コラム | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

既製品の紙袋でもオリジナル性を出したい!セミオーダーを上手く活用

 
カテゴリ:
col-26-1

紙袋はそのお店の「顔」とも言える大切な営業アイテム。オリジナル紙袋を作成するのなら、デザインにこだわってお客様の印象に残るものを作りたいものです。しかし、一からすべてデザインを考えるとなると、手間もコストもかかります。

そんな時は、ベリービーバッグのセミオーダーを活用することで、時間や費用を抑えつつ、オリジナリティあふれるデザインの紙袋を作ることができます。

オリジナルのロゴは紙袋の顔!

col-26-2

ベリービーバッグの紙袋は、サイズ・材質・ハンドル・プリントなど全てのデザインを自由に決めることができる「フルオーダー」と、ある程度の選択肢の中からお好みのものを選んでデザインを決めていく「セミオーダー」の2タイプに大別することができます。

「セミオーダーだと、よそのショップと似たり寄ったりのデザインになってしまうんじゃないの?」と心配されている方、ご安心ください。セミオーダーの紙袋でもしっかり個性を出す方法があるのです。

紙袋のデザインの主役と言えば、やはりオリジナルのロゴマーク。

素材やカラーの選択肢がある程度限定されていても、オリジナルロゴを入れるだけでお店らしさを感じられるものになり、お客様の記憶に残りやすい手提げ紙袋になるのです。

すでにお店のロゴを持っている方は、データを入稿すれば簡単にロゴ入りの紙袋が作成できます。「ロゴのデザインを持っていない…」という方は、ロゴテンプレートサービスを活用してみてはいかがでしょうか?

 

ロゴテンプレートサービスとは、プロがデザインした多数のテンプレートの中から好きなデザインや書体を選ぶだけで、簡単にオリジナルのロゴを作ることができるサービスです。用意されているロゴのテンプレートは100種類以上あります。シンプル、キュート、クール、ラグジュアリーなどさまざまなテイストのデザインがあるので、きっとあなたのショップのイメージに合う手提げ紙袋が作れるはずです。

「時間がない」「コストをかけたくない」場合におすすめ!

col-26-3

ベリービーバッグのセミオーダーの手提げ紙袋は、「ベーシックバッグ」、「イージーバッグ」、「クラフトバッグ」の3タイプです。どれを選ぶかは、コストや納期はもちろん、紙袋の用途やお店のイメージによっても変わってくるでしょう。

 

「ベーシックバッグ」は、サイズ、ボディのカラー、ロゴのカラー、ハンドル形状とハンドルのカラーを選べるタイプです。

弊社がご用意しているセミオーダーの紙袋の中では、最もデザインの選択肢が豊富で、その組み合わせの数は1万通り以上にもなります。あらかじめデザイナーがディレクションしている仕様の中から選ぶため、デザインにこだわってお店独自のスタイルを表現したい方に最適な紙袋です。

ボディカラーは、20色をご用意しており、定番カラーから流行色までカバー。ロゴは印刷ではなく、ホットスタンプのような形の「箔押し加工」で入れられます。「箔押し加工」は多数の有名ブランド紙袋も採用している高級感のある仕様。ロゴマークがキラキラ輝き、半既製品の紙袋とは思えないラグジュアリー感を演出してくれますよ。

 

「イージーバッグ」は、ボディカラーを定番のブラック・ホワイトから選べる紙袋です。紙袋のサイズ、ロゴのカラー、ボディカラー(ホワイト/ブラック)を選ぶだけで簡単に注文でき、お急ぎの方にもぴったり。既成品の紙袋にロゴを箔押しするという手法を取っているので、注文後最短10日での納品が可能となっています。(※ご発注の時期によっては10日以上かかる場合もございます)

全体のアクセントとなるロゴマークは、ゴールド・シルバー・ピンクゴールド・レインボーなどカラーを10種から選べる「箔押し加工」。ホワイトやブラックというベーシックな色合いのおかげで、セミオーダーとは思えない高級感のある紙袋に仕上がります。短納期・小ロットの製品ながら、しっかりした作りなので、ショップはもちろん、急なイベント時には心強い味方となってくれるでしょう。

 

「クラフトバッグ」は、サイズ、ロゴのカラー、紙の種類(茶色い未晒しクラフト紙/白い晒クラフト紙)を選ぶだけで簡単にデザインできる点や、短納期・小ロットで対応可能な点は「イージーバッグ」と同様です。素材にクラフト紙を使用しているため、よりカジュアルなイメージになります。紙袋の顔となるロゴマークのカラーは、20色から選択できます。

ロゴマークのデザインやカラーによって、ほっこりしたナチュラルなイメージにも、上質なヴィンテージ風のイメージにもなる紙袋です。雑貨屋さんや古着屋さんはもちろん、カフェやオーガニックレストランなどのテイクアウトにもぴったりです。業種を問わず幅広いショップでご利用いただけるはずです。

 

セミオーダーは、「時間や予算に限りがあるけれど、デザインには妥協したくない!」という方におすすめのオーダー方法です。ロゴテンプレートサービスのロゴデザイン、カラー、紙袋の形状などは全てプロのショップバッグデザイナーがデザインしたものなので、デザイン力に自信がない方でも失敗なく素敵な紙袋を作れます。選び方次第で、ショップやイベントの雰囲気に合わせて自由自在にデザインすることができるでしょう。

おすすめの記事

col-22-1

バッグが紙袋?「ペーパークラッチ」が女子の間で流行中!

「紙袋」や「手提げ袋」は、お店でもらった後すぐに捨ててしまう、という方もいるでしょう。 「紙袋」はオシャレのために持つものではなく、使い捨ての実用品として利用されることが多いものでした。 ところが、最近ではそんな紙袋のイ …

col-21-1

実は既製品を使うよりお得?オリジナル紙袋を作るメリットとは?

ショップの紙袋はもちろん、イベント時に利用するものや企業の資料を入れる場合など、「紙袋」を利用する機会は多いのではないでしょうか。このような紙袋について、オリジナルのものを用意するケースもあれば、経費削減のために既製品を …

col-16-1

オリジナルの引き出物紙袋を作る時の疑問を解決!

結婚式は、人生の記念となる大切な日。 「オリジナルの引き出物袋を用意してゲストをおもてなししたい!」と考える方もいらっしゃるでしょう。そこで、結婚式でオリジナルの引き出物袋を作るときに気になるいくつかのポイントについて、 …