タグ『手提げ紙袋』の一覧

竹製の紙を使ったプロモーション紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介する紙袋は、商品やギフトショップのブランディングに

合わせてデザインされた有料の紙袋になります。

銅版画家・出久根育氏の絵が印刷された紙袋繊細なタッチの印刷

全面に印刷された施設の風景がインパクトありますね。

こちらは銅版画家の出久根育氏が描いたものだそうです。

タッチがとても繊細で、懐かしさのようなレトロな雰囲気を感じます。

 

このデザインには「場所の思い出まで持ち帰ってほしい」という想いが込められているそうで、

そういった背景を考えるとより特別で素敵な紙袋になりますね。

 

竹製の紙を使用した紙袋

使用されている紙もクラフト紙ではなく、なんと竹製の紙を使用しているそうです。

この地域は竹が有名なので、地域にも密着していることがわかりますね。

 

紙質もパリッと張りがあり、少し明るい色味になっているので

懐かしさに加えて、清潔感がある気がします。

 

シンプルな裏面でコントラスト

裏面はガラッと印象がかわり、

シンプルな中央配置でロゴが印刷されています。

国外のお客様を考えてか、英字と手書き文字2種類のロゴが

並んでいるのも印象的です。

鋲で留められた紙バンド

ハンドルは、ボディと同じ雰囲気をもった紙バンドです。

かなりしっかりとした持ち手なので安定感があります。

通常の長さよりも少し短めに設定されているので、

コンパクトにすっきりとして見えます。

 

留め具も艶を抑えた金のカシメで、本体ともぴったり合っています。

全体がナチュラルなので、こういったアクセントが紙袋の質を

ぐっと上げてくれているように感じます。

 

いかがでしたでしょうか。

最近は袋を有料で販売するお店も増えていますが、

こうして商品とともに考え込まれた紙袋だとついつい

買ってしまいたくなりますよね。

 

思いが詰まった素敵な紙袋でした。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , | 竹製の紙を使ったプロモーション紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

まる〜いシルエットが可愛い紙袋◎

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はこちらの紙袋をご紹介します。

クラフト紙でナチュラルな紙袋 bulle-de-savon2

レトロで可愛らしい雰囲気のアパレルブランドさんのものです。

内面が白い紙袋

画像ではわかりにくいですが、未晒クラフト紙の内面が白色になっています。

片面未晒クラフト紙などと呼ばれる素材で、

通常の未晒クラフト紙よりも軽やかな女性らしさがでてナチュラルな印象ですね。

調べてみるとホームページの商品画像の背景にも草花が使われていたので

そのイメージともよく合っていると思います。

 

丸シールと丸い白プリント

ポイントの丸い口留めシールです。

透け感がある素材に印刷されているので、

地のクラフト紙が透けてオレンジにも見えます。

 

ハトメ風印刷

ハンドルが出る部分にも白色の箔押しで丸くデザインがされていますね。

金属を取り付けるハトメ加工をイメージしているのでしょう。

全体の雰囲気に対してハトメでは少し重たい印象になりそうなのを避けたのかもしれませんね。

ちなみにハンドルは、ボディと同じくナチュラルな印象のアクリルスピンドルです。

 

丸いシルエットを使うと角のある図形と比べて

柔らかく、可愛らしい印象になります。

 

可愛らしいフォント

よく見るとロゴも太めのゴシック体を使用しています。

コロンとしていて丸みが感じられて可愛いですね。

このブランド名にはシャボン玉という意味があるようで、

意識的に丸いシルエットを取り入れているのではないかなと思います。

 

いかがでしたか?

丸い要素で可愛らしくまとめられた紙袋でした。

弊社ではシールも取扱ございますので、

紙袋と合わせてぜひご相談くださいませ。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | まる〜いシルエットが可愛い紙袋◎ はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

今注目の紙スピンドルを使った紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は弊社インスタグラムでもちらっとご紹介していた、

紙素材のハンドルを使った紙袋についてです。

 

持ち手までリサイクルできる紙袋

まずは全体から。

ブランドイメージに沿ったグレーとホワイトのカラーリングです。

デザイン自体もとてもシンプルですが、

縦長のシルエットに細いハンドルを組み合わせているため、

よりスッキリとして見えています。

 

再生紙にエンボス加工

触ってみるとわかるのですが、

表面に小さなドットのエンボス加工がされています。

紙の触り心地はナチュラルな印象を与えますが、

こうして1つテクスチャーが加わることで、こだわってる感がプラスされます。

 

紙は白一色に見えますが、よくよく見ると薄茶に見える繊維が混ざっています。

これは新聞紙や雑誌など色々な紙を混ぜ合わせて作る再生紙の特徴です。

今まではこの繊維が見えると「やっぱり再生紙はキレイじゃない」という意見が出ましたが、

これからはこの繊維が見えることが、エコに取り組む会社のステータスになるかもしれませんね!

 

apple_3 紙素材 スピンドル ハンドル 持ち手

そして一番声を大きくして紹介したいのが紙スピンドルです!!

実はこのハンドル、紙の素材で編まれているのです。

 

ハンドルはU字にカットされた折り口に縦留めでつけられています。

この紙スピンドルは強く結ぶことが少し難しいため、

使用するときは今回のような縦留めがおすすめです。

アップにすると少し紙の繊維のようなものも見えますね。

 

編まれている素材自体はしっかりしていますが、

中心が空洞になっているので、フワッと空気感を感じるような

なんとも不思議な触り心地です。

 

DSC_0288

底面にはハンドルも含めて100%リサイクルの文字が。

 

紙素材のハンドルとなると、よじったような丸紐や平たい紙バンドなど、

ナチュラルなイメージが強いものが多いですよね。

ですが今回のようなスピンドルは、いい意味で紙っぽくなく見えるので

ブランド問わず、皆さんに使っていただきやすいのではないでしょうか。

 

そしてこのハンドル、なんとベリービーでも使用可能です!!

エコ活動に取り組む企業様にはもちろんオススメですが、

なんと言ってもかっこいい!!

時代の流れに沿った新ハンドル、皆さん気になりますよね?

 

サンプルもショールームにご用意ございますので、

ぜひぜひチェックしに来てくださいませ〜!

ではまた!

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | 今注目の紙スピンドルを使った紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

アンニュイなイラストがポイント!モード可愛い紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は大阪にあるガトーショコラ店の紙袋になります。

白と黒の2色を使ったモードな紙袋

どうでしょう。

ガトーショコラのお店としては、とてもシンプルにまとまっている印象です。

ホワイトとブラック2色で構成されているため、モードな雰囲気も感じますね。

紙質はクラフト紙にエンボス加工で高級感をだしています。

この紙袋ブログを書いていて思いますが、エンボス加工を使った紙袋が最近多いですね〜!

 

DSC_0972

モノクロでデザインすると少し無機質な冷たいイメージになる場合がありますが、

イラストが入っているので、愛嬌のある紙袋になっています。

 

ロゴもレトロ感がありながら遊び心があり、イラストとよくマッチしてます。

正方形のシルエットに加えて、小さめなサイズ感も可愛らしいです。

こうしたサイズ感の紙袋は、まさにスイーツやアクセサリーに人気があります。

 

DSC_0975

裏面がこちらです。

正面のイラストの位置と変わっていますね。

こういう部分にも遊び心がみえて可愛いです。

 

DSC_0969

そしてピンっと自立したこちらのハンドル。

硬めの芯が入ったアクリルスピンドルを使用しています。

立てておいたときに、紙袋がきれいに見えるのがいいですね。

 

遊び心のあるイラストがキュートな紙袋でした。

ではまた〜

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | アンニュイなイラストがポイント!モード可愛い紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

大きい箔押しがツヤっときらめく紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのは美容系の商品を入れる紙袋です。

紙袋, 白, 箔押し

きらびやかな高級感のある雰囲気ですね。

特徴はなんといっても一面に配置されたゴールドの箔押し。

もちろん両面デザインです。

 

DSC_0910

近くで見るとこんな感じ。

Rのロゴを囲む丸い飾りが細やかで繊細さを感じます。

女性向けの商品のため、細い線や柔らかな曲線を多くデザインしているのでしょうか。

使われているのは艶のあるゴールドですが、線が細いためギラギラしすぎず

程よい上品な光り方をしています。

 

箔押しはスタンプのように、薄い加工用アルミ箔のようなホイルを熱で押し付ける加工です。

そのため面積が広くなると、欠けやもやが出てしまう恐れがあるんですよね。

その対策としてこの紙袋では、版は大きくても、ベタ塗りになる面積を減らしています。

対策のおかげか、箔に目立った欠けもなく綺麗に仕上がっていますね。

大きく配置したいときは、ぜひ参考にしたいです。

 

紙袋, エンボス, 白

紙質は厚めのマットなもの。

表面にはでこぼことしたテクスチャーが加えてありますね。

エンボス加工とよばれる加工です。

エンボス加工には、高級感が出るのに加えて、傷を目立ちにくくするメリットがあります。

 

弊社でご用意している近しい柄だと岩模様(大)がございますのでぜひ見てみてください。

 

DSC_0911

持ち手は箔押しのゴールドに合わせて選ばれています。

「パイレンロープ」と呼ばれる比較的よく使われる紐ですが、

今回使用されているのは芯が入ったタイプのものです。

 

通常のパイレンロープですと、中が空洞になっているため柔らかい感触ですが、

芯が入ることによって、よりしっかりと高級さを感じる仕様になるんですね。

持ち手にもこだわっていることがよくわかります。

 

大きめながら繊細な箔押しデザインで高級にまとめられた紙袋でした。

版の大きさも、ベリービーではご対応可能ですのでお気軽にご相談下さいませ。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 大きい箔押しがツヤっときらめく紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]