ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

今年の紙博はオンラインで楽しめます!

 

ウィズコロナという言葉のとおり、価値観、世界観や行動が以前とは変わってきました。

リモートがあらゆる場面に取り入れられたり、ソーシャルディスタンスがすっかり定着したり…。

つい先日も、「オンライン文具女子博 petit名古屋」がオンラインで開催されていましたね。

イベントの開催方法がこれまでの「会場開催」でなく、「オンライン開催」に変わることも珍しくなくなってきました。

さて、あの「紙博」も2020年はオンライン開催になるようです。

「紙博」って聞いたことあるでしょうか?

2019年の紙博・布博

「紙博」は、手紙社が主催する「紙を素材とした作り手」が集まるイベントのことです。

紙そのものはもちろん、紙で作られた雑貨や文具を見たり購入することができます。

数多くの出展者さんがいるので、紙で作られたものとは思えない高級感があるものであったり、イラストがかわいいものであったり、活版を使われたものがあったり…と、個性豊かな紙グッズたちに出会えます。

大盛況のイベント「紙博」

いつもは会場で開催されており、それはものすごい人であふれる大人気イベントな「紙博」。

ウィズコロナ時代、やはり会場での開催は難しいようで、早々にオンライン開催に切り替えると発表がありました。

開催期間は、8月3日〜8月13日!

会場開催の場合、開催期間はだいたい3日間ほどなのですが、オンライン開催のためかいつもより長い期間なのも嬉しいところ。

 

オンライン紙博では、オンラインショップで好きな商品を購入できるのはもちろんのこと、

・アトリエツアー(制作現場、制作風景を見ることができる!)

・工場見学

・商品紹介(商品のおすすめの使い方やエピソードなど聞ける!)

・トークイベント

…なども、Web会議サービス「Zoom」を使って行われるようです。

昨年では想像できなかった開催方法ですね。

会場に足を運ぶからこそ楽しめることもありますが、全国どこからでも(世界中からでも?)参加できるというのは素晴らしいです!

 

とはいえ、紙ものといえば実際の手触りも重要なので、どこまで商品を感じられるのか?も気になるところ。

ぜひともこのオンライン紙博に参加してみたいと思っています。

もし気になるようでしたら、皆様も参加してみてくださいね!

 

2020年の紙博についてはこちら ↓

2020年のオンライン紙博

 

 

おすすめの記事