奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール | オリジナル紙袋のベリービーバッグ

2017年9月公開の話題の映画 「奥田民生になりたいボーイと 出会う男すべて狂わせるガール」 に弊社の紙袋が小道具として登場しました。
監督は、あの「モテキ」や「バクマン。」で有名な大根仁さん。出演キャストの豪華さはもちろん、特にヒロインの「狂わせるガール」ぶりが話題になったので、記憶に新しい方も多いのではないのでしょうか。そんな華やかなキャストたちの邪魔をせず場に馴染んで共演を果たした弊社の紙袋も、映画の見どころのひとつです。
紙袋の設定は、ヒロイン・天海あかりがプレスとして務める「GOFFIN&KING」で使われている、というもの。キュートなヒロインと同じ場面に出てくるだけあって、ピンクとホワイトの組み合わせが可愛らしい、シンプルなデザイン。サイズはSサイズとLサイズの2サイズを作りました。紙はしっかりとした厚みのコート紙に、マットPPラミネート加工がされているので、しっとりとた質感で高級さを感じます。ロゴはレインボーの箔押しを採用。「レインボー」と聞くとメルヘンな感じに仕上がりそうですが、真っ白なシンプルボディだと可愛くも大人っぽい雰囲気で馴染んでいます。ハンドルはピンクのサテンリボン。ハンドルの中でも人気のリボンは、華やかさを出したい時にぴったり!「可愛くてシンプル、だけど高級さもある」という贅沢な条件をクリアした紙袋に仕上がっているのではないでしょうか。