で、箔押しや浮き出し加工、リボンの持ち手や窓つきなど様々なデザインが実現されるようになりました。他にはないスタイリッシュでオリジナリティの溢れる紙袋は、やはり「手元に置いておきたい」「使ってみたい」と思われるものです。目を引くデザインの紙袋は、ブランドの知名度に関わらず人気があります。

その他、観光地や旅行先、海外の紙袋なども思い出としてコレクションする方が多いようです。つまり、「ブランド価値がある紙袋」「オシャレでデザイン性が高い紙袋」「他では手に入りにくい紙袋」がコレクションとして人気があるといえるでしょう。

リユースはもちろん、人気ショッパーはオークションでも注目商品!

col-46-3

では、集めた紙袋にはどのような用途があるのでしょうか?コレクションしている方は、観賞用やリユースなど様々な用途に活用しているようです。

 

最も一般的なのは、リユース(再利用)でしょう。ちょっとお出かけする際のセカンドバッグとして、会社に持っていくランチボックスとして、羽織り物やマフラー、着替えなどを持ち運ぶ荷物入れとしてなど、サイズやデザインによって様々な使い方ができます。また友人や家族へちょっとした贈り物をする際にも、紙袋はぴったり。見栄えのするデザインなら、特別なプレゼントにも使用できます。

その他、見た目が可愛い紙袋ならお部屋に並べて眺めるだけでも楽しいですね。ちょっとしたインテリアにもなりますし、思い出のある紙袋なら見ているだけで当時のことが蘇ってくるでしょう。

 

このように紙袋には「欲しい!」と思わせる魅力が詰まっています。実は人気ショップやブランドの紙袋は、オークションで注目商品になることもあるとご存知でしたか?

インターネットのオークションを眺めていると、紙袋だけが出品されていることがよくあります。「ブランドの商品よりも、紙袋だけが欲しい」と思う方は意外と大勢いるのです。

また自分はなかなか行けない地域・国のショッパーをなんとか手に入れたいと思うコレクターの方も。紙袋は企業や地域によって実に様々なデザインがありますから、自分ひとりで店舗を回って全て集めるのはかなり難しいでしょう。インターネットオークションは、こういった方々の強い味方になってくれます。

ブランドや限定品によっては、かなり高値がついていることもあります。あなたのクローゼットに眠っている紙袋が誰かの欲しいものだったとしたら、オークションに出品してみるのも良いかもしれませんね。

最近では、様々なショップのショッパーを紹介したコレクションブックも発売されています。それだけ紙袋にはファンが多いということですね。これを機会に、ぜひあらためて自分好みの紙袋をコレクションしてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの記事

c09-1

企業の方向け!会社のオリジナル手提げ袋を作る時の大切なポイント

「紙袋や手提げ袋はショップのもの」と考えてはいないでしょうか。ところが、実際には多くの企業が手提げ袋を作成していますし、想像以上に会社のオリジナル手提げ袋は活用シーンの多いものです。 今回は実際にどのような場面で会社のオ …

col-44-1

リユースされやすいオリジナル紙袋のデザインや加工はどんなもの?

店舗オリジナルの紙袋を作るなら、使い捨てではなくリユースされるバッグを目指しましょう。この場合の「リユース」とは、「そのままの形で再度使われる」ということです。リユースされることは、ショップ側にとって大きなメリットがあり …

col-15-1

お気に入りの写真も紙袋のデザインに!4色印刷はもちろん、特色印刷も

スマートフォンやタブレットを多くの方が利用するようになったことで、どこにいても、自由に写真を撮れるようになりました。SNSなどの利用者数も増え、「写真を撮って公開する」ということは、ほんの十年ほど前からは考えられないほど …