タグ『』の一覧

モノクロシンプルな紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回はレディースバッグブランドの紙袋を紹介しようと思います。

SMIR-NASLI1

正方形のフォルムとモノクロカラーでシンプルにまとめられています。

こちらのブランドさんはカジュアルで小ぶりなバッグから

オフィス使いもできるような大きめのバッグまで幅広く販売されています。

 

バラエティ豊かな商品を中に入れる場合、どの商品にも合う紙袋というのは難しいものです。

その点シンプルな配色は中身の色味をいい感じに引き立ててくれるのでおすすめです。

 

SMIR-NASLI3

使用されている紙は厚手でハリがあるためしっかりとした印象を受けます。

今回のロゴは印刷で表現されています。印刷は側面や底面、口の折返し部分など

デザインの自由度の高さが特徴ですが、あえてロゴのみを印刷してミニマルなデザインとなっています。

 

せっかくなので印刷の特徴をもう1つ。「枚数が増えると単価が下がりやすい」という面があります。

大ロットのご注文をお考えのみなさんはぜひご検討ください。

 

SMIR-NASLI4

しっかりした紙質とは対象的に、持ち手は薄めの布のような紐が使われています。

コットン系の素材なので柔らかく、手に馴染みやすいです。

モノトーンは少しクールな印象を与えますが、素材感のある持ち手にすることで雰囲気が少し和らいでます。

 

横幅がありますが、縦留めと呼ばれる留め方ですっきりまとまっています。

一般的な結び目が見える横穴留めの方がお安くはありますが、今回のように幅のある紐の場合、

横穴留めだと穴を通す際に紐にシワが付きやすくなってしまいます。

その点、縦留めにするとシワが予防できるので、リボン系の持ち手などをお考えの場合に

よくお選びいただく仕様の1つです。

 

SMIR-NASLI2

もうひとつの特徴はこの正面にでた紐の部分ですね。

一部分だけ袋を貫通する形で外に出されています。

ネクタイやリボンを連想させる可愛らしいポイントです。

端の処理もアシンメトリーになっているため、よりこだわりを感じます。

 

SMIR-NASLI6のコピー

留めている丸い黒ボタンも、いい味を出しています。

艶のあるタイプなので、紐と質感が違い、埋もれすぎずアクセントになっていますよね。

ロゴのみのシンプルなデザインだからこそ、その他の加工が際立ちます。

 

カラーはシンプルでしたが、持ち手や加工方法などこだわりもしっかり感じる紙袋でした。

シンプルなデザインであっても、どこか目を引くポイントがあればグッと個性的になります。

グラフィック的なデザインが難しい場合は、素材や見せ方でポイントを作ってみてはいかがでしょうか。

では、また!

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: | モノクロシンプルな紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

海外旅行で注目したい『パッケージデザイン』

helsinki_title

こんにちは。ベリービーバッグのウラベです。

毎日暑いですね!この暑さはいつまで続くんでしょう…。

日中は強すぎる陽射し、夜は寝苦しい熱帯夜と、つらいことの多い夏ですが、

もうすぐ訪れる夏休みは楽しみ!という方がほとんどではないでしょうか。

 

みなさんの夏休みの予定は決まっていますか?

なかには、「海外に行っちゃう!」なんて素敵な過ごし方をする方もいるでしょうか。

そんな海外旅行でぜひ注目していただきたいのが、『海外のパッケージです。』

 

helsinki_2

建築物やインテリア、美術品など見るものや、食べるものがまるで違う海外では刺激を受けますよね。

生活に身近な商品パッケージもまた、その国の歴史や文化を反映しているもののひとつです。

弊社の社長が海外に行った際も、日本とは違うさまざまなパッケージを目にしたようです。

helsinki_1

なんとも色鮮やかなパッケージたちは、ヘルシンキで購入したお菓子のものです。

見ているだけでわくわくしますね!

さっそくそれぞれをご紹介していきます。

helsinki_3

一見すると、「トランプが入っているんだな」と思ってしまいそうなパッケージです。

じつはこれ、北欧で最もメジャーなお菓子「サルミアッキ」の箱です。

日本の食品パッケージではなかなか使わない黒がインパクトがありますね。

サルミアッキの色が黒色なので、パッケージのメインカラーを黒にしたのかもしれません。

大きい箱の中に、リサイズしたデザインの小さい箱が4つも入っていました。

helsinki_4

このパッケージは「ラケロール」という、これもスウェーデンの伝統的なお菓子のものです。

味はなんと意外性あるサボテン味!サボテンらしい鮮やかな緑色が目に眩しいですね。

このお菓子はサボテン味のほかにもさまざまな味があり、味によってカラーが違うので

揃えてみてもかわいいかも。

helsinki_5

はっきりした赤色の斜めボーダーが海外っぽくてかわいいパッケージです。

なんとなくパッケージの印象から、とても甘いお菓子が入っていそうですが、実際はミント味の

さわやかなチョコレートが入っていました。

helsinki_6

これもまたかわいい柄と色のパッケージです。

茶色がメインに使われているので、文字の意味がよくわからなくても「チョコレートかな?」と

推測できます。これも味が数種類あり、その味を連想できるような色(たとえば、ブルーベリーが紫)が

組み合わされています。

鮮やかな色がいい感じのポイントになっていておしゃれですね!

helsinki_7

左はチョコレート、右はクッキーのパッケージです。

チョコレートは味によって色柄違いのパッケージがいくつかあるのですが、どれも北欧らしいかわいい

パターンが印刷されています。

大人っぽい色と箔押しの文字の組み合わせに高級感を感じます。

クッキーのほうは、日本のお菓子のパッケージではあまり見かけないタイプのピンクが目を引きます。

 

こんなオシャレなパッケージたちが並ぶとどんな感じなんだろう?と気になりますよね。

実際に並んだところは、こんな感じです。

helsinki_8

なんだかファンシーな雰囲気の棚ですね。

 

日本と比べると、強くて鮮やかな色が使われています。

デザインはシンプルめで、使われている模様も定番のもの(ストライプやドット)が多いように思います。

なので、お店の棚に商品をたくさん並べてもごちゃごちゃせず、統一感があってきれい。

ディスプレイのことも考えてデザインされているんでしょうね。

 

あとは文化や歴史の違いなのか、思ってた味と違う!といったことがたびたびありましたが、

これも異文化を楽しむということかもしれません。

こうしたお菓子は現地のスーパーでも購入できますので、お手頃価格でその国らしさを楽しめます。

身近なひとへのお土産としてもおすすめ!

海外へのご旅行の際にはぜひ、パッケージデザインにも注目してみてくださいね。

 

カテゴリー: デザイン・流行分析 | タグ: , | 海外旅行で注目したい『パッケージデザイン』 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

白地に金箔と青い印刷の高級感ある紙袋

こんにちは、ベリービーバッグのヨシウチです。

梅雨も明け、本格的な暑さになってきましたね!

熱中症などには皆さん重々お気をつけください。

 

さて、今回は白を基調とした高級感のある紙袋をご紹介。

DSC_0437 DSC_0440

この紙袋は、イギリスの洋菓子屋さんの紙袋として使われています。

パッケージの可愛さも定評があり、ギフトとして喜ばれること間違いなしな

お菓子達を包む紙袋です。

表面の青は印刷しており、その上に箔押しでゴールドのロゴを乗せています。

濃いめの青とゴールドの組み合わせからは高級感を感じますね。

マットPP加工を施しており、落ち着いた印象になっています。

DSC_0446

横側にも文字がプリントされています。

横側はあまり目立つ所ではないので、連絡先やアドレスを記載するショップが

近頃増えていると思います。白に青の印刷は定番で相性がいいですね。

DSC_0443 DSC_0441

ハンドルはパイレンロープのゴールド。

ゴールドの箔押しと合わせることで統一感があり、豪華なイメージのパイレンロープと

箔押しが相まって高級感を演出できています。

DSC_0448

箔押し部分のブランドロゴは英国王室の認証を受けたモノである証明だとか。

どうりでロイヤルブルー(濃い鮮やかな青)を使っているわけです。

ちなみに、ロイヤルブルーはイギリス王室の公式カラーとして使われている色です。

冒頭で「濃い青とゴールドの組み合わせは高級感がある」といいましたが、

イギリス王室を無意識に連想したのかもしれません。

 

通常、お菓子や食品など、商品の単価がそんなに高くないものは紙袋もリーズナブルな

ものが多いですが、世界的な洋菓子ブランドは紙袋もこだわっていますね。

ベリービーバッグでもこのような高級感あふれる紙袋制作が可能です。

興味のある方はぜひ、弊社にお問い合わせください。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: | 白地に金箔と青い印刷の高級感ある紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

こだわりがギュギュッと詰まった紙袋

こんにちは、ベリービーの谷山です。

今回ご紹介する紙袋はこちらになります。

DSC_0544

正方形のフォルムが可愛らしいですね。

イタリアを代表するジュエリーショップの紙袋です。

調べてみたところメンズラインも充実しているようで、

落ち着いたダークブラウンは男性の方も持ちやすいのではないでしょうか。

 

DSC_0546

ハンドルは少し長めに作られていますね。

フォルムから感じる可愛らしさにエレガントな印象をプラスしてくれています。

DSC_0554

使われているのはサテンリボンです。

柔らかな質感からフェミニンな雰囲気を持つサテンリボンですが

ブラックを選ぶことで程よいラグジュアリーさが表現されています。

 

DSC_0553

ロゴは艶のあるブラック箔。

浮き出しの加工がされているので、しっかりとした存在感です。

中心より少し下に配置することで感じられるロゴの重みと

歴史を感じる字体がよくマッチしています。

 

そして画像では伝わりにくいかもしれませんがこちらの紙袋、

少し特殊な触感紙が使われています。

しっとりとした、手が吸い付くような不思議な質感です。

見慣れない紙が使われているとそれだけで特別感が感じられますよね。

 

DSC_0558

そしてこの底です。

ヨーロッパ折り、またはV底折りとよばれる底を内側に折り上げた仕様になっています。

通常の折り方ですと片面、今回の紙袋で言えばロゴ下部付近に折り筋が入ってしまいますが、

ヨーロッパ折りにすることで折り筋が入らず、両面を正面のようにみせることができます。

高級ブランドならではのこだわりですね。

 

DSC_0555

そうそう、あともう一つご紹介しなければいけません。

みなさん見えますでしょうか。

上から覗いた写真なのですが、ホームページのURLが印刷されています。

内面がダークブラウンで統一されているからこそこのURLが目立ってくるんです。

底の折り目に文字がかぶらないよう、すこし中心からずらして印刷しているところにも

こだわりを感じますね。

 

特殊紙に特殊な底面、最後にご紹介したURLの印刷などなど、

可愛らしいフォルムの中にこだわりがギュギュッと詰まった紙袋でした。

 

ちなみにベリービーでは参考にしたい紙袋などをお持ちの場合、

その紙袋に近しい素材などを提案させていただくことも可能ですよ。

ぜひお気軽にご相談下さいませ。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , | こだわりがギュギュッと詰まった紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]
  • Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2