コラム | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

ベリービーマガジン パッケージデザインの現場

オリジナル紙袋のデザインアイデアをご紹介!「窓付き紙袋」とは?

 
col-45-1

せっかく紙袋を作るなら、オリジナリティを出して他社との差別化を図りたいと考える方は多いと思います。ちょっとしたアイデアを取り入れるだけで、ぐっと個性を出して目立たせることはもちろん、中に入れる商品をよりアピールすることもできるようになります。そこで、個性的なデザインのひとつとしてご紹介したいのが「窓付き」の加工。こちらでは、窓付き紙袋のメリットや具体的なデザインについてご紹介しましょう。

中身がチラッと見える窓付きの紙袋

col-45-2

「窓付き紙袋」とは、その名の通り表面の一部に窓をつける加工を施した紙袋のこと。型抜きして穴あけした部分に透明なセロファンを貼り、外側から中身がちらりと見えるようにしているデザインです。なかなか手の込んだ加工ですが、それをするだけの大きなメリットがあるため、オリジナル紙袋において大変人気があります。

窓付き紙袋のメリットは、なんといってもとても目を引きやすいという点でしょう。それというのも、やはり人間は中身がちらりと見えると「何が入っているんだろう?」と無意識に気になってしまうため。窓があるだけで自然と目を向けてしまいます。街中でも紙袋を持ち歩いている人は大勢いますが、そのなかでも窓付きの紙袋は特に目立つといえるでしょう。そのため、紙袋を作る際に「思いっきりこだわったデザインにしたい」という方や、「目立たせて存在感をアピールしたい」という方に特におすすめです。

 

そして「窓」のメリットは、単に「目立つ」だけではありません。中身である商品をあえて見せることで、店頭のようなディスプレイ効果も狙うことができます。窓からぬいぐるみやアパレル商品、化粧品や雑貨類などの商品が見えれば、「この紙袋=この商品」という図式が見た人の中に成り立ちます。商品を買ってくれたお客様が紙袋を持ち歩いてくれれば、それだけで広告宣伝になるでしょう。

中身が見えるということは安心感にも繋がります。クッキーなどのお菓子類、お米やお酒などの食品に窓付きのパッケージが多いのは、こういった側面もあるため。商品を食べている、あるいは使っているイメージを持ちやすくなるため、より身近に感じてもらうことができるでしょう。何が入っているのか分かりやすく、お客様に商品を気軽に手に取ってもらうことができます。つまり、商品PRとしても窓付きの紙袋は大変優秀といえるでしょう。

窓のデザインを自由に変えれば個性的なデザインに

col-45-3(https://www.pinterest.jpより引用)

せっかく窓付きの紙袋にするのなら、デザインにこだわってよりオリジナリティを出したいものです。窓付き加工は意外と自由度が高い加工。窓のサイズや形など、アイデア次第で個性を演出することができます。

窓の形としては、丸い窓、楕円形の窓、正方形あるいは長方形の窓など様々な種類があります。また窓のフチをギザギザやナミナミにしてみたり、あえて湾曲させてみたりと、デザインを変えるだけでかなり雰囲気が変わります。サイズとしては、小さ目にしてちらりと中身を見せても良いですし、大き目にしてハッキリ見せても良いでしょう。窓の位置も、紙袋の真ん中あたりにつけるのか、それとも下側につけるのかによっても雰囲気や注目度が変わってきます。

さらに窓そのものの形だけでなく、窓の周りのプリントや窓から見える中身のプリントと合わせ技にすることでより効果的なデザインにすることも可能です。アイデアの例をご紹介しましょう。

 

・動物の口

中身が飲食物なら、窓を口に見立てて表面のプリントに口を開けた動物のイラストをあしらっても良いでしょう。まさに「あーん」している状態の可愛らしい紙袋になり、食欲をそそります。

 

・ショーウィンドウ風

窓をショーウィンドウに見立てて、外側のプリントをお店の外観、内側のプリントをお店の内観のイラストなどで飾っても可愛らしくなります。商品を入れれば、小さいお店そのものの絵面になりますね。

 

・季節感重視

窓から覗ける紙袋の内側が、青空や花畑などの爽やかなプリントでも素敵ですね。秋は落ち葉、冬は雪など、季節に合わせて変えるのもおすすめです。紙袋単体でも楽しめるため、リユースにも繋がります。

 

このように、アイデア次第でいくらでも世界観を変えることが窓付き紙袋の魅力のひとつです。どんな雰囲気にしたいかを明確にし、ぜひ色々と検討してみてください。

ただ、窓のデザインは紙袋の強度や直立性などにも大きく関わってくる問題。デザインやサイズによっては紙袋の耐久性が低くなることもあるため、双方の兼ね合いを見て決めていかなくてはなりません。

ベリービーバッグには、お客様のご希望を最適な形で叶える経験豊富な紙袋デザイナーがおります。プロの視点からデザイン性・耐久性の両方を叶えられるようお手伝いさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

窓付き紙袋は、アイデア次第でハイブランドらしい落ち着いた雰囲気にも、若い女性向けの可愛らしい雰囲気にもできます。窓そのものの形・サイズはもちろん紙袋内外のプリントのデザインも含め、自分たちにぴったりなオリジナルの紙袋を作りましょう。

 

おすすめの記事

col52-1

ベリービーバッグで作れる小さい紙袋サイズと人気の使い所をご紹介!

ベリービーバッグでは様々なサイズのオリジナル紙袋を制作することが可能なので、ご希望や使用意図に応じ、かわいくておしゃれなバッグをお作りいただくことができます。ギフトの世界を中心に、広がりを見せる小さな紙袋の世界。ここでは …

col-30-1

せっかく作るなら、セカンドバッグにもなる紙袋にしよう!

オリジナル紙袋を作るのなら、せっかくなので単に「持ち帰り用の袋」としてだけでなく、プロモーションツールとしても活用できるデザインのものを作りましょう。 紙袋を持ち帰ったお客様が、後日セカンドバッグとして再利用してくれれば …

col-27-1

デザインがロゴだけでも。少し変えるだけでできる、目を引く紙袋

「デザインがベーシックなロゴだけ入っている紙袋でも、人目を引く印象的なデザインにしたい!」とお考えの方は、ロゴの位置やカラーリングに工夫をしてみてはいかがでしょうか?デザインのコツをつかんで発注すれば、低予算でもまるで高 …