タグ『』の一覧

パステルカラーとマチのイラストが可愛い紙袋

こんにちは、ベリービーのウラベです。

今回は優しいパステルカラーが印象的な紙袋をご紹介します。

tous_01 tous_02

紙の色に合わせて、ハンドルも紙よりもやや濃いパステルグリーンです。

太めのアクリル平紐がこのかわいい雰囲気の紙袋に似合っていますね。

ロゴは白と黒の印刷。

アピールしたいがために大きくなりがちなロゴですが、この紙袋では控えめに印刷されています。

 

紙袋に使われている紙はかなり薄めです。そこに独自のエンボス加工がされています。

アクセサリーブランドで使われているので、強度的には薄くても問題ないということでしょうか。

強度はあるに越したことがないと思いますが、あえて紙を薄くすることで他の紙袋との差別化や、

扱う商品の繊細さを表現しているのかもしれません。

 

サイズもちょうどアクセサリーを入れるような、小さめのサイズです。

(ベリービーバッグの規定サイズだとSSサイズが近いです)

tous_03

そしてキュートなのが、この紙袋のマチ部分に小さく印刷されているイラストです。

片方のマチだけに入っているので、発見したときにちょっと嬉しくなる工夫ですね。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , , | パステルカラーとマチのイラストが可愛い紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

上品な赤でまとめられた美しい紙袋

こんにちは。

ベリービーのウラベです。

今日は上品な赤色でまとめられた、高級感漂う紙袋をご紹介します。

ferragamo_01 ferragamo_02

ボディは小さめのサイズながらもしっかりした厚みの紙が使われており、

さすが高級ブランドといったつくりです。

雰囲気のある深い赤色の印刷に、マットPPの表面加工がされていて、

すべらかな手触りです。

ferragamo_03

ハンドルも紙袋の色と合わせた赤色。

紙袋の赤色よりも、やや明るく薄い赤で染められたツイストロープです。

 

一見シンプルにロゴが入った紙袋ですが、素材や色のバランスなど

全体の雰囲気を上品にまとめた、一流ブランドらしい紙袋ではないでしょうか。

 

ちなみにこのブランドで使われている紙袋は、過去にも何度かご紹介しています。

「カーマインが印象的な、大人な紙袋」

「ツヤツヤなワインレッドの紙袋」

 

「赤色でシンプルにロゴが入った紙袋」という共通点がありながら、

仕様が違うのでまったく雰囲気の異なる紙袋に見えますね!

 

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: , | 上品な赤でまとめられた美しい紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

可憐なイラストが散りばめられた紙袋

こんにちは!

ベリービーのウラベです。

今回はかわいいイラストの紙袋をご紹介します。

audrey01 audrey02

使われている紙はナチュラルな手触りが人気の晒クラフト紙です。

イラストのテイストにあっていますね。

イラストは表面と裏面で違います。表面は上のイチゴと花のイラストですが、裏面は、

audrey03

女の子がイチゴのかごを持ったイラスト。

ちなみに、紙袋の表面と裏面をどう判断するかというと、紙袋を折りたたんだ際、

折れ筋がつかない方を表面(A面ともいいます)です。

 

この紙袋はなんと、表面と裏面だけでなく各側面もイラストが違うのです!

すごいこだわりを感じますね!

audrey04 audrey05

印刷に使われている色は、黒・赤・緑のみ。

決して印刷範囲(インクを使っている範囲のこと)は多くないのに、

ストーリー性すら感じてしまいます。

 

ハンドルは細めの黒いパイレンロープ。

可憐で大人っぽさも感じる、センスあふれる紙袋ですね!

 

カテゴリー: 流行分析 | 可憐なイラストが散りばめられた紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

イラストが賑やかな紙袋

こんにちは!ベリービーのウラベです。

今日は賑やかなイラストが可愛らしい紙袋をご紹介します。

kutsushita_01 kutsushita_02

今っぽい手書きのイラストが、所狭しと紙袋全体に描かれています。

横から見るとこんな感じで、

kutsuhita_04

もちろん横(紙袋用語で言うと「マチ」)もイラストで賑やかに埋め尽くされています。

ボディは片面晒クラフト紙が使われています。

片面晒クラフト紙は、片方が茶色いクラフト紙、もう片方が白い晒クラフト紙のことをいいます。

ちょっとラフな手書きイラストの雰囲気にとてもマッチしていますね。

kutsuhita_03

ハンドルはこの紙袋にぴったりの紙平紐で色はホワイト。

この紙袋の場合はイラストの印刷色とも合っているし、軽やかさも出ています。

 

ちなみに紙袋の上のほうのカットはギザギザしていますが、

これは大ロット製造の紙袋の特徴のひとつです。

このギザギザカットはコストパフォーマンスがいいという理由からなのですが、

この紙袋のナチュラルな雰囲気に合っていますね。

 

カテゴリー: 流行分析 | タグ: | イラストが賑やかな紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

エンボス加工が布みたいな紙袋

こんにちは、ベリービーのウラベです。

今日は細かいドット模様のエンボス加工が布みたいに見える紙袋をご紹介します。

porter_01 porter_02

ホワイトのボディに、企業名が左上端、ロゴマークが右下端に控えめに印刷されています。

紙袋に使われている紙は一般的な紙袋に使われることの多いコート紙ですが、

エンボス加工をされているため厚みのある高級な紙に感じます。

porter_04

ハンドルはシルバーのようなグレーのパイレンロープが縦留めで留められています。

縦留めで留められているとすっきりとした印象になりますね。

紙袋の口折り部分内側には、メーカーの情報が印刷されています。

porter_05

印刷ですが、細かいエンボス加工と重なると布のタグのようにも見えます。

エンボス加工が細かく、紙袋が白いので画像では見えにくいですが、

ベリービーバッグで選べるエンボス加工のなかでは「ドット 小」エンボスが一番近いです。

鞄のメーカーなので、布のように見える工夫がされているのかもしれないですね。

 

カテゴリー: 流行分析 | エンボス加工が布みたいな紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]