シンプルだけどこだわり満載!ハイブランドの紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は一見シンプルですが、こだわり要素がたくさんつまった紙袋を紹介します。

FIGARO_5 FIGARO_6

高級アパレルブランドの紙袋です。

黒と白のモノクロでシンプルかつカッコイイ上に、艶のあるサテンリボンを使用していて、ハイブランド感を演出していますね。

FIGARO_4

白い箔押しのロゴ部分を拡大してみました。コントラストがパッキリしていてかっこいいですね。

紙の表面には、ブランドの紙袋でもよく使われるエンボスがかかっているので、高級感を感じる仕上がりになっています。

FIGARO_1

ハンドルはサテンリボン。大人っぽい色で美しいですね。

リボンの留め方はアパレルなどで人気の高い縦留めです。

FIGARO_2 FIGARO_3

紙袋の口折り部分には、なんと口留め用の小さいフタがついています。裏側には両面テープが付いており、このようにシールで留めやすい形になっています。

オリジナルのシールで紙袋の口を留めると、よりそのお店らしさが出ますね。

シールについての記事も以前に書いたことがありますので、興味のある方はコチラをご覧ください。

FIGARO_8

この紙袋は底の折り方が少し特殊で、V字折りと呼ばれる折り方になっています。

内側に紙を織り込むので、表面に折り目を作らないでよくなるというメリットがあります。

 

留め口や縦留め、V字折りにエンボスと、たくさんのこだわり要素が詰まった紙袋ですね!

今回の紙袋紹介は以上です!また次回!

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

キャンバスに描かれた絵画のような紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

大型連休は皆さんどのようにお過ごしでしたか?

私は買い物が好きなので、大阪のミナミの方で連日ショッピングしてたんですね。

身の回りのモノはたくさん増えて賑やかになりましたが、財布の中身はとても静かになりました。。。

 

そんな感じで街をふらついてると、様々なブランドのショップがあるんですね。

気になったショップの紙袋が、ベリービーバッグの棚にあったので今回はそれをご紹介します。

GUCCI_1 GUCCI_2

思わず二度見してしまいそうな、とってもアートな紙袋。有名な高級アパレルブランドの紙袋です。

紙袋全面にクオリティの高い絵画が印刷されてる特徴的なデザインからは、ハイブランドならではのこだわりを感じます。

GUCCI_5

ロゴは白の箔が押されており、浮き出し箔になっています。

さらに、不規則な格子状のエンボスが入っているので、キャンバスに描かれた風合いが感じられます。

GUCCI_3

ハンドルとは別に口留め紐がついています。

紐の結び方で様々な表情を持たせられる他、中のモノが落ちないようにしっかり保護できるというメリットがあります。

GUCCI_4

ハンドルは黒のアクリル平紐 縦留めになっています。

縦留めにすると、側面に穴を開けなくていいので、印刷されたイラストを綺麗に見せることが出来ますね。

GUCCI_6 GUCCI_7

そして印刷されている絵画は裏と表はもちろん、側面まで柄が違います。

細部まで「さすがハイブランド」と感じられる並々ならぬこだわりを感じられます。

様々な仕様を組み合わせる技は、参考になりますね。

ご紹介したひとつひとつの仕様(浮き出し加工であったり、エンボス加工であったり)は、

ベリービーバッグでも取扱いがありますので、気になる方はぜひお問い合わせくださいね。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

洗練された中に素朴さを感じる、ホワイトの紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今回はほとんど白一色の、洗練された紙袋をご紹介します。

Hermaphrodite-1

上質な素材の服や生活雑貨を取り扱っているお店の紙袋だけあって、繊細な上品さを感じる佇まいです。

Hermaphrodite-2

特徴的なのはハンドル部分ですね。ハンドルは縦留め、さらにアンティークっぽいカシメで留められています。

これは固定というよりは装飾の意味合いが強いかも。

Hermaphrodite-3

ハンドル自体も、他ではあまり見かけない布の素材が使われています。幅は太めなので持ちやすそうです。

Hermaphrodite-4

紙袋に使われている紙は、紙厚はそんなに厚くありませんが、ワニ皮のようなエンボス加工が施されています。

エンボス加工が加わると、一気に高級感は増しますね!

Hermaphrodite-5

ロゴは紙袋の上のほうにだけ小さめに入っていて、黒い箔押しと金色の印刷が組み合わされています。

やはり、白・黒・ゴールドは上品にまとまる定番の組み合わせですね。

ハンドルの素材やカシメのちょっと古びた感じが、洗練された中に素朴さを醸し出す、このお店らしい紙袋に仕上がっています!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

新デザインの不織布バッグを作りました!

marcus-1

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今回は、新しく作った不織布バッグをご紹介します!

marcus-2 marcus-3

縦30cm×横30cmの正方形の不織布バッグです。

底が船底のようになっているので、弊社で取り扱っている不織布のカジュアルトートバッグに近い形ですが、

ハンドルがひとつであったり、底の処理が異なります。

marcus-5

グレーとゴールドの組み合わせは、幅広く人気がありそうなカラーリングですね。

四角いラインやロゴ下の2行の英語の部分は金色の印刷されており、ロゴは不織布ではあまり見ない箔押しです。

不織布は紙に比べて凹凸が多いので、箔押しは難しいのですが、このバッグの箔押しはいい感じですね。

とはいえ、紙袋に比べたら箔が剥がれやすいので、「仕上がりに特にこだわっている」という場合には

印刷のほうがいいかもしれません。

marcus-4

ハンドルは肩掛けしやすいように、幅は少し厚め。長さについては綿密に調整したので、

持ち運ぶのにちょうどいい感じに仕上がりました!

marcus-7 huster

底の処理は内に折り込まれている船底型です。右は弊社で作っているカジュアルトートバッグ。

見比べてみると違いがわかりやすいのではないでしょうか。

marcus-6

B5サイズくらいの厚めの本もすっぽり入る容量に、真ん中のホックの仕様が持ち運びに最適です。

現在テストを兼ねて普段使いしていますが、使い心地がとてもいいです!

不織布バッグが気になる方にはサンプルとしてお送りいたしますので、ぜひお問い合わせください。

 

カテゴリー: 新作紹介 | タグ: , , | コメントをどうぞ

ワンポイントなニス引きが最近の流行り!?

こんにちは、ベリービーバッグのウラベです。

今回は、つやっと輝くニス引き加工が目を引くオシャレな紙袋をご紹介します。

ishiya-1 ishiya-2

ホワイトとシルバーの色の組合せが上品ですね。

紙袋一面に花の形のモノグラムが印刷されていますが、控えめな配色なのでうるさくなく、

上品な印象です。

ishiya-3

ロゴはシルバーの箔押しで、紙袋の下のほうに配置されています。

ロゴを下に持ってくると、落ち着いた上品な雰囲気になります。

ishiya-4

モノグラムはシルバーで印刷されている上に、ニス引きされています。

光を反射してつやっと輝いていますね。

近頃、印刷の上に部分的にニス引き加工する紙袋を見かけることが増えている気がします。

最近も似たような加工の紙袋をこのブログでご紹介しました。(紹介記事はコチラ

印刷だけではない、一味加えたい場合に人気なのかもしれません。

ishiya-5

ハンドルは芯入りスピンドルがJカットで取り付けられています。

濃いグレーが紙袋全体の色と調和しつつも、いいアクセントになっていますね。

ベリービーバッグではもちろん、ご紹介した紙袋のようなニス引き加工の仕様も

対応できますので、気になる方は一度ご相談ください!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , | コメントをどうぞ