クラフト紙の小さな紙袋

GRANDPLAISIR1

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回はとても小さな紙袋の紹介です。

GRANDPLAISIR2

縦のサイズ感はボールペン一本程度。

スマートフォンが入るぐらいのサイズ感ですね。

ちょこっとしたプレゼントや、底におもりをいれてペン立てにするのにいいサイズ感です。

砂糖菓子やマカロンなどのおしゃれなお菓子が入ってたらめっちゃかわいいですね。

GRANDPLAISIR3

ロゴや下部のストライプな模様は黒一色の印刷です。

クラフト紙に黒で印刷をするのはナチュラルでいい雰囲気になるのでオススメです。

GRANDPLAISIR4

ハンドルは縦留めになっています。

縦留めは横穴留めより重さに弱いのですが、この大きさだとそこまで重いものが入らないので心配はありませんね。

GRANDPLAISIR5

側面や、底にも印刷が施されていました。

紙と書かれたリサイクルマークは印刷せずに凹凸で表現することが多いのですが、

底面にストライプの印刷を施しているため、紙マークも印刷していますね。

 

ベリービーバッグでは、自由なサイズの紙袋制作や、クラフト紙に印刷をする加工なども承っております。

興味のある方は是非、ベリービーバッグにお問い合わせ下さい。

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

まるでチャーム!?面白い印刷の紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

今回はまるで飾りがついているかのようなデザインが面白い、白クラフトの紙袋を紹介します。

茶屋_1 茶屋_2

白色のクラフト紙に、赤色のイラストが印刷されています。

白クラフト紙とは、紙の手触りがするナチュラルな質感の紙です。

白クラフト紙については、以前書いたコチラの記事を見ると伝わりやすいのではないでしょうか。

茶屋_4

房飾り(タッセルと言ったほうが分かりやすいかもしれません)が紐にぶら下がっているデザインが特徴的。

とても可愛く仕上がっています。

茶屋_3

側面に茶屋美人のshopロゴがあります。

ちらっと見える美人さん。とても可愛いですね。

茶屋_5 茶屋_6

ハンドルはアクリルスピンドルの赤。

ショップのイメージや、印刷の赤色に合わせた色になっています。

統一感があって、とても可愛く仕上がっています。

 

ハンドルにチャームをつける工夫も手が込んでいて可愛いですが、

こんな感じのハンドルに絡めたデザインを印刷してしまうのもいいですね!

ベリービーバッグでは、このような白クラフト紙を使った紙袋も取り扱っております。

気になった方は是非、ベリービーバッグにお問い合わせください。

 

 

 

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

質感も楽しめるUV印刷の紙袋

こんにちは、ベリービーの上原です。

%e6%ad%a3%e9%9d%a22

今回はブラックにインパクトのある蝶が印刷された紙袋を紹介します!

真っ黒なボディの中央にはUV印刷という透明な特殊インクで描かれた蝶が描かれています。

UVは描く範囲によって金額が変わってきますが、BerryBでは500枚から作ることができます!

さらにゴージャスなブロンズの箔押しが眩しいくらい輝いています。

%e4%b8%8a1

表面のマットPP加工はツヤ消しで高級感があり、ツヤのあるUV印刷との質感の差は表面をつい撫でて確かめたくなります。

%e6%a8%aa1

紙は厚めのカード紙の200gなのでしっかりとした作りです。

写真では分かりにくいのですが、手に取った時に高級感を感じられます。

%e7%b4%901

紐はパイレンロープのブラックで紙袋自体はシンプルな仕様ですが、

全体の色に統一感を持たせロゴを前面に押すことで個性的な紙袋になってます。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

コントラストカラーが目を惹く「新しい」紙袋

こんにちは!ベリービーのウラベです。

今日は、あのハイブランドの定番紙袋のデザインがリニュアールになったのでご紹介します!!

以前までの落ち着いたブラウンの紙袋から一変してオレンジとブルーのコントラストカラーが特徴的な紙袋です。

lv_01_web lv_02_web

画像はちょっと明るめですが、オレンジは少し渋めの色で、

明るくありながら上品さも感じられる色です。

lv_03_web

ハンドルはこれまでこのブランドで使われていた紙袋のシックなイメージを覆すブルーの平紐。

オレンジとのコントラストが目立つ組み合わせです。

 

このブランドでは、2003年以来使用してきた紙袋のデザインから久々に

リニューアルしたとのことで、さっそく分析しつつご紹介していきますね!

メインに使われているオレンジは「インペリアル・サフラン」といい、一世紀半にわたって

ブランドで使われてきた特徴的な色だそうです。

メインとコントラストをなすブルーも同じく数十年に渡って包装用リボンに

使われてきた伝統的な色とのことです。

 

単純に「リニューアルなので、これまで紙袋のイメージをがらっと変えたのかな?」と思いましたが、

伝統的なカラーのコンビネーションでブランドのルーツを体現しつつ、リニューアルの

インパクトも出した紙袋なんですね!

 

lv_04_web

ボディは厚めの紙厚に施されたエンボス加工とロゴのブラック浮き出し箔は、

前回のデザインからそのまま踏襲されています。

ここはブランドイメージとして残しているのでしょうか。

lv_05_web

ハンドルはご紹介したとおり、ブルーの平紐が縦留めされています。

平紐といえば「ナチュラル」というのが私のイメージですが、

バッグなどの重量のある商品の場合に手に食い込みにくく持ちやすいといったメリットもあり、

意外とハイブランドなどでも多く使用されています。

世界に影響を与えるビッグメゾンの紙袋に使用されただけに、

アクリル平紐のイメージも高級感を感じるものに変わってくるかもしれません。

 

「高級=シック」という、今まであったイメージを打ち破ってくれそうな、

挑戦を続けるハイブランドの意気込みを感じられるデザインではないでしょうか!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | コメントをどうぞ

凝った仕様ながらも軽やかな印象の紙袋

こんにちは、ベリービーのウラベです。

今回は爽やかな印象のアパレルブランドの紙袋をご紹介します。

 

DSC_0018 DSC_0019

白いボディカラーと紺色のハンドルの組み合わせが爽やかな、清涼感を

感じる紙袋です。

DSC_0020

ロゴは印刷された上にUV印刷も組み合わされており、つややかに見えます。

DSC_0021

白いので少しわかりづらいかもしれませんが、

紙袋全体には縦のストライプのエンボス加工が施されており、

さらに紙袋下部には横のストライプが5本浮き出し加工が組み合わされるという

凝った仕様になっています。

DSC_0022

口おり部分には爽やかな青色のドット模様が隠れています。

表面の色使いがシンプルなぶん、目をひきますね。

ハンドルは女性向けブランドに人気のグログランテープです。

 

凝った仕様の組み合わせながらも上品・軽やかに仕上がっている紙袋ですね。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | コメントをどうぞ