タグ『ショップ袋』の一覧

クラシカルな花柄で愛らしい紙袋

こんにちは!ベリービーの谷山です。

今日は紙袋好きなみなさんならきっとチェック済の紙袋ですが、

改めてご紹介してみようと思います。

愛らしいピンクデザインの紙袋

マカロンやケーキが有名なパティスリーブランドから生まれた

コスメラインの紙袋です。愛らしいピンクのカラーリングが可愛いですね。

クラシカルな花がらでお上品な可愛さ掠れを表現した箔押し

ピンクを使うとどうしても可愛さばかりが強くなってしまいがちですが、

クラシカルな花柄が全面に入っているのでどこかお上品な雰囲気が感じられます。

 

中央の箔押しが少し掠れたような表現がされているのも、

艶を抑えたゴールド箔を使用しているのも、その雰囲気にピッタリです。

 

特別感を演出する印字リボンリボンと合わせた内面カラー

持ち手にはブランド名が印字されたリボンが結ばれていました。

リボンがなかったとしても十分可愛いですが、こういうプラスαのポイントがあると、

より特別感がありますし、嬉しい気持ちになりますよね。乙女心をくすぐる仕様です。

 

そして内面には全面カラーも!リボンとお揃いの紫です。

紫自体が落ち着いた印象を持っているので、

クラシカルな全体イメージを損なわず、より可愛いカラーリングになっています。

 

ふんわり甘い匂いがしてきそうな、可愛らしい紙袋でした。

印字リボンは紙袋に結んでも、プレゼント用にも、もちろんハンドル使える万能アイテムです。

紙袋とセットでぜひご検討くださいね。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | クラシカルな花柄で愛らしい紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

機械折りでも高級感!な紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回は日本のはちみつブランドの紙袋とポリ袋をご紹介します。

まずは紙袋です。

機械折りの紙袋

いかがでしょうか。

紙袋を見ただけでもこのブランドが

高級ラインであることがわかりますね!

 

ブロンドっぽいゴールドと黒の組み合わせは

高級感に加えて歴史のある重厚感を感じさせます。

 

OFJ留めの紙ハンドル

実は今回の紙袋、ギザギザしたカットからも分かるとおり、機械で折られているものになります。

機械折りの場合ロットがかなり必要になりますが、

1枚の単価としては手折りと比べるとかなりお安いです。

 

それでもパッと目にしたとき高級さを感じるのは

デザインの作り方や、配色がよく考え込まれているからではないでしょうか。

 

高級感のある王章デザイン

例えばこの蜂があしらわれた王章のマーク。

はちみつというと蜂のイラストを全面に出したくなりますが、

マークの一部として控えめに蜂を入れています。

 

字体とも合わせて由緒あるヨーロッパっぽい雰囲気ですね。

 

ハイデンのポリ袋

そしてこちらがポリ袋です。

紙袋と同じくマークとブランドロゴが印刷されています。

ロゴの左右に入っているのは紙袋のマチにも入っている、

格子のようなパターンですね。

 

ロゴだけでなくなにか共通のポイントがあると

より揃ってる感が出るのでおすすめです。

マットな質感のポリ袋

表面がマットになっているので、

いやらしく光らず、ゴールドのインクがより印象的に

見える気がします。

 

こういう部分の取捨選択も難しいですが、大切なポイントですね。

袋づくりに精通していないと、その選択肢もなかなか浮かばないものですが、

そこは紙袋ショールームでご相談いただければと思います。

 

今回はコストを抑えながらも高級感がある紙袋とポリ袋でした。

ポリ袋も取扱ございますので、ぜひ紙袋とセットにしたい方は

ご相談くださいませ〜。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | 機械折りでも高級感!な紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

竹製の紙を使ったプロモーション紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介する紙袋は、商品やギフトショップのブランディングに

合わせてデザインされた有料の紙袋になります。

銅版画家・出久根育氏の絵が印刷された紙袋繊細なタッチの印刷

全面に印刷された施設の風景がインパクトありますね。

こちらは銅版画家の出久根育氏が描いたものだそうです。

タッチがとても繊細で、懐かしさのようなレトロな雰囲気を感じます。

 

このデザインには「場所の思い出まで持ち帰ってほしい」という想いが込められているそうで、

そういった背景を考えるとより特別で素敵な紙袋になりますね。

 

竹製の紙を使用した紙袋

使用されている紙もクラフト紙ではなく、なんと竹製の紙を使用しているそうです。

この地域は竹が有名なので、地域にも密着していることがわかりますね。

 

紙質もパリッと張りがあり、少し明るい色味になっているので

懐かしさに加えて、清潔感がある気がします。

 

シンプルな裏面でコントラスト

裏面はガラッと印象がかわり、

シンプルな中央配置でロゴが印刷されています。

国外のお客様を考えてか、英字と手書き文字2種類のロゴが

並んでいるのも印象的です。

鋲で留められた紙バンド

ハンドルは、ボディと同じ雰囲気をもった紙バンドです。

かなりしっかりとした持ち手なので安定感があります。

通常の長さよりも少し短めに設定されているので、

コンパクトにすっきりとして見えます。

 

留め具も艶を抑えた金のカシメで、本体ともぴったり合っています。

全体がナチュラルなので、こういったアクセントが紙袋の質を

ぐっと上げてくれているように感じます。

 

いかがでしたでしょうか。

最近は袋を有料で販売するお店も増えていますが、

こうして商品とともに考え込まれた紙袋だとついつい

買ってしまいたくなりますよね。

 

思いが詰まった素敵な紙袋でした。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , , , | 竹製の紙を使ったプロモーション紙袋 はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

どんなデザインが流行り?Pinterestで見る流行の紙袋!

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

紙袋を作るとき、多くはショップイメージに合わせてデザインを考えると思います。

ただ、期間限定のパッケージがほしい..!となった時は、トレンドも取り入れたいもの。

どんなデザインが流行りなのか参考にしたいですよね。

 

系統が似たお店のトレンドを知ることも、素敵な紙袋づくりには大事だったりします。

今回はベリービーバッグのピンタレストの通知から、人気のあった紙袋ブログ記事をご紹介。

ピンタレストって何?って方はまずこちらを見ていただければと思います。

→海外で人気のSNS! Pinterestのススメ

 

近頃ピンされた数が多かった紙袋best5をご紹介!トレンドがみえてくるかも?」

(画像クリックで過去の記事に飛びます)

タッセルのついたピンクとブラックの紙袋
ピンクの表面の紙袋 側面は黒になっていてコントラストがいい感じですね。

中でも特徴的なのはタッセルが取り付けられていること。

一気にラグジュアリーな雰囲気が出せて、特別な感じがします。

 

タッセルはコスト的に厳しい…という場合にオススメなのは、ワンポイントになるシール。

このようなワンポイントをつけることで、注目されやすいデザインになりますね。

側面にドットが印刷されたモノトーンの紙袋

モノトーンな紙袋です。側面には白でドット柄がプリントされています。

モノトーンな構成は、シンプルですが高級感があり人気です。

また、ブラックのグログランテープは紙袋本体にマッチしています。

表面のフチに黒枠をつけて、高級感を出すのはブランドモノ紙袋も使うことが多い表現です。

参考にしたいテクニックですね。

表面にUV加工のあるモノトーンの紙袋

こちらもモノトーンの紙袋。

表面にはUVで加工されていて、模様が美しいです。

上で紹介した紙袋同様、表面に黒フチが入っています。

どこかで聞いた話ですが、東京の方はモノトーンがウケるとのことだったので、その流れを汲んでいるのかも…?

近年フラットデザインの流行もあり、シンプルなデザインが広く受け入れられていることから、このような紙袋が注目されるのかもしれませんね。

裏面を折り返して花柄を見せる紙袋

ベリービーバッグでデザインされたこちらの紙袋。

ホワイト×ゴールドの組み合わせはとても人気があります。

引き出物用紙袋などでもよく使われる配色です。

上部の口折部分の花柄は、裏面を折り返したもの。

内側全体に広がる花柄は美しく、女性に人気です。
120208_11

最後に紹介するのは真っ赤な紙袋 クリスマスシーズン限定のモノだそうです。

チャームが取り付けられており、ワンポイントとしてとてもかわいいですね。

表面や内側まで赤で統一されており、とてもイメージに残る紙袋ではないでしょうか。

ロゴも埋もれてしまわないように、浮き出し加工を施しているのもポイントですね。

 

以上がベリービーのピンタレストボードにて注目されていた紙袋でした。

ざっとした共通点として挙げるとすれば

 

・表面だけでなく、内側までデザインが施されている。

・口折部分にリボンなどの装飾がある。

・現代の流行でもある、シンプルなデザイン。

 

以上のような点が見受けられました。

内側に印刷、ラミネートや口部分の装飾にこだわる場合、紙袋の単価自体は上がりがちです。

ですが、紙袋はお客様へ渡るお店の看板でもあるので、こだわったモノを渡したいですね。

ベリービーでも記事にあるような加工に対応しているので、是非ご相談下さい。

 

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , | どんなデザインが流行り?Pinterestで見る流行の紙袋! はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]

まる〜いシルエットが可愛い紙袋◎

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はこちらの紙袋をご紹介します。

クラフト紙でナチュラルな紙袋 bulle-de-savon2

レトロで可愛らしい雰囲気のアパレルブランドさんのものです。

内面が白い紙袋

画像ではわかりにくいですが、未晒クラフト紙の内面が白色になっています。

片面未晒クラフト紙などと呼ばれる素材で、

通常の未晒クラフト紙よりも軽やかな女性らしさがでてナチュラルな印象ですね。

調べてみるとホームページの商品画像の背景にも草花が使われていたので

そのイメージともよく合っていると思います。

 

丸シールと丸い白プリント

ポイントの丸い口留めシールです。

透け感がある素材に印刷されているので、

地のクラフト紙が透けてオレンジにも見えます。

 

ハトメ風印刷

ハンドルが出る部分にも白色の箔押しで丸くデザインがされていますね。

金属を取り付けるハトメ加工をイメージしているのでしょう。

全体の雰囲気に対してハトメでは少し重たい印象になりそうなのを避けたのかもしれませんね。

ちなみにハンドルは、ボディと同じくナチュラルな印象のアクリルスピンドルです。

 

丸いシルエットを使うと角のある図形と比べて

柔らかく、可愛らしい印象になります。

 

可愛らしいフォント

よく見るとロゴも太めのゴシック体を使用しています。

コロンとしていて丸みが感じられて可愛いですね。

このブランド名にはシャボン玉という意味があるようで、

意識的に丸いシルエットを取り入れているのではないかなと思います。

 

いかがでしたか?

丸い要素で可愛らしくまとめられた紙袋でした。

弊社ではシールも取扱ございますので、

紙袋と合わせてぜひご相談くださいませ。

ではまた!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , , , | まる〜いシルエットが可愛い紙袋◎ はコメントを受け付けていません。
[ Post by berryBスタッフ ]