タグ『ショップ袋』の一覧

異素材ハンドルに、全面箔押し!特殊仕様が詰まった紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は異素材ハンドルが珍しい紙袋をご紹介します。

 

異素材ハンドルを使った紙袋

このハンドルの組み合わせはなかなか見ないですよね。

片側は黒のサテンリボン、もう一方は白の細い丸紐が使われています。

 

持ち手に変化をつけることで、

紙袋全体の雰囲気もグッと上がっている気がします。

 

全面に入ったレインボー箔

そしてもう一つの大きな特徴がこの全面に入った蜘蛛の糸。

レインボーの箔で表現されています!

 

ロゴによく使われる箔押しですが、

こうして背景デザインに使うこともできるんですね…!

すごく贅沢で格好いいです。

 

レインボー箔は光の当たり方によっていろんなカラーに光るので、

細い線や、繊細なデザインと組み合わせるとギラギラしすぎずバランスが◎です。

 

口折りに入った箔押しロゴ爪付きハンドルを使った紙袋

口折の部分にはロゴとQRコードが入っていました。

しかもこれ、印刷ではなく箔押しです。抜かりないですね。

 

そしてハンドルの留め方ですが、爪をつけて引っ掛けるタイプです。

あまり見ないですが、結び目が出来ずスッキリした印象で良いですね。

 

全面箔押しデザインの紙袋

いかがでしたでしょうか。

特殊な仕様をふんだんに使った贅沢な紙袋でした。

 

ベリービーでもどんどん新しい仕様にチャレンジしたいと思っていますので、

気になる加工がございましたらぜひ一度ご相談くださいませ〜!

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , | 異素材ハンドルに、全面箔押し!特殊仕様が詰まった紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

どこから見ても素敵!ヨーロッパの大人可愛い上品な紙袋

こんにちは!ベリービーの堀です。

今回は、ヨーロッパの伝統的な石鹸や、

フレグランスなどを販売しているお店の紙袋を紹介します。

 

白を基調とした上品な紙袋

こちらのブランドは創業130年以上にもなる歴史あるブランドです。

超老舗なだけに、パッケージや紙袋までクラシックな印象で

細部までこだわった仕様になっています。

 

ランダムな斜めエンボス

まず、紙質はクラフト紙のような質感で、斜めの格子柄のエンボスが入っています。

この紙の質感とランダムな幅のエンボスが合わさることで、

ナチュラルで高級感のある雰囲気が感じられます。

 

両面にデザインができるV字底紙袋

次に、底の部分は特殊な形の「V底折り」になっています。

このV底折りという折り方は、背面の折り線がついてしまうのを防ぐので、

A面B面どちらのデザインも邪魔しないスタイリッシュな形状です。

 

優しいゴールドで存在感がある浮き出し箔インパクトのあるゴールドロゴマーク

このV底折りを活かした今回の紙袋、両面にデザイン違いロゴが大きめに入っています。

デザインはロゴのみですが、浮き出しになっているのでしっかりと存在感があります。

 

クラシックな総柄がおしゃれな紙袋

そして紙袋に入れるパッケージがこちら!

かなり細かいデザインですが、総柄なだけにかなりインパクトがありますね!

余談ですが、この箱のデザインはそれぞれの香りに合わせた色味や柄で考えられているそうです。

それぞれの印象から、どんな香りがするのか想像するのも楽しいですね。

 

2色で華やかな印字リボン

持ち手の部分にはロゴ入りのリボンがついていました!

ちょこっとリボンがついているだけで、

チャーミングな印象がプラスされ、特別感も演出できるので

プレゼントで渡すときにもぴったりですね!

 

リボンがついたギフト用紙袋

いかがでしたでしょうか。

今回の紙袋はその素敵さもさながら、

中に入れるものとの、デザインのバランスが抜群でした!

気になる仕様がございましたらぜひご連絡くださいませ!

でははた〜!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , | どこから見ても素敵!ヨーロッパの大人可愛い上品な紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

モノトーンシンプルで細部にこだわった紙袋

こんにちは!ベリービーの谷山です。

今回ご紹介するのはベリービー内でも人気が高い、

アクセサリーショップの紙袋です。

 

モノトーンでシンプルな紙袋

一見モノトーンでシンプルな紙袋ですよね。

ですが他と差をつけるこだわりの仕様がいくつか隠れています。

 

幅広のサテンリボンを使った紙袋

まずは持ち手です。

サテンリボンを使用していますが、通常使用する25mm幅の倍、

50mm幅のリボンを使用しています!

 

そしてここでさらにポイントなのが、人気の縦留めが使われていないという所です。

画像のような穴に通す留め方ですと、どうしてもリボンにシワが入ってしまいます。

ですが今回の紙袋はきっと!あえて!幅の広いリボンをキュッと結び、

シワをつくることでふんわり感を演出しています。

 

よくある組み合わせを少し変えるだけで、こんなに可愛くなるんですね〜。

ちなみにベリービーでもリボン幅、お選びいただけます!

 

左右でデザインを変えた口折りロゴ箔押しでQRコードが入った紙袋

口折りにも左右異なるデザインがされていました。

しかも印刷ではなく箔押しと呼ばれる加工です!

 

箔押しはホットスタンプのような加工方法で、

デザインごとに金属の版が必要になります。

 

なので今回のように、正面・口折りデザイン2ヶ所に箔押しをするには、

3版も作る必要があるんです。細部まで抜かりなくこだわられていますね。

 

シンプルに見せながら仕様にこだわった紙袋でした!

ではまた〜

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , | モノトーンシンプルで細部にこだわった紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

ラグジュアリーな黒×紫で高級感のあるパッケージ

こんにちは、ベリービーの谷山です。

 

今回は最高品質のカカオのみを使った、

チョコレートショップの紙袋と箱をご紹介します!

 

紫と黒でラグジュアリーな雰囲気のパッケージ

高級感のある深い紫とブラックの組み合わせで、

ラグジュアリーな雰囲気ですね。

 

全面カラーで重厚感のある紙袋シンプルな箔押しロゴでスタイリッシュな紙袋

紙袋には全面ブラックの印刷が入っていて重厚感があります。

シンプルなゴールド箔のロゴもスタイリッシュで格好良いです。

 

Jカットで留められた紫の紙芯入りスピンドル

ハンドルは箱と同じ深い紫です。

口折りと呼ばれる部分に切り込みを入れて留めていますね。

今回のように自立するタイプの芯入り丸紐によく使われる留め方です。

 

自立したハンドルを使用すると

紐を引き出したり、揃えたりする必要がなくなるため、

お客様へのスムーズなお渡しができるようになります!

もちろんベリービーでも対応可能ですよ。

 

高級感のある深い紫のパッケージ2層構造のチョコレート箱

箱は見た目ですでに高級な雰囲気がすごいですが、

開いてみるともっとすごかったです、なんと2層構造でした。

こんな素敵な箱に入っているチョコレート、どんな味なのか…気になります。

 

ストーリーを感じさせる風景写真が入ったパンフレットチョコレートの説明書き

一緒についてきたチョコレートの説明書きです。

フルカラーでおそらくカカオの産地の風景がデザインされています。

こうしてブランドや商品のストーリーを感じる要素があると、

普通に食べるよりも特別感が出てきますよね。とても素敵です。

 

チョコレートらしからぬ高級感がしっかりと出た紙袋と箱のご紹介でした!

最近は手土産でもパッケージに力を入れているところが多くて楽しいです。

皆さんもぜひパッケージにも注目してみてくださいね。

ではまた!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , , , , | ラグジュアリーな黒×紫で高級感のあるパッケージ はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

和紙とメタリック印刷があいまった温かみのある紙袋

こんにちは!ベリービーの堀です。

そろそろ梅雨も明けそうで、夏本番が近づいていますね。

今回ご紹介するのは「和菓子」を販売しているお店の紙袋です。

ナチュラルな質感の和風な紙袋

こちらの紙袋は、特殊な和紙のような素材でできています。

この素材がすごく新鮮で、なんと斜めに模様が入っており

木の表面のような質感になっています。

色も黄味がかった白で、全体に和風のナチュラルな風合いが印象的です。

 

シルバーのメタリック印刷が特徴的なロゴ

デザインはシンプルで、真ん中と底にシルバーのメタリック印刷で

ロゴマークが入っています。

 

この和菓子屋さんのパッケージは「完成されすぎないデザイン」を意識されているそうです。

かっこよすぎない、どこか温かみのあるデザインが馴染みやすくて魅力的です!

親近感のあるパッケージに入った和菓子もどんな味がするのか気になりますね。

 

和を引き出す紙紐の紙袋

また、持ち手と口の部分から機械折りで作られていることがわかります。

持ち手は紙の平ひもでできており、内側に貼り付ける仕様になっています。

口の部分はギザギザになっているのが特徴です。

機械折り紙袋の製造には、かなりのロットが必要ですがベリービーでも製造可能です。

 

特殊な和紙を使った紙袋

いかがでしたでしょうか。

やはり、紙にしっかりと質感がついていると高級感があり印象に残ります。

クラフト紙のようなざらざらとした特殊紙を使ったり

紙に柄の凹凸をつける「エンボス加工」がおすすめです!

 

ベリービーでもそのような仕様ができますので、

気になる方はぜひお問い合わせくださいませ!

ではまた〜!

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , | 和紙とメタリック印刷があいまった温かみのある紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]