オリジナル紙袋で人気の素材!様々なシーンでオシャレに馴染むクラフト紙の良さとは? | オリジナル紙袋、ショッパー、手提げ袋なら【ベリービーバッグ】

berryB column 紙袋のいいこと いろいろ

オリジナル紙袋で人気の素材!様々なシーンでオシャレに馴染むクラフト紙の良さとは?

c10-1

クラフト紙といったときに多くの方が思い浮かべるのは、ナチュラルな茶色い色合いのものではないでしょうか。しかし、実際にはクラフト紙のなかにもいくつかの種類があります。ここでは、クラフト紙の特徴やどのような種類があるのかについて説明します。イメージにぴったり合うクラフト紙を使って、オリジナルの紙袋を作ってみてください

あなたのイメージに合う「クラフト紙」はどれ?

c10-2

berry B BAGで取り扱っているクラフト紙には、3つの種類があります。どれもナチュラルな風合いであることに変わりはありませんが、それぞれ違った趣を持っています。それぞれの特徴についてご案内しますので、作りたい紙袋に最適なクラフト紙はどれか、お選びいただく際の参考にしてみてください。

クラフト紙

未晒クラフト紙と呼ばれることもある、茶色のクラフト紙です。「未晒」という名前の通り、漂白をしていないクラフト紙で、紙そのものの色が出た茶色い紙です。耐久力が強いのが特徴で、ある程度の重いものをいれても大丈夫ですし、リユースもしやすい素材です。

ナチュラルな雰囲気から、オーガニック食材のお店やカフェなどでもしばしば使われています。エコやシンプルライフ、ロハスといったキーワードに合致する紙袋を作りたい場合におすすめです。また、シンプルであることから、カジュアルテイストのアパレルショップなどでも利用されます。

晒クラフト紙

クラフト紙を漂白して白色にしたものです。未晒クラフト紙とは違い、色が白いため、印刷がのりやすく、色も目立ちやすいという特徴があります。強度はクラフト紙よりは若干落ちますが、紙袋として利用するには十分です。ナチュラルな雰囲気を残しているので、茶色の未晒クラフト紙では色が強すぎると感じられる場合や、柔らかい色合いを出したい場合におすすめです。

片面晒クラフト紙

紙の片側が未晒クラフト紙、反対側が晒クラフト紙となっている紙なので、外面と内面のギャップを楽しめる紙袋に仕上がります。内部にまでこだわって紙袋を作りたいときにおすすめです。アパレル業界で人気のあるクラフト紙です。

ナチュラルやヴィンテージ感を出すのに最適

c10-3

クラフト紙の紙袋や、クラフト紙が実際にどのようなシーンで使われていることが多いのでしょうか?よく使われているシーンを知ると、クラフト紙から連想するイメージがどんなものかを掴むことができます。

ナチュラル系ショップ

無農薬野菜のお店や、マクロビ系のレストランなど、ナチュラルやオーガニックを特色とするショップでは、しばしばクラフト紙が使われています。クラフト紙の素朴な風合いが、自然を大切にするショップイメージと合致しているためです。

ヴィンテージ小物やアンティーク小物を扱うショップ

輸入雑貨を取り扱うショップや、おしゃれな小物を取り扱うショップでは、クラフト紙の小袋や包装紙を使うことがよくあります。クラフト紙は、赤やネイビーのリボンともよく合いますから、包装にも向いています。クラフト紙の小さな紙バッグを使うと、よりおしゃれな雰囲気を出しやすくなります。

ブックカバー

書店でもらえるブックカバーには、クラフト紙が使われることもあります。また、同様に紙袋もクラフト紙を使うことがあります。クラフト紙の優しい雰囲気は、くつろぎの読書タイムにもぴったりです。

丈夫で環境にも優しい素材

c10-4

クラフト紙は、紙の表面を加工せずにそのまま使うことで、ナチュラルな趣を出すものです。そのため、不要になったときもリサイクルや廃棄がしやすいという特徴があります。クラフト紙が環境に優しいといわれているのは、このような特徴のためです。クラフト紙の紙バッグは、丈夫で長持ちするだけでなく、不要になったときも環境に負担をかけることなくリサイクルに出すことができるのです。

この特徴は、未晒クラフトであっても、晒クラフトであっても同様です。環境に優しく丈夫な素材を使いたいときは、クラフト紙がおすすめです。

berry B BAGでは、クラフト紙と晒クラフト紙の紙袋を「クラフトペーパーバッグ」として提供しています。最小ロット50枚、最短10日で仕上げられるため、急ぎで紙袋が必要になったときや、少しだけ使いたいときにも便利です。そのうえ、berry B BAGのクラフトペーパーバッグはデザイン性も高く、箔押し仕様で高級な仕上がりですから、特別感のある紙袋が作れます。

片面晒クラフト紙を使った紙袋を作りたい場合は、フルオーダーペーパーバッグとなりますが、その分ハンドルや印刷の選択肢が広く、こだわりの1枚を作り上げることが可能です。

クラフト紙はナチュラルでローコストながら、丈夫で環境に優しく、デザイン性も高いという非常に魅力的な素材です。使用しているショップも多いクラフト紙袋をオリジナリティあふれるものにしたいなら、berry B BAGにご相談ください。