いろいろな紙袋のリニューアルについて その4

カテゴリー
いろいろな紙袋のリニューアルについて その4のイメージ

こんにちは。百貨店や高級アパレルブランドのリニューアル紙袋を紹介してきた「いろいろな紙袋について」シリーズの4回目では、やはり有名なパティスリーの紙袋をご紹介していこうと思います。

創業25周年を機にリニューアルした紙袋

世界トップクラスのショコラブランドの紙袋は、商品はもちろんパッケージにも並々ならぬ力を入れています。

2013年に創業25周年を機にリニューアルされたオリジナル紙袋は、このパティスリーのブランドカラーである『カストール』(うすめの茶色)と『ミッドナイトブルー』の色合いが使われています。

そこにモードの世界で定番のストライプやドット、グレンチェックや千鳥格子といった柄をアレンジしており、デザインの幅を出しながらもロゴや色を揃えて、シンプルにまとめていることで統一感を感じるデザインとなっています。

col-92-2(https://www.andersen-group.jpより引用)

ちなみにこのショコラブランドはフランスのブランドなのですが、紙袋のことを『サック』、箱のことを『ボワットゥ』と呼んでいます。

箱の柄も紙袋と揃えており、もちろんカラーも統一されています。紙袋とセットでもらうと取っておきたくなります。

数多くある限定デザインも、さすがのクオリティ

芸術品のようなショコラを作るブランドらしく、パッケージも目に楽しいものが数多く発表されています。

ショコラの一大イベントであるバレンタインは当然のことながら、毎年コンセプトのあるデザインのパッケージを発表しています。

col-92-3(https://ippin.gnavi.co.jp/article-16215/より引用)

他にも、店舗の場所限定のデザインも。

たとえば、京都店ではブランドカラーであるカストールをメインに、京都らしさや華やかさを感じるゴールドを組み合わせた京都限定の紙袋があります。京都店1周年では、それを元にして作られたトートバッグを限定販売されたこともありました。

col-92-4(https://isuta.jp/139468より引用)

メインカラーやデザインに統一された軸のようなものがあれば、こうしてたくさん展開しても「あのブランドのものだ」と認識されやすくなります。リニューアルデザインをする場合は、ここらへんのことも意識して作ると、よりお客様の記憶にとどまりやすい、効果的なオリジナル紙袋ができそうですね。

おすすめの記事

  1. ハイセンスすぎる箱づくりのワークショップ

    こんにちは。 早いもので2019年も半分がすぎ、6月が始まりました。 梅雨の季節で一日も祝日がない、なにかと憂鬱になる要素が多い月ですが、そんなときにおすすめの楽しい気分になれそうなワークショップをご紹介します。 何のワ […]

    ハイセンスすぎる箱づくりのワークショップを読む
  2. 環境配慮の流れはショッピングバッグにも。エコな仕様をご紹介。

    最近、耳にすることの多い環境問題といえばプラスチックごみ問題ではないでしょうか。 スーパーの買い物袋やペットボトルなど身近な素材でよく使われているプラスチック。 丈夫で便利な素材ではありますが、丈夫に作られているため自然 […]

    環境配慮の流れはショッピングバッグにも。エコな仕様をご紹介。を読む
  3. パケ買いしたい!ホワイトデー限定デザインたち

    2020年、早くももう3月中旬ですね。 先月は毎年恒例、バレンタインパッケージのご紹介をしましたが、今月はそのお返しイベント「ホワイトデー」がもう間近、ということで、パケ買いしたくなる、ホワイトデー限定パッケージをいくつ […]

    パケ買いしたい!ホワイトデー限定デザインたちを読む