クラフト紙 × 平紐のナチュラルな紙袋

こんにちは。ベリービーのウラベです。

今日ご紹介するのは、茶色の未晒クラフト紙に平紐を組み合わせたナチュラルな紙袋です。

kraft_01 kraft_02

紙袋は大きめで、ベリービーの規定サイズで言うと、Lサイズくらいの大きさです。

こういった大きめサイズの紙袋は肩掛けできる長さのハンドルが多いです。

重量がある商品のときに女性はうれしいですね。この紙袋も肩掛けできる親切設計です。

Kraft_03

採用されているハンドルはネイビーのアクリル平紐。

ある程度の幅があるため、荷物が重くても手や肩に食い込みにくいハンドルです。

 

ところでこのアクリル平紐、今まではカジュアルなイメージでしたが、

近頃有名なブランドが紙袋のデザインを変更し、平紐を採用したこともあり、

「おしゃれ」「高級」なイメージへシフトしてきた感があります!

とくに流行に敏感なアパレルでは平紐を使った紙袋が増えてきたように思います。

Kraft_04

ロゴはハンドルの色と合わせたネイビーの印刷です。

茶色い未晒クラフトと相性のいい色でもあります。

シンプルにロゴマークのみ入っている、すっきりとしたデザインです。

 

タイトルで「ナチュラルな」と紹介しましたが、「高級感」も感じられる紙袋です。

おすすめのハンドル「アクリル平紐」は、ベリービーバッグでは価格もリーズナブルなので、

気になる方はぜひお問い合わせください!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , | コメントをどうぞ

可憐なイラストが散りばめられた紙袋

こんにちは!

ベリービーのウラベです。

今回はかわいいイラストの紙袋をご紹介します。

audrey01 audrey02

使われている紙はナチュラルな手触りが人気の晒クラフト紙です。

イラストのテイストにあっていますね。

イラストは表面と裏面で違います。表面は上のイチゴと花のイラストですが、裏面は、

audrey03

女の子がイチゴのかごを持ったイラスト。

ちなみに、紙袋の表面と裏面をどう判断するかというと、紙袋を折りたたんだ際、

折れ筋がつかない方を表面(A面ともいいます)です。

 

この紙袋はなんと、表面と裏面だけでなく各側面もイラストが違うのです!

すごいこだわりを感じますね!

audrey04 audrey05

印刷に使われている色は、黒・赤・緑のみ。

決して印刷範囲(インクを使っている範囲のこと)は多くないのに、

ストーリー性すら感じてしまいます。

 

ハンドルは細めの黒いパイレンロープ。

可憐で大人っぽさも感じる、センスあふれる紙袋ですね!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

イラストが賑やかな紙袋

こんにちは!ベリービーのウラベです。

今日は賑やかなイラストが可愛らしい紙袋をご紹介します。

kutsushita_01 kutsushita_02

今っぽい手書きのイラストが、所狭しと紙袋全体に描かれています。

横から見るとこんな感じで、

kutsuhita_04

もちろん横(紙袋用語で言うと「マチ」)もイラストで賑やかに埋め尽くされています。

ボディは片面晒クラフト紙が使われています。

片面晒クラフト紙は、片方が茶色いクラフト紙、もう片方が白い晒クラフト紙のことをいいます。

ちょっとラフな手書きイラストの雰囲気にとてもマッチしていますね。

kutsuhita_03

ハンドルはこの紙袋にぴったりの紙平紐で色はホワイト。

この紙袋の場合はイラストの印刷色とも合っているし、軽やかさも出ています。

 

ちなみに紙袋の上のほうのカットはギザギザしていますが、

これは大ロット製造の紙袋の特徴のひとつです。

このギザギザカットはコストパフォーマンスがいいという理由からなのですが、

この紙袋のナチュラルな雰囲気に合っていますね。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

白と黒のバランスがいいオシャレな紙袋

こんにちは、ベリービーのウラベです。

今日は白と黒の定番カラーでまとめられた、とてもシンプルなのに

オシャレな紙袋を紹介します。

Virgnia_01 Virgnia_02

白いボディに手書き風のロゴがオシャレにさりげなく配置されています。

こんな雰囲気の文字でこの大きさ、この配置だからこそオシャレに見える、バランスのいい紙袋ですね。

 

紙袋のかたちは少し横長でマチ(紙袋の横幅)は狭めです。

細くてすっきりしたかたちは、都会の洗練された感じを醸し出しています。

ボディに使われている紙は、人気の晒クラフト紙。

この紙はナチュラル感、優しい風合い、肩肘を貼らないラフなイメージなどを

表現するのに最適です。

Virgnia_03

ハンドルはブラックのアクリル平紐が縦留めで留められています。

これは「Jカット」という方法で紙袋の口折り部分に切れ目を入れ、そこに紐が固定されています。

 

紙袋の大きさにしてはハンドルの幅は少し細めに見えます。

最近、ハンドルが太いものよりは細いタイプの紙袋が増えてきている気がします。

どんな商品を紙袋に入れるのか、紙袋に求められる耐久性との兼ね合いもありますが、

細めのハンドルを使った紙袋からは、より洗練されたオシャレさを感じます。

 

ハンドルの太さひとつをとってもだいぶ紙袋の印象が変わるので、

紙袋を作るときには色々試してみて楽しんでほしいなと思います!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

都会的でオシャレな紙袋。リボン結びの工夫もできる!

こんにちは。ベリービーのウラベです。

今日は都会的でオシャレな紙袋をご紹介しますね。

saks_02 saks_03

高級百貨店チェーンで使われている紙袋で、スクリプト文字のロゴからは高級感を感じます。

ブラック&ホワイトの色使いからは、洗練された都会のオシャレさも感じますね!

紙袋のボディには黒クラフト紙が使われているので、触ると紙の質感がよくわかります。

ハンドルは太めのアクリルスピンドル。

ロゴ部分は白い部分がUV印刷で、つやつやしています。

saks_01

そしてこちらがリボンをとった状態。リボンを通す穴が長細い四角形の形にくり抜かれています。

このようなリボンを通す穴を開けている紙袋は、リボンの通し方を工夫するだけで

かなり印象の異なるリボン結びをすることができます。

saks_05

まず通常の結び方。穴にリボンを通して上で結ぶと、最初にご紹介した写真のような

リボン結びになります。

大人っぽくて上品な印象のリボン結びですね。

saks_06

そしてこの通し方でリボン結びをすると…、

saks_04

こんな感じで、紙袋の正面でリボン結びができます。

華やかで可愛くしたいなら正面で結ぶタイプがいいかもしれません。

 

リボンの通し方ひとつでこんなに印象が変わるとは!と、私も初めて知った時は驚きました。

「リボン結び」の紙袋をご検討の場合は、参考のひとつにしていただけると嬉しいです。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ