点字が書かれた紙袋

こんにちは ベリービーバッグのヨシウチです。

今回は点字が書かれたユニークな紙袋を紹介します。

mountain-high1mountain-high2

クラフト紙に点字が印刷されている紙袋です。

友人から帽子をプレゼントしてもらったんですが、その時にこの紙袋に入ってました。

なんて書いてあるか読めないんですけどね…どなたか解読できたら意味教えてください(笑)

mountain-high3

薄いクラフト紙なので流石に点字は浮き出していません。

mountain-high5

マチ(側面)には茶色い印刷が施されています。

表面とのメリハリがあっていいですね。

mountain-high4 mountain-high6

紙バンドのハンドルは少し珍しい形で、金具で縦留めされています。ハンドルの先が紙袋の表面に出ているデザインもあまり見かけないので、目を引きます。白のボタンがぽちっとしていて可愛いですね。

ベリービーではクラフト紙に印刷の紙袋制作も行っております。

興味のある方はぜひお問い合わせください。

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

女性に人気の仕様がつまった紙袋

こんにちは。ベリービーバッグのウラベです。

今日は女性向けアパレルブランドの可愛らしい紙袋をご紹介します。

mignon-1 mignon-7

分厚めの晒しクラフトの紙に、淡い色のリボンが上品で可愛い紙袋です。

リボン結びにすると、やはり華やかな印象になります。

mignon-4

ロゴや小さめの文字をゴールドで箔押しされています。

ぎらぎらしすぎない艶なしのゴールド箔がこの紙袋に合っていますね。

mignon-5

口折り部分には、WEBサイトのURLが同じく艶なしのゴールドで箔押しされています。

縦留めで取り付けられている分厚めのロープ状のハンドルは感触が柔らかく、

手に食い込まないので、快適にお買い物が楽しめそうです。

mignon-8

淡いミントグリーンのサテンリボンには、ブランド名やロゴマークがゴールドで印刷されています。

高級ブランドでもよく見かける、おしゃれな仕様ですね。

以前、別のブログ記事でも紹介したことがありますが、リボンの結び方を変えることで

紙袋の印象がかなり変わります。

mignon-2 mignon-3

よりすっきりとした大人っぽさを出したいなら、この結び方がいいかもしれません。

手触りのいい晒しクラフト紙、リボン結び、上品なゴールド箔と、女性の支持を得そうな

仕様を詰め込んだ紙袋は、さすがレディスアパレルブランドですね!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ

シンプルに見えて仕様は高級な紙袋

みなさん、こんにちは。

ベリービーバッグのウラベです。

今日ご紹介するのはこちらのシンプルなデザインの紙袋です。

prize_1

シンプルにロゴがきれいに配置された紙袋ですね。

シックなデザインからショップの上品な雰囲気も想像できますね!

prize_2 prize_3

大きいサイズの方はマチが広めにとってあり、ゆったり商品が入れられそうです。

紙は厚めの晒クラフト紙が使われているので、触ると紙の質感を感じます。

prize_5

正面のロゴは黒い箔押し。モノトーンの普遍性を感じさせるまとまりです。

最も性別年齢を問わず受けいられるデザインかもしれませんね。

グレーは何にでも合いますが、黒との組み合わせはシックでエレガントな仕上がりになります。

prize_4

口折り部分に入っている「Best Wishes」は黒の印刷。ハンドルも黒のアクリル平紐です。

内面を覗くと紙本来の白色になっているので表面のグレーは印刷色であることが分かります。

 

 

prize_6 prize_7

小さめのサイズの方は、ベリービーバッグの紙袋の定型のSSサイズに近いサイズです。

prize_8

ほぼ大きい方の紙袋と同じ仕様ですが、マチ部分の折り方が特徴的です。

この折り方はサイズが小さい場合や、紐の取り付け位置を広めにとった際に

ハンドルの結び目と重ならないように工夫された加工です。

細やかな心遣いを感じる紙袋ですね!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , | コメントをどうぞ

独自のエンボス加工がきれいな紙袋

こんにちは!

ベリービーのウラベです。

今日は特殊なエンボス加工が美しい、ハイブランドの紙袋をご紹介します。

VITTON_01 VITTON_02

ハイブランドといえばこのブランドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は先日デザインが変更になりオレンジのボディにブルーの紐が取り付けられた紙袋になったのですが、まだまだこちらのデザインのほうがブランドカラーのイメージがあります。

 

以前、ブログでこのデザインのサイズ違いの紙袋をご紹介したこともありましたね。

「ブランド紙袋のご紹介02」

今回は縦に長いサイズで、斜めのアングルで撮った写真で分かる通り、

マチ(紙袋の横の部分)が狭めの紙袋です。

 

紙袋の色と合わせて、ハンドルも同じ茶色で合わせられています。

ちょっと独特な編み方であることや、縦留めで止められているところに

ハイブランドらしいこだわりを感じられます。

VITTON_03

ロゴは黒色の箔押しです。上のブランド名はしっかりとした浮き出し箔、

したの文字は通常の箔押しです。

そして最大の特徴はやはり、キャンパス地のような繊細なエンボス加工です。

独自に作られただろう特殊なエンボス加工にもハイブランドらしいこだわりや

高級感が漂っています。

デザインが変更されたあとも、エンボスの模様は引き続き使用されています。

 

ハイブランドの紙袋には独自のエンボス加工がされているものが見られるので、

皆さんも機会があればぜひ注目してみてください!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

白と黒のバランスがいいオシャレな紙袋

こんにちは、ベリービーのウラベです。

今日は白と黒の定番カラーでまとめられた、とてもシンプルなのに

オシャレな紙袋を紹介します。

Virgnia_01 Virgnia_02

白いボディに手書き風のロゴがオシャレにさりげなく配置されています。

こんな雰囲気の文字でこの大きさ、この配置だからこそオシャレに見える、バランスのいい紙袋ですね。

 

紙袋のかたちは少し横長でマチ(紙袋の横幅)は狭めです。

細くてすっきりしたかたちは、都会の洗練された感じを醸し出しています。

ボディに使われている紙は、人気の晒クラフト紙。

この紙はナチュラル感、優しい風合い、肩肘を貼らないラフなイメージなどを

表現するのに最適です。

Virgnia_03

ハンドルはブラックのアクリル平紐が縦留めで留められています。

これは「Jカット」という方法で紙袋の口折り部分に切れ目を入れ、そこに紐が固定されています。

 

紙袋の大きさにしてはハンドルの幅は少し細めに見えます。

最近、ハンドルが太いものよりは細いタイプの紙袋が増えてきている気がします。

どんな商品を紙袋に入れるのか、紙袋に求められる耐久性との兼ね合いもありますが、

細めのハンドルを使った紙袋からは、より洗練されたオシャレさを感じます。

 

ハンドルの太さひとつをとってもだいぶ紙袋の印象が変わるので、

紙袋を作るときには色々試してみて楽しんでほしいなと思います!

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | コメントをどうぞ