タグ『』の一覧

白と黒のカジュアルでナチュラルな紙袋

こんにちは!ベリービーの菜美です。

今日ご紹介するのは、ベーシックでカジュアルなアパレルショップの紙袋です。

角度正面

 ボディは片面晒クラフトを使っていて、ざらっとした質感になっています。

片面晒クラフトはクラフト紙のもとの茶色を抜いて白くしていて、カジュアルさとナチュラルさが出ます。

 

 

ロゴ紐

 ロゴは黒で印刷されていて、大きな文字の所がペンキで書いたみたいに少しかすれている感じかオシャレです。

この紙袋の一番の特徴はハンドルです。

平紐が使われているのですが、普通に使われている倍程もある太さでインパクト大ですね!

結構大きな紙袋なのですが、多少重い物を入れても腕に食い込まないので、持ち運びも楽にできるでしょう。

 

白と黒でかっちりとしたイメージになりがちですが、

クラフト紙を使ったりロゴの工夫でナチュラルさとカジュアルさをうまく表現している紙袋でした。

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , | 白と黒のカジュアルでナチュラルな紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

ロゴの周りのキラキラなラメ加工がかわいい紙袋

こんにちは!ベリービーの菜美です。

今日ご紹介するのは、上品で可愛らしいジュエリーショップの紙袋です。

正面角度

全体的に白と濃いめのピンクでシンプルにまとめられていて、

今はなくなってしまったのですが、口留めにリボンが使われていたようで、

この紙袋にリボンがつくとより女性らしい上品さを感じるに違いないはずです。

側面の下の方にはURLが印刷されています。

ロゴ

ロゴ自体はシンプルに印刷されているのですが、

周りに特殊印刷でラメっぽい加工がしてあり、

小さいハートと星がキラキラ輝いて大きなハート型にロゴを囲っていてとても可愛らしいです。

 

中紐

 ハンドルはパイレンロープで、ロゴに合わせた濃いめのピンクの紐が使われています。

紐の留め方がハイブランドでよく使われている留め方で、穴の位置を変えるだけで上品になります。

口折り部分にもロゴと同じ色で印刷されていて、可愛らしい感じにまとまっています。

 

女の子らしいラブリー感と上品さがぴったりとマッチした紙袋でした!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: | ロゴの周りのキラキラなラメ加工がかわいい紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

客単価と紙袋

こんにちは、今日は洋菓子の名店の紙袋と客単価について考えてみました。

DSC_0109

初めて見たときは神戸の街の風景だとは分からず、ごちゃごちゃしている紙袋だなと 思ったのが正直な気持ちです。。。

このお店は紙袋以外にも

マチ付きビニール袋や

福袋でのエコバック

ビニール手提げ袋(スーパーの袋)

等色々と展開しています。

 

 

デザインもワンパターンではなく、この昔からあるデザイン+新しいデザイン。

古いものを一掃して新たなものでリニューアルする!

って、商売をしている側からしたら賭けですよね。。

だから、古い物を残しながら新しいものに挑戦していく。

 

    リピーターを残しながら新たな顧客獲得!

 

 

人って新しいものに目移りはしますが、やはり慣れているものについつい。。。

年配の方は変化を嫌う方が多いのも事実です。

DSC_0109

話はそれましたが、この上の部分のギザギザカット、

作る工程でロール紙に印刷し、大量にまとめてカットするそうです。

なので安価に紙袋が作れるみたいです。

DSC_0108

DSC_0114のコピー

アパレルの客単価と飲食の客単価、かなりの差がありまあすよね。

袋1枚にかける金額も変わってきます。

アパレル店での    売り上げ  10万円  客単価5000円  客数20人

飲食店での      売り上げ  10万円  客単価800円   客数125人

 

単純に紙袋が20枚と125枚  1枚200円の紙袋  4000円と25000円。。。

 

10万円−4000円  =96000円

10万円−25000円  =75000円

 

でもコストとデザイン、安くても良い物はできるんです! 安価だからといって安物ではありません。

berryBならかなえられます!! お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介, デザイン・流行分析 | 客単価と紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]

老舗のナチュラルでレトロな紙袋

 

こんにちは!ベリービーの菜美です。

今日ご紹介するのは、手積み麻織物を扱っている近年注目されている老舗のナチュラルな紙袋です。

 

正面角度

 

ボディはショップオリジナルの麻模様のエンボスがつけられている事で、高級感がぐっと上がっています。

紙には未晒クラフトが使われているのでナチュラルさもあって、

優しい感じがしてショップで扱われているものにピッタリです。

 

ロゴ模様

黒でロゴが正面の上の方に印刷されていて判を押しているみたいなレトロで、

一目見たらどういうお店かが一目で分かっちゃうデザインが素敵ですね!

 

紐

 

ハンドルには紙三本が使われていて独特な存在感とナチュラルな感じが出ています。

 

ナチュラルだけど高級感もあってお店のイメージにぴったりと沿っていて、

未晒クラフトがうまく使われた良い例になっている紙袋でした。

カテゴリー: 紙袋デザイン紹介 | タグ: , | 老舗のナチュラルでレトロな紙袋 はコメントを受け付けていません
[ Post by berryBスタッフ ]
  • Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2