タグ『紙袋印刷』の一覧

高級感漂うお菓子の紙袋と箱

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回はミルフィユのブランドの紙袋と箱をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

エメラルドグリーンと表現すれば良いでしょうか。とても綺麗な色味の紙袋と箱ですね。

商品にフランセと書かれていましたし、デザインも非常におしゃれなのでフランスのお菓子だと思っていました。

しかし、このお菓子は日本の会社が作っているようで、他にも洋菓子・和菓子を含めていくつかのブランドに分けてお菓子の販売をしているみたいですね。

 

logo-tokyomilkcheese logo-themaplemania logo-tsukijichitose

logo-cotecour logo-butterbutler logo-gendy

logo-qudgemanmonaci logo-millefeuillemaison logo-francais

※上記の画像はHPよりお借りいたしました

どのブランドもデザインがしっかりと作り込まれています。

飲食や食品系のパッケージやロゴなどはイラストなどを使いつつ文字組み等はベーシックなタイプが多く、ミニマルでおしゃれな一方、個性があまり感じられにくい印象がありますが、今回ご紹介する紙袋の会社さんが展開しているブランドはお菓子の特徴や土地柄などを反映した印象に残るようなデザインになっていますね。

そしてレトロな雰囲気が感じられるのも好印象です。

今っぽさを含みつつレトロにしてみました!という感じではなくその時代を感じられるようなデザインに落とされていれとても可愛い紙袋ですね。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋単品の画です。エメラルドグリーンとゴールドの紐と印刷が非常に相性がいいですね。

サイズ感はベリービーでいうとM縦サイズを少し狭めて縦長にした感じです。

紙厚は少し薄めのものを使用しており、クラフト紙にラミネート加工を施しているように見えますね。

一般的に使用される紙袋よりも薄いもののラミネート加工がある分、少し丈夫かなという印象です。

お菓子自体が重いわけではないので、破れにくく少しくらいの水滴などを弾けるラミネート加工を施す仕様は商品との相性は良さそうですね。

紙厚は厚みがあるほど高級感が出るパターンがあるのですが今回の紙袋の場合は薄くても高級感が出ていてコストも抑えられるのでおすすめしたいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

表面デザインは、上下左右にロゴタイプがきて中央にロゴマークが配置されています。

紐はパイレンロープですね。落ち着いた高級感が出ています。

パイレンロープに似た紐の種類でツイストロープというものがあるんですけど、ツイストロープは高級感推しの紐になっております。ゴージャスといったイメージになります。

twist

↑ツイストロープ

一方、今回のパイレンロープは上品な高級感で個人的にはとても好きな紐です。使いやすいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

このあたりの画像はポンポンと行きたいと思います。

中面は印刷などなく白色ですね。紐なんですが変な型がついていて綺麗に撮れずに残念です。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋は、底部分を中心に向かって折り込んでいくタイプになっていまして。

両面のデザイン面に折り目が入らずとても綺麗に見えます。

効果的には縦留め紐の底バージョンです。

畳んだときにも薄くて綺麗ですね。

例えば、底をこの折り方にして紐を縦留め紐のサテンリボンかグログランテープにすれば立てたときも畳んだときもとても綺麗に見える最高の紙袋が出来る気がします!

底面に小さくて見えないのですが、色が衣服等に付きますというニュアンスのものが日本語と英語で書かれています。

この紙袋のエメラルドグリーンは印刷で色を出しています。

ベタ印刷がある紙袋ですとこういった注意書きは親切で良いですね。

紙袋 印刷 オリジナル

箱ですが、ロゴマークを真ん中に置きその周りにロゴマークに似た模様を細かく配置しています。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋 印刷 オリジナル

箱の形は、ぶ厚めの洋書のような感じになっています。

世界観の作り込みが徹底されていますね。

箱となると紙袋とは違ったデザインの自由度がありますね。

紙袋では仕様などの細かい部分の自由度はありますが飛躍して紙袋、ひいては袋という域から出られなかった感があります。

しかし、箱となるとその他の多くのモチーフに寄せて箱のデザインをすることが出来るのでオプションだけではないデザインの自由があります。

ただ、ベリービーでは箱に力を入れ始めたばかりなので正直どこまでの自由について行けるのかは謎であり、未知数です。

といってもまずは提案だけでもしてみてください。難しそうな形の箱でも、工場などに掛け合ってみれば意外といけたりもするかもしれません。

ある程度ベーシックな形の箱であれば準備万端ですので紙袋と合わせてご相談ください。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 高級感漂うお菓子の紙袋と箱 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

様々な加工を駆使した有名コーヒーショップの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

本日は某有名コーヒーショップの手の込んだ紙袋をご紹介したいと思います。

紙袋 印刷 オリジナル

言わずと知れた某有名コーヒーチェーンですね。

その中でもプレミアムラインとして位置している店舗の紙袋になります。

料金体系が一般的な店舗と比べると2倍〜3倍くらいするといわれていますが

紙袋も一般的な店舗の紙袋と比べると5倍〜10倍、もしくはそれ以上の価格差がありそうな手の込んだ紙袋となっています。

紙袋 印刷 オリジナル

マチがかなり広く取られていますね。横幅とあまり変わらないくらいの長さになっています。

ちょっと斜めからのショットがずんぐりむっくりな感じになってしまいました。

実際は少し濃い目のグレーで落ち着いているのでこれだけのマチがありながらもシャープさやかっこよさといった点はあまり損なわれていないと思います。

少し濃い目のグレーと言いましたが、このグレーの色味が独特で色自体は濃い目のグレーなのですが光を反射しやすい紙質で割と明るく見えてしまうんですよね。

光芒がかかったときのような柔らかい光があたっている感じです。

白色のクラフト紙にグレーを印刷しさらに、ニス引き加工がされていると思われます。その影響で独特な光の反射を生んでいるのですね。

紙袋 印刷 オリジナル

そしてロゴ部分は箔押しで印刷されています。

このラインのキーカラーであるカッパーで印刷されています。

紙袋 印刷 オリジナル

そして、さらに正面から見て左側の部分ですが、星マークと横に伸びた線とRの文字にはUV加工が施されています。

一体何種類の加工がされているのか?と思ってしまいます。

UV加工のされている部分がより暗いグレーで印刷されていて、ヌメッとした光の反射がUV加工の特徴です。

紙袋 印刷 オリジナル

上から見てみると中面がなにやらごちゃごちゃしています。

普通の内面白色の紙袋ではなさそうですね。

紙袋 印刷 オリジナル

どどーん!!

はい、出ました。ジャングルです。虎です。しかもちょっと生々しくて恐いですね。

リアリティを感じます。絵のクオリティが高いです。内面印刷にもお金がかかるのに絵にもお金をかけていそうです。

とことんまでこだわるぞ。という気持ちが生々しい虎の表情からひしひしと伝わってきます。

ちなみに別角度にはジャングルにいそうな鳥が描かれています。そして虎は全部で3頭います。

底ボール印刷にも同様の絵が繋がるように印刷されています。

紙袋 印刷 オリジナル

一息休憩しましょう。紐部分は縦留めでアクリル平紐です。

このアクリル平紐ですが、厚みが通常の紐と比べるとかなり分厚いですね。

すごくしっかりとした紐を使われています。

紙袋 印刷 オリジナル

底面にはコピーライトと生産国でしょうか?あとはメッセージ?が印刷されています。

「THIS BAG WAS MADE WELL TO LAST LONG. PLEASE REUSE IT.」と記されています。

分かる方はメッセージを読み取ってみてください。

今回は某有名コーヒーショップの紙袋をご紹介しましたが、取り上げるポイントが多くてびっくりしました。

それなのに嫌味なくすっきりとした紙袋に落ち着いています。デザインにおける、さじ加減もさることながら

素材感や加工の使い方、各パーツのサイズ感や色味などが秀逸です。

内面のジャングルの絵がなかなかインパクトがあるので全体でまとまっていても記憶にはしっかりと残りますね。

 

ざっと紹介していきましたが、振り返るとこの紙袋、各要素をそれぞれ違った加工で表現されています。

ロゴタイポは箔押し、ロゴマークはUV加工、絵は内面印刷と分けられています。

皆さんもご自身のオリジナル紙袋を作られる際、要素ごとに違う加工で表現してみるのもいいのではないでしょうか。

その分、金額も高くなりますしどの要素をどの加工で表現するかといったバランスも非常に難しくなるとは思いますが上手くいけばそれだけ魅力的なオリジナル紙袋になること間違いなしです!

ベリービーまでご相談お待ちしております。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 様々な加工を駆使した有名コーヒーショップの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ハイブランドの子供向けラインの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、ハイブランドの子供向けラインの紙袋になります。

紙袋 印刷 オリジナル

子供向け商品を扱っているとは思えないシンプルさですね。

メインラインのブランドイメージがあるのでシンプル・高級感といった要素は最低限出すといったところでしょうか。

あとでアップで紹介しますがロゴは可愛く遊び心を感じますね。

紙袋 印刷 オリジナル

斜めからの佇まいが凛々しい紙袋ですね。

本当に子供向けラインの紙袋でしょうか。頼もしい子が育ちそうです。

紙袋 印刷 オリジナル

紐は縦留め紐のアクリルスピンドルです。

紙袋 印刷 オリジナル

紙の表面は、エンボス加工がしっかりと施されています。

しかしながら紙質は柔らかくて気持ちいいです。

子供の肌のような感じです。

一般的にエンボス加工がはっきりと分かるような紙袋は紙質は硬いイメージがあるのですが、この紙袋はほんとに柔らかいです。

紙袋 印刷 オリジナル

可愛いロゴのアップです。

書体などは普段見るロゴと同じですが、各文字の高さを変えているので段差が生まれわくわくとした雰囲気が感じられます。

それでいて綺麗でまとまっているのはすごいなーと思います。

個人的には、b・b・o の下が揃っているからまとまって見えるのかなと思います。

あとは字間を普段よりぎゅっと詰めていますね。

ロゴの色は少し濃い目のグレーですね。

紙袋 印刷 オリジナル

紙袋の底部分。

リサイクルマークが印刷されています。

 

この紙袋は白色です。紐の色も白です。見ての通りなんですけど、、

ただ、白といっても色んな白があると思います。

紙の表面は少しだけ青みのある白です。所々にエンボス加工の影が落ちています。

紐は少しだけ黄みがかった白色です。生成りというほどではないですが。

この紙袋の白を例えるなら‘雪のような白さ’です。(主観なのに言い切っちゃう)

しかし、僕が雪のような白さといったのには理由があります。

実際にこの紙袋を触り、物質として感じたことが大きいのだと思います。

エンボス加工の大きさや深さ、紙の柔らかさや厚みといった部分を肌で感じることで徐々に‘雪のような白’に見えてきたのです。

‘雪のような白さ’と表現する場合、単に色として指すだけでなく質感といった部分を含めて使われることが多いかと思います。

この紙袋を通して伝えたいのは、紙袋は手にとっていただくものだということです。

紙袋を実際に触ったとき、手にかけたときに物質的にイメージを伝えることができればより記憶に残る効果的な紙袋になるのかなと思います。

もちろん絵として魅力がある紙袋も十分に素敵な紙袋だと思っています。

皆さんもオリジナル紙袋を制作される場合は実際に触れてみてどう感じるのかといった部分を意識して作ってみると手にとったときに記憶にのこるような紙袋になるかもしれません。

ベリービーでは、様々なタイプの紙質やいくつかの厚さがあり、エンボス加工を含めた多岐にわたる多くの加工の用意があります。

オリジナル紙袋制作をお考えの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | ハイブランドの子供向けラインの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

デザイン革新を常に続けてきたキッチンメーカーの紙袋

こんにちは、ベリービーのカキミです。

今回は、キッチン専門メーカーの紙袋をご紹介します。

紙袋 印刷 オリジナル

この紙袋はキッチンメーカーとは思えないようなスタイリッシュなデザインですね。

従来の日本のメーカーといえばデザインなどは二の次で機能性や技術押しというイメージがありました。

といっても最近は、メーカーなどでもブランディングなどを行いデザインなどのイメージ向上を図っている所も増えている印象はあります。

しかし、今回ご紹介するメーカーさんは90年代頃の比較的早い時期からデザインイノベーションを図ってきた数少ないメーカーのようですね。

イタリアのミラノにデザインセンターがあるようで日本のメーカーでは珍しいのかなと思います。

ホームページを拝見しましたがデザインがとても綺麗で読みやすくおしゃれな印象も受けました。

年代別のキッチンコレクションを見ましたが90年代や00年代から今の時代にも受けそうな先進的なキッチン空間を提案してきたことが分かりました。

紙袋 印刷 オリジナル

黒色のマットな質感の紙袋にホワイト箔でロゴが印刷されています。

小さく配置されながらもロゴの存在感が際立ったデザインになっていますね。

ここまでシンプルな紙袋は、潔さがあり気持ちいいです。ロゴもスッと入ってくるのでいいのではないでしょうか。

表現の仕方も単にシンプルというよりはミニマルといった方がしっくりとくる感じです。

紙袋 印刷 オリジナル

紐は黒色のグログランテープを使用されています。

サテンリボンより女性らしさが無くなり、スピンドル系の紐に比べてシャープで平紐に比べると、しっかりとした高級感があります。

紙袋がシンプルなデザインながらも高級感を感じるのはグログランテープを採用されているのが大きいかなと思います。

なので、今回の紙袋のミソは紐なのかなと個人的には思っています。

実際にベリービーで今回の紙袋を制作するとしたら紐をアクリル平紐にすれば、イージーペーパーバックのタイプで制作することが可能です。(厳密にはこの紙袋はマチが薄いので違いますが)マチが既成サイズでしたら紙の素材、厚み、ロゴの箔押しはイージーペーパーバックで表現することができます。

しかし、この紙袋では紐をグログランテープにしているのでベーシックカラーバックのタイプでの制作になりますね。

紐だけの違いで、ぱっと見た感じはあまり変わりが無いように思えるかもしれませんがそこには確かな違いが生まれていると思います。

もちろんロゴの配置やサイズが良いのは言うまでも無いですが紐にもこの紙袋が上質に見えることに一役買っているはずでしょう。

皆さんもサイズやデザインが決まったあとに何か違いを生み出してみたいという場合は紐に注目してみてください。

今まで悩んでいた壁を一つ越えられるかもしれません。

紙袋 印刷 オリジナル

あとは、この奥行きですよね。

非常に薄いです。サイズ感はベリービーでいうLサイズくらいはあるので大きめの部類に入りますが、このマチの薄さは珍しいです。

マチの長さは現実的な部分で入れるものによって決まってくるので、デザイン的に決めることは難しいとは思います。

しかし、このマチの薄さがこの紙袋をシャープな印象に格上げしているのは間違いないですね!

紙袋 印刷 オリジナル

中面はご覧の通り真っ黒に印刷されています。

ロゴ以外、黒いとこしかないですね。中まで黒くされるあたりにこだわりを感じます。

 

大阪の本町にこのメーカーのビル(本社は名古屋)があり、おそらくショールーム兼支社になっているのかなと思うのですが、ビルの外観がめちゃくちゃかっこいいんです。

すごく高そうなキッチンなんだろうなとずっと思っていました。実際のお値段も高いと思われますw

ビルはおしゃれというよりかは、重厚感が半端ないという感じです。

重厚感のあるビルに入ったショールームでスタイリッシュなキッチンを見て、パンフレットを入れてもらう紙袋がなんでもないような紙袋だとちょっとがっかりしますよね。

でも、今回ご紹介したような紙袋にいれてもらうと気分が上がるのではないでしょうか。

販売系の事業では必要不可欠な紙袋です。だからこそこだわったオリジナル紙袋を作ることで商品・ショップ・会社のイメージをグッと底上げすることができると思います。

皆さんもベリービーで素敵なオリジナル紙袋を作ってくださいね。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | デザイン革新を常に続けてきたキッチンメーカーの紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

流行のエコを感じさせるナチュラル印刷紙袋

こんにちは、ベリービーの芦谷です。

今日は流行の「ナチュラル感」をイメージした紙袋をご紹介します。

紙袋オリジナル

ご存じの有名、高級ブランドですが、
紙袋の印刷、デザインには流行のエコをイメージした紙袋を採用しています。

紙袋 デザイン

極めてスッキリしたデザインにですが、配置のバランスがすばらしく、
素朴な素材感からチープさを感じさせず、凛とした雰囲気を持たせたところがすばらしい紙袋です。

DSC_0644-2

この紙袋に使われているのは、一般的な未晒しクラフト(漂白していないクラフト紙)ですが
恐らく、中国やヨーロッパで製造されたクラフト紙を使用した紙袋です。

日本産のクラフト紙はなぜか、“未晒し”といいながら
全体に色が薄く、この紙袋のようなヴィンテージ感を醸し出すデザインに適していないのです。

もし、日本でこの紙袋のようなイメージを出そうとすると
わざわざ、海外製のクラフト紙をイメージして作られた高級な特殊紙を使用しないといけません。
そのため、紙袋の価格がとても高くなってしまいます。

ところが、中国やべトナムなどで使用されている“未晒しクラフト”を写真のような色合いで、
普通に包装紙として流通しているため、安価に手に入ります。

雰囲気も有り、安価となれば海外で紙袋を作った方がいいに決まっています。

紙袋 手提げ袋

このオリジナル紙袋の手提げ部分の仕様ですが、
Jカットとよばれる仕様が採用されています。

Jカットとは紙袋の内側の部分を見ると分かりますが、
Jの字のようにカットされた所に紐が取り付けられています。
そこから、Jカットという名前が付いているようです。

紙袋 手提げ紐

この紐の取り付け方法は、小量の場合、手作業となるため高価になりますが、
1万枚を越えるような数の場合、機械で取り付けるので安価になります。

そして、個の取り付け方の一番の長所は
紙袋の手提げ紐の強度がありながら、デザイン的にスッキリと見えるところです。

普通の横穴留め(紐が紙袋の正面から穴を空けて取り付けられている場合)だと、
紙袋正面のデザインがスッキリさせることができませんが、
このJカットの仕様の場合、縦留め(紙袋の上部から紐を留める方法)仕様と同じですので
紙袋のデザインをスッキリさせることがきます。

紙袋 底ボール

最後に、この紙袋の底を見ると、
エコマークが印刷されています。
やはりハイブランドです。これから、エコの流れはより一層強くなっていくでしょうね。

カテゴリー: デザイン・流行分析, 流行分析, 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , | 流行のエコを感じさせるナチュラル印刷紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]